1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

しゅ~くり~む ら


October 17, 2018 8:30 PM /

働き方改革

今年の6月29日に、政府が重要法案として進めてきた「働き方改革関連法」が参院本会議で可決し成立しました。

ここ数年よく耳にする「働き方改革」という言葉。

一般的には「ブラック企業」や「長時間労働(サービス残業など)」対策としてのイメージが強い法律ですが、本質的に目指すところというのは、「日本という国がこの先沈没しないため」の法律であることは間違いありません。

何事に於いてもそうですが、長・中・短期のそれぞれの時間軸で物事の是非を個別に判断してしまうと、同じ取り組みであってもその評価の内容が正反対になってしまうことが多々あります。

「働き方改革」についても、短期の時間軸のみでみた場合、「働き方改革」がもたらすメリットとよりも、「働き方改革」が生み出すデメリットの方が大きくなってしまうように感じます。

事実、ネットで検索してみると、「アンチ働き方改革」といった内容の記事がそれなりにでてきます。

もちろんその内容というのは殆どが正論ですし、決して間違った主張だとは思いません。

私自身も、「ただ単に楽をしたいひとが働き方改革を都合よく解釈している」と感じる瞬間に何度も遭遇しました...。

しかし、現行の労働環境がこのままずっと続いていってしまうとしたら、それはそれで長期的には大きな問題を生み出してしまうのは間違いないところだったりもします。

天然資源の少ない日本という国が「GDP世界3位」に君臨していられる理由というのは、間違いなく「質の高い労働力」があるからです。

この「質の高い労働力」というのは、「国にとっての質」であり、「個にとって心地よい労働環境」かどうかはまた別問題となります。

ひとつだけ言えるのは、現在、日本の国内にある「安全」「便利」「清潔」「正確」「裕福」などの要素は、日本の労働力が生み出したポジティブな副産物であることは間違いありません。

ですので、この先、日本の労働力の質が低下していけば、「安全」「便利」「清潔」「正確」「裕福」などの要素も比例して低下していく可能性は否定できません。

結局のところ、現代の資本経済という仕組みは、スポーツ同様の「競い合いシステム」であるのは間違いなく、良いか悪いかは別として、「富」という資本をなんらかの形で国同士が奪い合う「大規模なスポーツイベント」が開催されているわけです。

ここで敢えて国家をスポーツに置き換えると、「国=チーム」、「官僚・大企業経営陣=監督・コーチ」、「労働者=選手」といった感じになるのでしょうか。

こう考えるとなんとなくわかりやすくなってきます。

才能(資源)や能力がないのに休んでばかりでやる気のない選手(労働者)だらけのチーム(国)があれば間違いなく「全戦全敗(国家破綻)」が待ち受けていますし、例え才能(資源)が無くとも他のチーム(国)よりもハードなトレーニングを積むまじめな選手(労働者)が多ければ、それなりに勝ち進むことが可能となってきます。

但し、ハードワークがオーバーワークになってしまえば、選手(労働者)はカラダを壊してしまうことになります。

ハードワーク無しに勝利はないわけですが、オーバーワークには気をつける。「働き方改革」が目指すところはこの部分なのだと思います。そして、ベテラン選手(高齢労働者)の有効活用(若手育成)や、外国人助っ人の獲得などもチーム(国)としては重要な要素になってくるでしょう。

こんな風に理解することができれば、「働き方改革」をただ単に「楽をするための法律」と都合よく解釈するひとの数は減るように感じます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18101409.jpg

九州最大規模の総合型サイクルイベント「OITAサイクルフェス!!!2018」が、晴天のなか2日間に亘って大分市内で開催されました。

開催当初からの目標だったUCI(国際自転車競技連合)公認国際自転車ロードレースとして新たなスタートを切ることになった同大会ですが、5回目を迎えた今年は初日のクリテリウム及び2日目のロードレース共に晴天に恵まれ、多くの観客を会場に集めて大きな盛り上がりをみせました。

JR大分駅すぐ横にある「いこいの道」で開催された「おおいた いこいの道クリテリウム」では、地元出身の黒枝咲哉選手(シマノレーシング)がトラックの世界チャンピオンであるサミュエル・ウェルスフォード選手(オーストラリアン・サイクリング・アカデミー)を破って見事な勝利を飾ったほか、ヨーロッパの美しい街並みを思わせる「パークプレイス大分公園通り」を走るロードレース「おおいた アーバンクラシック」では、東京五輪世代のヤングジャパンで編成され日本代表チームが素晴らしい走りをみせ、序盤から果敢に攻め続けた石上優大選手(日本ナショナルチーム)が見事な走りで優勝を飾り、貴重なUCIポイントを日本にもたらすことに成功しました。

