1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

田村岳斗 -華麗なる舞-


フィギュアスケート 16/17シーズン記事一覧

世界フィギュアが終わり、2016-17シーズンほとんどの試合が終わりました。
今シーズンも、良かったこと、うまくいかなったこと、
残念だったことなどいろいろありました。

シーズンが終了したといっても、
選手たちはすでに来シーズンに向けた取り組みをしています。
来年は平昌五輪に向けたシーズン。
今年の世界フィギュアを見てもわかる通り、
1つの小さなミスが順位を分けてしまうという、
厳しいシーズンになると思います。
これまで以上に気を引き締めて、
来シーズンの準備をしなければいけません。

iisk.jpg


niwatori.JPG


ema.JPG

プレゼントを買いました。
プレゼント1.jpg

サイン.jpg

エコに貢献しなければいけません。
僕はコンビニやスーパーマーケットに行く時はいつも使っています。
たまに忘れた時にはうしろめたい気持ちになってしまいます。

今シーズンもお付き合いいただき、ありがとうございました。

yamato.JPG

※エコバッグの応募はこちらまで→●

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界フィギュア男子が終わりました。男子はSPに引き続きすごい試合になりました。
最終組だけで20発以上の4回転が見られました。
その進化のスピードに改めて驚くばかりです。

この厳しい試合を逆転劇で締めくくり、
2014年大会以来世界チャンピオンに返り咲いた羽生選手、おめでとうございます。
そして、世界フィギュアで初の表彰台となった宇野選手、おめでとうございます。

羽生選手は、2連覇中だったチャンピオンにSPで10点以上差を付けられても
心が折れることなくフリーに挑んだことが今回の結果につながりました。
ジャンプはすべて素晴らしく、世界チャンピオンにふさわしい滑りでした。

2位になった宇野選手も最後までスピードが落ちることがなく滑りきりました。

最終組の6人の中で、唯一2日間ジャンプを1度も失敗しなかった
ボーヤン・ジン選手が3位に入りました。2年続けてのメダリスト。
同じ順位でも先シーズンより技術、精神力ともに進化しています。

ディフェンディング・チャンピオンのフェルナンデス選手は、
連覇中のプレッシャーと、滑り終えた選手たちのハイスコアのプレッシャーがあって、
最終滑走で滑るのは本当に大変だったと思います。
今回、負けたことは残念だったと思いますが、
勝ち続けることの重圧から開放されると前向きに考えて、
来シーズンに向けてほしいと思います。

パトリック・チャン選手は2種類の4回転をキメてきました。
ベテランの進化、スケートの美しさはさすがです。

ネイサン・チェン選手はフリーで4回転6発構成。
技術はもちろん、この構成をやれるスタミナに驚きです。

僕が今回の結果で注目したのは、
1位と2位の得点差が2.28、3位と4位の得点差が2.39というわずかな差です。
例えば宇野選手でいえば3回転ルッツ、
フェルナンデス選手で言えば、3回転フリップ。
彼ら4回転ジャンパーにとっては比較的簡単なはずの3回転のミスさえなければ...。
スポーツの結果にタラレバはありませんが、
それによって生まれたわずかな得点差が優勝かそうでないか。
表彰台に乗れるかどうかの分かれ目になりました。

もう1つ、今回の上位3人は、4回転3種類を持ち、
SP、フリー合計で5発以上を決めた選手でした。
来シーズンのオリンピックでメダルをとるには、
ここが最低ラインになってしまうのでしょうか?

