1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

田村岳斗 -華麗なる舞-


田村岳斗×織田信成対談記事一覧

topイメージ.jpg

2012-13 田村岳斗×織田信成対談はいよいよVol.4でラストです。織田選手のソチ五輪までの思いとともに、練習時の知られざるエピソードや2人のエグザイル風ショットも登場します!


プレビュー編・Vol.1、Vol.2、Vol.3も合わせてお楽しみください

■プレビュー編はこちら→◯
■対談Vol.1はこちら→◯
■対談Vol.2はこちら→◯
■対談Vol.3はこちら→◯

_MG_9119JSPO.jpg

田村:リー先生との付き合いは長いね。
織田:はい。先生はすごく優しいんです。結構どんなことも受け止めてくれるんで。
田村:厳しい先生は苦手?
_MG_9178JSPO.jpg織田:そんなことはないです。ニコライ先生の時も、練習自体は厳しかったですけど、先生はすごく優しかったです。これまであんまり厳しい先生にならったことがないので。ただ、一度だけすごくスケートに対して持論を持っている先生がいて、自分との意見が噛み合わない時に気まずくなったことはありましたけど(笑)。それも自分をレベルアップさせてくれるものだったんで。ジャンプの先生にしても今まで厳しい先生に習ったことがないので...。多分、今、僕にいちばん厳しく指導してくれるのは岳斗先生だと思います(笑)。
田村:最近、練習で失敗する度に、「ハイ、やり直しって」曲を止めてやり直しさせてるからね。5回ぐらい連続で止めたら、「もう結構です!」って視線送ってきてた(笑)。
織田:もう失敗するたびなんですもん...。せめて間に耕新君(山田耕新選手)ぐらい入れてもらってくれないと(笑)。
_MG_9004JSPO.jpg田村:じゃあノブー耕新ーノブー耕新って感じでいいかな?あ、1つ思い出した。ノブに1つ直して欲しいことがあって、CDの機械のトレイを無理やり手で押し込むのは止めて欲しい。あれ、自動で入るから。
織田:いや、アレは手でグーって押し込んだ方が速いんですよ。オープン/クローズを押すと時間がかかるじゃないですか?押し込んだ方がすぐに曲に行けますよ。
田村:機械が壊れるでしょ。


_MG_9160JSPO.jpg


織田:だって、あの機械が一度鳴らなかった時、叩いたらちゃんと鳴るようになりましたもん(笑)。意外と細かいですね。
田村:また機械が壊れたら、事務所の人に「多分ノブが壊しました」って言っておくから(笑)。
織田:大丈夫ですよ(笑)。
あれでは壊れませんから。


田村:全然スケートの話とは関係なくなっちゃったけど、今後、レベルを上げるためにやっていきたいことは?
織田:僕は試合に出られるならどんどん出て行って、ジャンプの自信をつけて行きたいですね。
田村:日本人選手のライバルも多いけれど、外国人選手について印象に残っている選手は?
織田:パトリック・チャンはやっぱりうまいかったですね。GPシリーズのカナダとロシアを生で見ましたから。
田村:GPシリーズでチャンピオンと2戦連続当たるっていうのもけっこう珍しいよね。
織田:彼はコンポーネンツが高いんですけど、自分でもその理由が納得できる滑りで、自分でもこのぐらい最後までスケートが伸びないと思いましたね。あとはスペインのフェルナンデス君です。彼はジャンプが本当に4回転がビジバシ決まる安定感が素晴らしいですね。
田村:今シーズンの外国人選手は、その2人が飛び抜けているからね。
織田:フェルナンデス君はスケートカナダの朝の公式練習ではほとんど跳べてなくて、僕が見てても大丈夫かなと思ってたんですけど、本番であれだけバシバシ決めていて(笑)。やはり強いなと思いましたね。油断していてはダメだ。調子いい時でも悪い時でもきちっと決められないとダメだなと思っています。
田村:ソチオリンピックまで1年というシーズンになったけれど、これからソチ五輪まではどんな風に考えてる?
織田:ソチに行くためにはやっぱり四回転を何回か跳ばないといけないですし、今の自分からさらにレベルアップをしていかないいけないことはわかっています。どうレベルアップしていくかも大事になってきますので、その辺はリー先生や振り付けの先生たちと話し合って、自分の最高の演技で最高の得点をもらえるように、ソチ五輪を目指してがんばっていきたいですね。
_MG_9059JSPO.jpg