一般の方も楽しめる各種イベントも数多く開催された同会を写真とともにご紹介いたします。

18101401.jpg「盛大に開催されたレセプションパーティで主催者を代表して挨拶の言葉を述べる佐藤樹一郎大分市長」

18101402.jpg「おおいた いこいの道クリテリウムのスタート前に開催されたチームプレゼンテーション」

18101403.jpg「豪華なスタートサインボードも用意されている」

18101404.jpg「JR大分駅横という最高のロケーションで開催されたクリテリウムを制したのは地元大分出身の黒枝咲哉選手!」

18101405.jpg「クリテリウムが開催された夜には地元の飲食店にサイクリストが集まりレース談義に花を咲かせる」

18101406.jpg「今年からUCI公認レースとなったアーバンクラシックも晴天のなか開催」

18101407.jpg「前日のクリテリウムで弟とともに優勝争いを演じつつもフィニッシュ後の落車に巻き込まれて負傷した黒枝士輝選手も気合でスタート」

18101408.jpg「昨年同様にスタート直後から攻めに攻めた石上優大選手がチームメイトの松田祥位選手と共にワンツーフィニッシュを飾りヤング世代の日本ナショナルチームの成長を立派に証明した」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外のプロロードレースだけでなく国内レースも積極的に放送(応援)している J SPORTS ですが、10〜11月はビッグイベント目白押しの「サイクルロードレースマンスリー」でもありますので、改めてこのあとの国内ロードレース系イベントの放送予定などをお知らせいたします。

◯10月13日(土)12:00〜13:20 Live!!!
J:COM presents OITAサイクルフェス!!!2018 おおいた いこいの道クリテリウム
prime video | チャンネル/JSPORTオンデマンド/J SPORTS 2
今年からUCIレース化された九州最大のロードレース「おおいたアーバンクラシック」の前日にJR大分駅すぐ横に位置するおおいたいこいの道で開催されるクリテリウム。

◯10月20日(土)14:00〜17:30 Live!!!
ジャパンカップ クリテリウム
prime video | チャンネル/JSPORTオンデマンド/J SPORTS 2
国内最高クラスのロードレースである「ジャパンカップサイクルロードレース」前日に宇都宮市街地で開催されるクリテリウム。

◯10月21日(日)8:55〜 Live!!!
ジャパンカップ サイクルロードレース
J SPORTSオンデマンド/YouTube J SPORTS公式チャンネル(無料)
国内最高クラスとなる「HC(オークラス)」を獲得した日本を代表するロードレース。

◯11月2日(金)20:30〜22:00 初回放送
ジャパンカップ サイクルロードレース ハイライト
JSPORTオンデマンド/J SPORTS 2
ジャパンカップサイクルロードレースを振り返るハイライト番組。

◯11月4日(日)14:30〜17:30 Live!!!
J:COM presents 2018 ツール・ド・フランス さいたまクリテリウム
JSPORTオンデマンド/J SPORTS 3
ツール・ド・フランスで活躍したビッグネームが多数参加するイベント型クリテリウム。

18101101.jpg

また、今年も J SPORTSご加入者様限定イベントとして「2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム前夜祭王決定戦~前夜の盛り上がり半端ないって~」が開催されます。普段は見られないトップ選手達のレース以外のガチバトル企画が満載。オフならではの楽しげな選手達の表情を間近で見られるチャンスです!こちらのイベントに70名様をご招待いたしますのでご興味ある方は以下のページをご確認ください。

イベント詳細ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

October 8, 2018 12:00 AM /

晴れの国おかやまロケ

18100801.jpg岡山県が進めるサイクルツーリズムに関するロケで、岡山県北部地域へ行って参りました。

このロケは、岡山県がサイクリングを活用した観光振興プロジェクトとして進める「ハレいろ・サイクリング OKAYAMA」の関連事業であり、また、私のメインの業務の一つであるUCI公認国際自転車ロードレース「ツアー・オブ・ジャパン」と同じ名称を持つFMラジオ番組「ツアー・オブ・ジャパン(パーソナリティ=野島裕史氏)」の番組収録も兼ねています。

昨年から様々なサイクリストがゲストライダーとして岡山県を訪れ、県内にある県指定のサイクリングルートを実際にまわってご紹介していくという企画が進行中となっています。

現在、「ハレいろ・サイクリング OKAYAMA」で推奨しているサイクリングルートは8コース。

1 倉敷・玉野シーサイドルート
2 備中ぐるり歴史探訪ルート
3 奥吉備やまびこルート
4 真庭新庄やまなみルート
5 片鉄ロマン街道ルート
6 岡山鏡野縦断ルート
7 吉備路自転車道ルート
8 蒜山高原自転車道ルート

昨年私が走ったのは、1番の「倉敷・玉野シーサイドルート」で、岡山県の形がフランスの形に似ていることから、「地中海コース(フランス南部に当たる地域なので)」と勝手に命名いたしました!