宇野選手は、先シーズン終わった直後に4回転フリップ、
シーズン中に4回転ループを跳べるようになりましたが、どちらもわずか1年以内の事です。
この事実を踏まえると、来シーズンのオリンピックまでに
誰がどれだけ進化するのか僕には全く予想できません。
選手にとっては厳しい戦いですが、ファンの方にとってはますます目が離せない。
そんな来シーズンになりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界フィギュア男子シングルは、すごい!としかいいようのないSPが繰り広げられました。
上位6人だけで完璧な4回転ジャンプが5種類、合計10発出ています。
ある程度こういう試合展開になるのかなと思っていましたが、
実際に見ると驚きしかありません。

1位のフェルナンデス選手はすべてのジャンプに加点が付く素晴らしい滑りでした。
2位の宇野選手の落着きぶりも印象に残りました。
3位のパトリック・チャン選手。
4回転は1発でしたが、彼はコンポーネンツスコアで点が取れる選手なので、
ミスさえしなければ世界のトップ争いができるということを改めて見せてくれました。

フリーでは最終組の最初に羽生選手が登場します。
何発の4回転が見られるのかとても楽しみです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界フィギュア男子シングルは、ジャンプの技術が進化していく中で、
4回転ジャンパーが一同に顔を揃える大会となりました。
上位候補を見てみると、四大陸で素晴らしい滑りを見せたネイサン・チェン選手。
初出場ですが最初から優勝を狙ってくるでしょう。
それがどのようなプレッシャーになるのか。
連覇中の世界チャンピオンのフェルナンデス選手はここに照準を合わせてくるでしょうし、
羽生選手にとってはぜひとも取り戻したいタイトルです。
前回3位のボーヤン・ジン選手。まだ表彰台の経験はないけれど、
その実力は十分にある宇野選手。
そして、元世界チャンピオンのパトリック・チャン選手。
どの選手も複数回の4回転を跳び、その質も極めて高い選手です。

その中で勝負を分けるのは精神力。来年の平昌五輪を前に、
できるだけいい順位で終わりたいという気持ちは誰もが持っていると思います。
優勝狙いか、表彰台狙いか。

SPの順位とスコア差もキーになります。
得点差があった場合、追いかける選手は少々のリスクを犯しても
構成を変更する選手も出てくるかもしれませんし、
追われる選手にとってはその逆もありえます。
そしてフリーでの滑走順。それぞれの選手の戦略が興味深いです。

優勝を狙う上で、羽生選手、宇野選手が有利なところを挙げると、
この2人はとても質の高いトリプルアクセルを持っています。
安定感もあり、戦う上で大きな強みとなるでしょう。

初出場の田中刑事選手も楽しみです。羽生選手、宇野選手に注目が集まる中、
少しずつかもしれないけれど、確実に進歩しています。
やっとつかんだ代表です。さらに上のランクにいくためのチャンスでもあります。

それにしても、今大会で表彰台に立つには、
いったい4回転が何発必要なんだろうと思うほどすごい大会になりそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界ジュニアが終わりました。
うちから出場していた本田真凜は2位。白岩優奈は5位になりました。

真凜は、タイトルを守るというプレッシャーの中で、200点を超えて2年連続で表彰台。
今シーズンいちばんプレッシャーのきつい試合で、
精神面も体もしっかりとコントロールして、2日間よくやってくれました。
スポーツは「勝ち負け、数字」で評価されるものですが、前回より順位は落ちても、
真凜の評価が下がるとは思えないぐらいの演技内容だったと思います。
僕の中では昨シーズンの優勝と同じかそれ以上に価値がある試合になりました。

今回はザキトワ選手が強かった。真凜が僅差で追ってフリーもパーフェクト。
真凜が出した200のスコアも聞こえていたはずです。
それでも直後にさらに上をいく滑りを見せられました。

優奈は、フリーで転倒がありましたが、今シーズンは、ケガで苦しんだシーズン。
最後の大きな試合でしっかりと最終グループに入り、去年と同じくらいの成績を残しました。
体調面での不安がなくなればもっと上に行ける。
その手応えを見せてくれた試合でもありました。

