崇ラボ

こんにちは、小塚崇彦です! 

連載4回目の今日は、ステップシークエンスに関して説明していきたいと思います。

崇ラボ

ステップは、スケート靴のエッジのいろんな所に体重を乗せ換えて細かいターンなどを入れながら滑っていくことです。そして、図系を描きながらステップを踏んでいくのが、ステップシークエンスで、これが採点要素の一つとなっています。

ステップシークエンス

ステップシークエンスを構成するターン、ステップには次の6つの種類があります。

スピンのように回りながらターンする「ツイズル」

ツイズル

はじめのカーブと逆の方向に回転し、ターンの後は同じ方向に乗る「ブラケット」

ブラケット

円の中に小円を描く「ループ」

ループ

はじめのカーブと逆の方向に回転し、ターン前後でエッジの軌跡が逆になる「カウンター」

カウンター

はじめのカーブと同じ方向に回転し、ターンの前後でエッジの軌跡が逆になる「ロッカー」

ロッカー

足を踏み替えて向きを変える「チョクトウ」

チョクトウ

いずれも左右前後両足あるので、1種類のターンにつき8種類全部で48通りということになります。レベルの判定としては、軸足と回転方向の判断なので24通りですね。

ステップシークエンスのレベルは、これら24種類のターンやステップの数や、回転方向や身体の動きなどを見て判定されます。 最近、「クラスター」という表現を聞いたことはないでしょうか?これは難しい3つのターンの組み合わせを片足で行うことをいい、明確なリズムで左右の足で異なるものを1 つずつ行うことがレベルとして認められる要件となります。
(注:2017/18シーズンより各足とも最初に試みられた3つのターンの組み合わせのみクラスターとして認められる)

<参考>ステップ難度レベル *2016-2017ルール
https://www.jsports.co.jp/skate/game/#figureSkateGame07

お知らせ

小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボ
再登場!
フィギュアスケートのルールを解説します!
詳細は特集ページで≫


◆J SPORTSオンデマンド
「ウインタースポーツパック」では
小塚崇彦のフィギュアスケート・ラボを配信!

■ウインタースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は「U25割」で半額の900円(税抜)
詳しくはこちら »

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