_MG_9234JSPO2.jpg

_MG_9231JSPO.jpg

_MG_9237JSPO.jpg

                                 撮影=田中秀宏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

topイメージ.jpg

2012-13 田村岳斗×織田信成対談Vol.3は、織田選手の印象に残るプログラムです。自らスケートが大好きという織田選手、あの名プログラム チャップリンの秘密も含め、意外なエピソードが登場します。

プレビュー編・Vol.1、Vol.2も合わせてお楽しみください

■プレビュー編はこちら→◯
■対談Vol.1はこちら→◯
■対談Vol.2はこちら→◯


田村:これまで見てきたなかで印象に残っているスケーターのプログラムって何?
_MG_9053JSPO.jpg
織田:最初スケートを見て感動したのが、ジェフリー・バトルが2000年にNHK杯に来たときに、「道」の曲で滑ってたんですよ。あれをテレビで見たときに、びっくりしました。本当にひとつの物語じゃないんですけど、そういうのを見ている感じで。こういう選手になりたいなってめっちゃ思った記憶があります。そのときはジャンプはトリプルアクセル1回ぐらいしか、それも失敗していたんですけど、でも感動しました。
_MG_9107JSPO.jpg
織田:最初、リー(・バーケル)先生につくときも、バトルの先生だったって知らなかったんですけど......。
田村:え? 知らなかったんだ。(笑)
織田:はい。(笑)バトルの先生だって聞いて、じゃあ絶対行きたいって。
田村:それが第1位として、第2位は?
織田:第2位は東京のファイナル、2001年かな、ヤグディンとかプルシェンコとか出ていた大会です。そのときペアで、ベレズナヤ&シハルリゼの「チャップリン」を見たときに、めっちゃ感動して、もう絶対自分もチャップリンで滑りたいって思いました。
田村:それがきっかけだったんだ。
織田:そうです。そのチャップリンが大好きで、それをニコライ(・モロゾフ)に言って、じゃあ滑ってみたらっていうことになって。
_MG_9032JSPO.jpg田村:ヤグディンとかプルシェンコとか出てたなかで、そう来るとは思わなかった。
織田:そうですね。ぼく、ペアとかアイスダンスとかもめっちゃ好きなんで。
田村:じゃあ、第3位は?
織田:女子なんですけど、バンクーバーで見たキム・ヨナと浅田真央ちゃんの2人の演技。キム・ヨナはフリーを生で見て、本当に泣きそうになりました。ぼく自身は失敗したあとだったんで、この大舞台で彼女はすごいなって。
田村:完璧だったもんね。
織田:ここでできる、本番の強さがもう。それと、真央ちゃんのトリプルアクセル2回も泣きそうでした。
田村:SPと合わせて、トリプルアクセル3つ跳んだからね。
織田:彼女がどれだけ苦労していたかもみんな知っていたし、降りた瞬間、自分の絶叫が半端なかったです。この2人は自分のなかですごいスケートに影響を与えてくれた。もちろん、みなさん素晴らしいんですけど、いま挙げたのは、自分のスケートにいい意味で影響を与えてくれた人ですね。田村先生の「シェルブールの雨傘」は殿堂っていうことで。
田村:(笑)。ペアやアイスダンスも好きで見るっていうのは、ノブは本当にフィギュアスケートが好きなんだね。
織田:そうですね。ほんと趣味ですね。それこそJ SPORTSさんのお世話になって、いつも見てるんで。
田村:趣味スケート......。
織田:って、なんかさびしいやつみたい。スケートしかないって......。(笑)
_MG_9083JSPO.jpg


ソチ五輪を目指す織田選手との対談は、次回がラストになります。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

topイメージ.jpg

2012-13 田村岳斗×織田信成対談Vol.2は、関西大学のある高槻市を拠点に活躍する2人ならではの、地元のエピソードや織田選手の父親ぶりなど、知られざるフィギュアスケーターの実像と実生活?に迫ります。プレビュー編・Vol.1も合わせてお楽しみください