シニアにはもっともっと強い選手がいます。
これからはその選手たちと戦っていかなければいけません。
真凜が200点を超えたといっても、シニアには何人もいます。
真凜も優奈も悔しさを持って帰ってくると思いますが、
今大会がいい経験になるのかはこれからの取り組み次第です。
悔しさ、反省点を今後の取り組みにいかすことが大切だと思っています。
とはいえ、あれだけ大きな試合をこなして、2人とも疲れているでしょうから、
帰国したらまずは体と心を休めること。
それから次のシーズンに向けて、準備を始めることになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まもなく世界ジュニアが開幕します。
うちのチームからは本田真凜、白岩優奈が出場します。
真凜はディフェンディング・チャンピオンとしてこの大会に臨むことになります。
前回の優勝は運もあったと思います。
ロシアの選手は強く、毎回運だけで勝ち切ることができると思っていません。
前回大会優勝者だけが感じる事ができる重圧、
さらにはロシア選手の威圧感、大きなプレッシャーが彼女を押しつぶしにくるでしょう。
(僕だったらおなかが痛くなって逃げ出す状況)
僕は「試合を楽しめ」と選手に言った事はほとんどありません。
シニアに上がる前にこういう状況を経験できるのはとても幸せな事だと思って、
そういう意味で彼女に楽しんでほしい。
ここから一気に集中力を高め、周囲の雑音を自分の中から完全に排除できれば、
彼女の魅力を発揮できると思っています。

優奈は、ケガをしてから約11ヶ月、よく辛抱したと思います。
昨年のレベルまで戻ってくれたことが僕は本当にうれしい。
もちろん本人はまだ満足していません。
不安はあるでしょうが、11ヶ月耐えたのだから、
あと1週間踏ん張るチカラはあります。
この状況でベストの滑りをする事が彼女の進化の証明となると思ってます。
今回、僕は日本で彼女たちの活躍を待つ立場ですが、
2018年平昌五輪にも大きな影響を与える試合だけに、2人の最高の結果を期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



細田采花、トリプルアクセル跳べちゃいました。


女子選手で大学4年になってからジャンプが進化するってすごい事です。


これは色々考え直す大きな理由になると思う。


※選手には掲載許可を得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バヴァリアンオープンの間に行われていた四大陸選手権は、
全米チャンピオンのネイサン・チェン選手が初優勝を果たし、
羽生選手は2位、宇野選手が3位となりました。
このところ男子シングルの技術の進化が速く、
今回の四大陸選手権では、シーズン途中でも
どんどん技術が進化することを見せた大会となりました。
これまでは300点を超えれば間違いなく優勝でしたが、この試合では2人が300点超え。
3位の宇野選手も、今後300点を超えていく可能性を感じさせました。
300点を超えるだけでは優勝できないということにも驚きです。
4発、5発と4回転を入れているだけでなく、
今回のネイサン・チェン選手のフリーで言うと、
4回転5発は全米選手権でも跳んでいますが、
その時よりもトリプルアクセルが1本増えています。
シーズン中に内容が難しくなっているということです。
しかも最後のジャンプがトリプルアクセル。
羽生選手も構成を変更して4回転を4発キメています。
1発失敗したけれど,再度チャレンジしての成功。
それだけ内容が濃く、難しくなっています。
3位の宇野選手も4回転ループを初めて入れて、それを見事決めていました。

今回の上位の3選手は、少なくとも3種類の4回転は確実にものにして、
それを何回跳ぶかという勝負になってきています。
それだけでもとんでもなくすごいのですが、
増えた4回転に押し出される形でトリプルアクセルがどんどん後半になってきています。
羽生選手、ネイサン・チェン選手も最後のジャンプが2本めのトリプルアクセルとなっています。
4回転トウ、トリプルアクセルは、ちょっと前で言えば、
演技の頭でもっともフレッシュな状態で挑むジャンプでした。
彼らは演技後半のいちばん大変なところでそれをやる。

新しく手に入れた4回転以外のエレメンツや体力、精神力もまた、大きく進化しています。
彼らの中では、体力を考えなくても高い集中力を持っていなくても、
トリプルアクセルや4トウループはいつでも跳べる状態なのかもしれません。
そのレベルになっても必ず勝てるわけではない。
選手にとっては凄く大変な、観ているほうには凄く楽しい、そんな時代の到来です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドイツで行われていたバヴァリアンオープンに
中村優(しゅう)と行ってきました。
彼との国際大会は初めてでした。
試合ではSP、フリーともにトリプルアクセルを跳んで総合3位。
その他ミスがあり演技全体としてはまだ満足していません。
それでも、もらったチャンスをしっかりといかして
表彰台にのってくれたので、ホッとしています。