そして今回走ったのは、3番の「奥吉備やまびこルート」でして、丁度、岡山県の真ん中あたりに位置するルートなので、こちらもフランスに置き換えて「中央山塊コース」と果敢に命名した次第です。

ということで、今回のサイクリングロケで訪れた名所の一部を写真と共にご紹介したいと思います。

18100802.jpg「ヒルクライムフィニッシュ地点。毎年ヒルクライムレースが開催されている上りルートで、標⾼差398m、平均斜度2.6%と勾配は緩めだが、川沿いのハイスピードヒルクライムは走りごたえ十分!」

18100803.jpg「吹屋ふるさと村。ヒルクライムレースのフィニッシュ地点の先にある地区(岡⼭県⾼梁市成⽻町)で、⽯州⽡とベンガラ漆喰壁の⾚い町並みで知られ、歴史的町並みの残る一部の範囲が重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。江戸時代後期の雰囲気が見事に残されておりタイムスリップしたような感覚に陥ってしまう。」

18100804.jpg「スープカレーの店つくし。岡⼭市にあるスープカレーの名店で修業したマスターが経営。店舗となっているのはマスターの実家でなんとその歴史は170年とのこと!」

18100805.jpg「満奇洞。2回目のヒルクライムルートの先に現れた鍾乳洞。新⾒市にはカルスト地形で鍾乳洞が多数存在する。内部は天然のクーラー効果でとても涼しくヒルクライムで火照ったカラダには心地よい。マイナスイオン効果?運が良ければ地底人と出逢えるかも!?」

ということで、全国にはまだまだ知られていない隠れた「名サイクリングルート」が数多く存在していることを改めて実感した一日となりました!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

18100501.jpg

本日、さいたま新都心にある「ラフレさいたま」に於いて、「J:COM presents 2018ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム( 11/4さいたま新都心駅周辺にて開催)」の出場選手発表イベントが開催されました。

出演者には、2018さいたまクリテリウム実行委員会会長である清水勇人さいたま市長、2018さいクリ広報部長の鈴木優華さん、A.S.O.代表者のEric Perez DE Arenazaさん、そして、スペシャルゲストとして2018日本ロードチャンピオンの山本元喜選手(キナンサイクリングチーム)も会場に駆けつけてくれました。

イベントの進行役は、J SPORTSサイクルロードレース中継陣代表として、永田実さん&栗村の「エビ餃子コンビ」が担当いたしました。

イベントでは、昨年からはじまった勝ち上がり方式で競われる「スプリントレース」の組合わせ抽選会が実施されたほか、スペシャルトークショーなども開催され、厳選な抽選で選ばれた一般来場者の皆さんも終始笑顔でイベントを楽しまれておりました。

そして、今回のイベントの目玉でもある「出場選手発表」につきましては、皆さんの期待とは少し違った方向から球が飛んできた感のあるサプライズがあり、会場は大きなどめきで包まれました!

ということで、本日発表された出場選手のうち、個人的に注目する選手を改めてご紹介したいと思います!

ゲラント・トーマス(チームスカイ)
マルセル・キッテル(チーム カチューシャ・アルペシン)
アレハンドロ・バルベルデ(モビスターチーム)
ヴィンチェンツォ・ニバリ(バーレーン メリダ プロサイクリングチーム)
アレクサンドル・クリストフ(UAEチーム・エミレーツ)

18100502.jpg

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



コンタドール引退特番!J SPORTS
サイクルロードレースを2週間お試し体験!

このブログについて

プロフィール写真【栗村修】
一般財団法人日本自転車普及協会 主幹調査役
1971年神奈川県生まれ
中学生のときにTVで観たツール・ド・フランスに魅せられロードレースの世界へ。17歳で高校を中退し本場フランスへロードレース留学。その後ヨーロッパのプロチームと契約するなど29歳で現役を引退するまで内外で活躍した。引退後は国内プロチームの監督を務める一方でJ SPORTSサイクルロードレース解説者としても精力的に活動。豊富な経験を生かしたユニークな解説で多くの人たちをロードレースの世界に引きずり込む。現在はツアー・オブ・ジャパン大会ディレクターとしてレース運営の仕事に就いている。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2018 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.