■プレビュー編はこちら→◯
■対談Vol.1はこちら→◯


田村:ノブは気持ちを切り替える上で、普段はどんなことをやったりするの?
_MG_9030JSPO.jpg
織田:家族とどこかへ行ったり、結婚する前は、友達と過ごしたり。なるべく一人にならないで、いろんなことを話して。その中で楽しいことやいいことをどんどん自分の中に取りいれていくようにしています。
田村:例えば、カラオケとか?
織田:最近は行ってないんですけど、十代の頃はよく行ってました。
田村:十代...。大分前だね(笑)。
織田:その当時はレミオロメンの粉雪とか、思いっきりシャウトして自分を心の中を全部出しきってしまうみたいな(笑)。でも、もともと趣味みたいなものがないんです。岳斗先生は?
田村:バイク...。
織田:あ、でも僕、最近ラーメン巡りにはまってます。こってりラーメンが好きで。
田村:どの辺りまで行くの?
織田:普通に箕面とか大阪とか京都とか。京都に天下一品の本店があるんですけど、そこがメチャ美味しいんですよ。
田村:俺も行ったことある。
織田:スープがドロッドロで、麺食べるとスープがなくなるんです(笑)。賢二先生も行ったことあるって言ってました。
田村:選手の時に賢二先生に連れてってもらったから。十年ぐらい前。
織田:メチャ前じゃないですか(笑)。そういうラーメンを探して巡ってます。
田村:そういえば、オレと賢二先生が一緒に焼肉屋に行った時、隣だったみたいだね。ノブの家族とたまたま隣の部屋だった(笑)。
織田:僕ら家族が先に焼肉屋さんの中にいて、その時に賢二先生の「二名です」という声が聞こえたんです。帰る前に一度挨拶しようと思って個室の前に行ったら、部屋の前に長いブーツが置いてあったんです。これはもしかして...、女性の方と来ているのかなと思って勘違いして、声を掛けなかったんです(笑)。
田村:それ、俺のブーツ(笑)。
_MG_9049JSPO.jpg
織田:翌日に賢二先生のところへ行って「昨日彼女と来られてたんですか?」と聞いたら「岳斗だよ」と言われて(爆笑)。
田村:(笑)。こっちはこっちで、おいしい焼肉屋なのに、隣からオギャーって子どもの声がして、泣くぐらい小さい子どもにこんなウマいもの食べさせてどんな贅沢させてるヤツなんだって。親の顔が見てみたいと思ってたら、親の顔をよく知ってた(爆笑)。
ところでノブは家族ができてからとその前とでは、気持ちの面でいろいろ変わったところも多いのかな?

織田:やっぱり違いますね。家に帰ってみると食べたいと思うご飯が並んでいたりというのもありますし、精神的に支えてくれるものが増えたので、その力強さはすごく感じます。
田村:一人のとき、遊びに行く場所も変わったのかな?
織田:やっぱりテーマパーク系が多いですね。USJ(ユニバーサルスタジオ大阪)にもよく行きますね。とにかく、楽しいところや人の多いところに行って、リフレッシュしています。
田村:練習や仕事が忙しい中で、子育てはやってるの?
_MG_9068JSPO.jpg
織田:やっています。最初は大変だと聞いていたんですけど、思ったよりも楽しくて。僕はお風呂係で、あとはオムツや着替え、ご飯を食べさせたりも全部しています。主婦の方のみなさんは大変に思うようなんですが、僕はその大変さを感じたことがないんです。
田村:いちばん楽なところしかやってないんだろうけど(笑)。








織田:ところで岳斗先生はどうなんですか?モテるでしょ?
田村:モテるつもりではいるんだけど(笑)
織田:おかしいなぁ(笑) 
田村:賢二先生とばかり焼肉屋行くのもなぁ(笑)。そういえばノブはずっと高槻で暮らしてるんだよね。
織田:そうですよ。生まれた時から育ちもずっと高槻です。だから、ここに関西大のリンクができて、テレビで見てた岳斗先生も本田先生も大ちゃん(高橋大輔選手)も来てくれて、みんなが高槻にいるのが不思議なくらいです(笑)。高槻に来てくれて、ほんまありがとうってぐらいの感じでうれしいんです。
田村:現役時代のオレの滑りは見たことあるの?
_MG_9195JSPO.jpg織田:もちろんです。神戸の全日本だったんです。シェルブールの雨傘で滑ってた時です。その時、演技もよくてすごく感動して帰った覚えがありますね。やっぱりトップの選手は違うなって。うちのお母さんに連れて行ってもらって一緒に話してたんです。


田村:生で見てたんだ。
織田:ハイ。小学生の低学年の頃だったと思います。
田村:普段から試合を見る方なの?
織田:メチャ見ますね。僕、フィギュアスケートが好きなんで、語ると結構長いですよ(笑)。

次回、対談Vol.3のテーマは、フィギュアスケートを見るのが大好きという織田選手が選ぶ名プログラムです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

topイメージ.jpg

2012-13の田村岳斗対談に登場するのは、 織田信成選手。実は織田選手との対談は、3年以上前から企画されていたのですが、ようやく今回実現。同じ関西大学のリンクで顔を合わせている同士、他では聞けない話も登場します。Vol.1は、4回転ジャンプ&コンポーネンツについて。対談プレビュー編と合わせてお楽しみください