ドイツに行っている間、四大陸が行われていて、結果は耳に入っていましたが、
男子はシーズン中でもものすごいスピードで技術進化を続けています。
優も来シーズンに向けて、その進化に付いていけるようにまずはカラダをしっかりつくります。


syu.jpg

※選手に掲載許可は得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今大回は、羽生選手、宇野選手、
アメリカのネイサン・チェン選手、そして中国のボーヤン・ジン選手という、
今、世界をリードする4回転ジャンパーが揃う大会となります。
10年前はせいぜい2種類。それも跳べたのは3、4人です。
今や2種類以上跳べる選手が何人いるの?というぐらいになってきました。
その進化に驚くばかりです。
それを試合に入れて決められるのですから、本当にすごいことです。

今シーズン跳び合いでいえば、ネイサン・チェン選手、
ボーヤン・ジン選手がリードしている感じですが、
羽生選手もそれを見て燃えているでしょうし、
宇野選手も全日本のタイトルを獲った勢いとその自信も持って
さらなる進化を見せてくれるでしょう。

世界フィギュアを前に、それぞれがどんな滑りを見せてくるのか注目しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

うちのチームからは本田真凜、白岩優奈の2人がフリーまで進みました。
(全中はフリーまで進むのが本当に大変なんです。)
真凜は今シーズンは2位、3位という結果が多く、
今回の優勝が、次への意欲、自信につながってほしいと思っています。

ジャンプでは他の選手に跳び負けていましたが、
コンポーネンツスコアに救われる結果になりました。
ただ、この部分をいつまでもアテにしているわけにはいきません。
ジャンプに自信がつけば、余裕ができた分スピン、
ステップ、演技や振付け、技と技のつなぎなどにもっと意識を向けられ、
コンポーネンツスコアにもいい影響があると思っています。
(まずジャンプの自信の部分が誰にとっても大変ですが。)


4位になった白岩優奈は、国体からの連戦でコンディションが
万全ではない中での出場になりました。
今回の第一優先はこれ以上状態が悪くならないようにする事。
それを守った上で今やれる事はしてくれました。


2人は少し休んでから世界ジュニアに向けた練習が始まります。
真凜は前回チャンピオンですから、目指すところは1つ。

優奈は前回4位で表彰台を逃して、悔しい思いをしています。
表彰台への気持ちは強いでしょうが、今はアツくなりすぎず、状態を上げていく事。
ベストコンディションで戦えればチャンスはあると思っています。
post.jpg

no1.jpg

※選手に掲載許可は得ています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州選手権男子は、スペインのフェルナンデス選手が5連覇を達成しました。
おめでとうございます。
過去にも5連覇の例があるのかわかりませんが、
勝ち続けることは本当に大変なことです。
彼の力からすればベストパフォーマンスからは遠い内容だったように思います。
それでも試合で勝って結果を出すことは選手に自信を与えます。
彼は世界選手権でも連覇中ということを考えると、
ここから調子を上げていける選手です。
3月の世界選手権に向けて、いいはずみとなるのではないでしょうか。
2位はコフトゥン選手、3位はコリヤダ選手というロシア勢が入りました。
2人ともフリーで2種類の4回転を入れたプログラムやってきましたが、
しっかり決めたコフトゥン選手が2位に入りました。
コフトゥン選手はもともと4回転が得意な選手でしたが、
演技の途中で彼らレベルでは簡単なはずのジャンプでミスをすることがあります。
今回も4回転を2発決めていい流れの後、ルッツが2回転になってしまい、
もったいないと思わせるところがありました。

コリヤダ選手は2発とも4回転をうまく決められませんでしたが、
彼は昨シーズンの世界選手権では、4回転を1種類2発跳んだ上で
完成度の高い演技をしていたと思います。
ここにきてもう1種類増やすことの難しさを感じているのかなと思います。
4回転を複数回跳ぶ選手が増えてきていますが、
それだけではなかなか勝てないのが今の男子シングルです。

