1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

しゅ~くり~む ら


March 15, 2018 4:10 PM /

新城幸也選手の活躍!

18031501.jpg
photo(c):JCF

3月11~15日までの5日間に亘り、台湾北部にて開催されたUCIアジアツアーの「ツール・ド・台湾」が先ほど終了し、日本ナショナルチームの一員として出場していた新城幸也選手が、見事、個人総合優勝を飾りました!

ここ数ヶ月、目を見張る活躍が続いていた日本ナショナルチームですが、再び大きなタイトルを獲得し、今後に繋がるUCIポイントゲットにも成功しています。

今回、日本ナショナルチームとして「ツール・ド・台湾」に出場していたのは以下のメンバーとなります。

151 雨澤毅明(宇都宮ブリッツェン)
152 岡本隼(愛三工業レーシングチーム)
153 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン)
154 佐野淳哉(マトリックス パワータグ)
155 鈴木龍(宇都宮ブリッツェン)
156 新城幸也(バーレーン・メリダ)
監督 浅田顕

若手とベテランのバランスのとれた構成であり、第1ステージでは若手の岡本選手がステージ優勝を挙げ、後半はその勢いを持って若手選手たちが全力で新城選手をサポートし、浅田監督の采配も相まって最高の形で表彰台の頂点を獲得しました。

また、新城選手のステージレースに於ける個人総合優勝は、2012年の「ツール・デュ・リムザン(フランス/2.HC)」以来、5年半ぶりとなります。

新城選手にとっては、本場欧州でのレースプログラムを犠牲にして「UCIアジアツアー」へ出場することは、ある側面に於いてはリスクでもあるはずなのですが、それでも「日本のために」という想いを胸に、今回のように若手選手と共に真剣に戦ってくれたことは、日本にとって非常に大きな財産となるはずです。

新城選手に感謝すると共に、日本人選手たちの今後の活躍に注目していきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コンタドール引退特番!J SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.