■プレビュー編はこちら→◯


「僕、めちゃくちゃタフでポジティブなんです!」

田村:今後、4回転に関していえばSPで1つ、フリーで2つ、3つは必要になってくると思うんだけど、普段の練習を見ている限りでは十分できそうに見えるよね。

織田:確かにみんなやってくるでしょうね。朝の公式練習で、この選手大丈夫かな?という選手でも、今は本番で必ずやってきますからね。フェルナンデス君は、スケートカナダの朝の公式練習でびっくりするぐらいコケていて。でも、本番でしっかり決めてきたんです。フェルナンデス君みたいに、調子がよくても悪くても4回転を決められる力は必要ですね。

田村:ノブの4回転は決まるとすごいんだけど、フェンスが近過ぎない? この前もドカーンって行ってなかった?
_MG_9146JSPO.jpg



織田:2本目を跳んでいる時に、空中で壁が近いなと思ってたんですけど、降りた瞬間、この長い足のせいかドーンと行ってしまって...。


_MG_9207JSPO.jpg





田村:...(苦笑)。ノブはジャンプの前は、どんどん加速していって、他の選手と比較してもはるかにスピードがあるし、ジャンプの幅もあるから距離も使うとは思うんだけど。

織田:テイクオフの位置が奥過ぎるんですね。だったらもう少し手前で跳べよって話ですね(笑)。

田村:ノブに欠けているとすれば、距離を測る能力だね。

織田:やっぱり数字的なものが苦手ってことですね。僕、文系なんで(笑)。最近はなるべく奥からスタートするようにはしています。

田村:ノブは失敗を引きずらないタイプかな?

_MG_9066JSPO.jpg織田:自分で言うのも変ですけど、めちゃくちゃタフでポジティブなんです。ネットでネガティブ診断というのをやったことがあるんですけど、ネガティブ要素がほとんでなくて(笑)。落ち込んでいる時ですらポジティブですよ。




田村:それはスポーツをやる上で大切だよね。嬉しい時よりも、落ち込む時の方が圧倒的に多いから。

織田:ただ、ポジティブなだけで、負けた悔しさを次に活かせてないのかなというところはあります(笑)。

田村:反省は必要だよね(笑)。

織田:前半で失敗すると、なんとかしようと思ってトリプルトゥのコンビネーションを跳んでしまって。

田村:でも、それは体力があるノブだから跳べるのであって、普通の人は後半であのコンビネーションはなかなかできないよね。跳ぶ余裕がない状態になるから(笑)。 

織田:ジャンプで失敗すると、なんとかリカバリーをしようと焦ってしまうんです。そこで頑張った割には...。

_MG_9212JSPO.jpg田村:0点になってはダメだよね。 

織田:ハイ、0点は...、痛いです。

田村:ギリギリの勝負になると、1点2点で順位が変わってくるから。でも、今シーズンの演技構成はうまくいっているわけだね。

織田:ハイ、構成点は低いんですけど、クリーンに滑り切ることを考えています。

田村:ケガをしてから何か変わったところはある?

織田:柔軟をよくやるようになったんです。もともと体の柔軟性の左右差があったり、筋肉のバランスも悪かったのですが、大分バランスが取れるようになってきました。

田村:それによってジャンプ以外の表現力もずいぶん上がってるね。

ところで、J SPORTSから、"コンポーネンツに関して、どのように考えていますか?"という質問があるんだけど?

織田:スケーティングスキルとトランジッションに関しては、本当に技術的な物だと思うので、スケーティングスキルは練習していけばどんどん伸びていくものですし、トランジッションもいろいろ入れていくことができるのですが、僕が試合に出ていて感じたことは、ジャッジは、技術的なものもそうですが、それをいかに見せてくれるかを期待しているところががあると思うんです。ジャッジの方がよく言われるのが、プロジェクションといって、氷の上でどう自分を反映させて、それを曲と合わせてどう見せるのかなんです。
_MG_9155JSPO.jpg

だから、手を出すことも気持ちを込めてだったり、目線を常に上げてアピールしたり...。そういうことが求められると思って今は取り組んでいますね。特に疲れてくると、目線が下がってきたりするので、どんどん体力を上げて、演技の最後になっても指先1本までしっかりと表現したりできるように考えています。


田村:コンポーネンツは本当に難しいよね。

織田:コンポーネンツの5~6点の差は、ジャンプ1つ分くらいですからね。練習をするにもどう練習をすればいいのか...。

田村:地味な練習だよね。

織田:1つ1つ、演技をする上で大げさにするぐらいにやっていかなければいけないのかなと思っています。

田村:演技する曲はコミカルな感じとシリアスな感じとどっちの方が好きなの?

織田:僕はコミカルな感じですね。そもそも僕の表情がいつもニヤニヤしているので(笑)、楽しそうな曲だと楽しそうに見えるんですけど、シリアスな曲だとあんまりしっくりこないみたいで。

田村:演技じゃなくてノブそのまんまだね(笑)。
_MG_9233JSPO.jpg

次回、対談Vol.2のテーマは、織田選手のプライベートです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

topイメージ.jpg

今シーズンの田村岳斗対談の相手は、織田信成選手です。本編に先立ち、
「全日本プレビュー編」として対談の一部を抜粋してご紹介します。


全日本は「やってやるぞ!」という気持ちです!

全日本1.jpg織田:田村先生はいつも僕の練習も見ているので、普段の感じで話していいですか?
田村:ノブ(信成)とはいつも硬い感じでは話さないからね(笑)。
織田:田村先生には会う度に「とりあえず算数ドリルして来い」って言われるんです(笑)。
田村:でも、今シーズンは算数ドリルのおかげ?
織田:今年はまだやってないんです(笑)。最後やったんがモスクワのワールドの時だったので。それからケガもありましたが、今年はまだ...。ないような構成にしてあるんです!
田村:(爆笑)

※過去に規定以上にジャンプを跳び過ぎて無効になり、ジャンプの基礎点が加算されない試合があったため)
全日本2.jpg


田村:
今シーズン、練習を見ていて今が一番調子いいんじゃない?
織田:自分史上で一番調子がいいくらいです。
田村:ケガする前より滑り全体が良くなってるね。ノブは世界でも有数のジャンパーなのでジャンプに目が行きがちだけど、他の部分の表現も伸びているし、スピンもいろんなポジションをやって質も良くなってきてるね。
織田:ありがとうございます。僕はあんまり褒められることがないので、褒められるの得意じゃないんです(笑)。だいたい跳び過ぎてリンクサイドに上がる瞬間から怒られてばっかりです。
田村:まぁそうだね(笑)
織田:今シーズン、スピンはかなり練習しました。ロシアでは失敗したのですが、カナダでは思うようにレベルが取れていたので、練習の成果が出たのかなと先生と話していたんです。

全日本4.jpg

田村:もうすぐ全日本だけど、具体的な目標を教えてくれる?
織田:世界選手権に行けるのは3人なので、その枠にはやっぱり入りたいなという気持ちがあります。点数だけ見ていると、総合で260点を超えることが1つの大きな壁なのかなと感じています。そのためには、フリーで4回転2回が必要なのですが、まだ全日本ではその予定がないので、すべての要素をきちっと決めて、ジャッジの印象も良くして、コンポーネンツの部分でも得点を上げていけたらと考えています。
田村:今、海外よりも日本の選手と戦う方が大変だよね。
織田:もう、大変ですね。本当、全日本が恐ろしい...。最終の6人はやばいでしょう。シリーズで優勝して評価上げている選手ばっかりで。
田村:やる方は大変だよね。悪いけど見てる方はすごく楽しみだよ(笑)。
織田:間違いないですね、それは...(笑)。
田村:6分間練習でみんながリンクに乗ったらどこ見ていいわからないぐらい。
織田:海外の選手も強いですけれど、今は日本の中でいかにトップに立てるか、みんなそれを考えていますね。


全日本3.jpg田村:その中でトップに立つには?ノブ自身のアピールポイントを改めて聞くけど。
織田:ジャンプがキーかなと。特にGOE(出来栄えの評価点)の方で、存分に稼げると思うので、ジャンプを跳ぶ前からしっかりと滑って行きたいです。


田村:去年全日本に出られなかった悔しさもあるだろうし、今年は去年の分まで思いっきりできるでしょう。
織田:今年は本当に調子がいいので、今は「やってやるぞ!」という気持ちです!



J SPORTS WINTER SPECIAL
田村岳斗 + 織田信成 Vol.1は1月よりスタート!

本編では、今シーズンのプログラム構成の秘密やソチオリンピックに向けての意気込み。さらにプライベートでのイクメンぶりや織田選手が選ぶ思い出のプログラム、地元高槻話など終始笑いの絶えなかった話をお届けします。お楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS 2週間お試し無料体験!

プロフィール

プロフィール写真【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。プロスケーター&コーチとして活躍する男子フィギュアスケーターの第一人者。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点に、未来のメダリスト育成に務める。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.