それにしても今回の欧州選手権は、来年の五輪を前に、
選手がかなり入れ替わってきたという印象の大会でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

全米選手権で、ネイサン・チェン選手が、
SP2発、フリー5発、合計7発の4回転を成功させて初優勝を果たしました。
彼は、シーズン始めに7発の4回転のプログラム構成でしたが、
途中でSP2発、フリー4発、合計6発の構成に変えていました。(それでもすごいですが!)
調子やコンディション、試合状況など、理由はいろいろあったと思います。
この全米選手権では、初タイトルがかかっているにもかかわらず、
シーズン始めの構成に戻し、それを完璧にやってのけました。
これだけ跳びまくれば、これから行われる四大陸選手権、
世界選手権のタイトルの可能性も高いと思います。

普通であれば、フリー後半で3回転を決めるだけでも本当に大変なことです。
体力もそうですが、精神的にもきついところです。彼の場合はそれが4回転。
どんな選手でも2日間揃えることはなかなか難しく、
どこかでふっと集中力が切れたりしがちで、ミスが出たりしますが、
そんなこともありませんでした。7発の4回転を決めた上での初タイトル獲得。
とても大きな自信を得たでしょう。

僕の立場上、もちろん自分のところの選手が1番、
そして次に日本選手の活躍を願っていますが、
いちフィギュアスケートファンとして見ると、
さらに大きな大会で彼のベストの滑りを見てみたい。
そんな風に感じさせた素晴らしい滑りでした。

ネイサン・チェン選手、本当に素晴らしかった。おめでとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男子の中村優、女子の細田について苫小牧に行っていました。
中村は体調に問題があり、あまりムリができない状態だったので
ジャンプ構成を変えて試合に臨みました。
個人成績は4位でしたが、それでも団体優勝に貢献できたと思っています。
これから少し時間ができるので、体作りをしっかりしていくことになります。

細田は、SPで最初のコンビネーションを失敗してしまい、
僕の予定していた順位ではありませんでした。
フリーでは会心の演技を見せて個人総合3位まで上がりました。
女子選手は、ジャンプ構成の難易度が下がってくる時期が、
男子に比べると年齢的に早い場合が多いのですが、
彼女は普段の練習としっかりとしたコンディション作りでそれを克服し、
大学4年生で自身最高難易度の構成を滑りきりました。
その姿勢は、後輩選手たちにも受け継がれていって欲しいです。

インカレの後は、インターハイ、国体、全中と続いていきます。
また、国際大会では、ユニバーシアード、四大陸選手権、
地元日本で開催されるアジア大会が行われます。

その他、海外では、まもなく全米選手権、欧州選手権が開催されます。
男子は、世界選手権、来年の平昌に向けて、
ネイサン・チェン選手やフェルナンデス選手が、
どれだけ4回転ジャンプ、プログラムの完成度を高めているかに注目しています。
今のアメリカ男子ではネイサン選手のように4発、5発の4回転を跳べる選手はいません。
ただ、彼にとっても全米はとっておきたいタイトルの一つでしょうし、
グランプリファイナルの結果から勝って当たり前と思ってしまいます。
その分プレッシャーも大きいと思います。
(全日本での宇野選手も終わってみれば得点差をつけての優勝でしたが、
苦労していました。)

一方、欧州男子はフェルナンデス選手の5連覇がかかります。
ヨーロッパには、まだ彼を脅かすほどのライバルが不在で、
普通に考えれば5連覇の可能性が高いのですが、
それでも5回もタイトルを維持し続けるのはとても大変なことです。

五輪の前シーズンということもあり、
まだ実績のない選手が思い切ったことをやって、急成長する場合もあります。
試合で結果を残して自信を付けたりすると、
一気にポジションを上げていく例が見られます。
(今シーズン、代表入りした田中刑事選手もその一人と言えるでしょう。)

勝って当たり前と思われ、確実に結果を出さなけらばいけない選手の戦い、
五輪シーズン前にポジションを一気に上げておきたい選手の戦い。
全米、欧州ではその2つの戦いが楽しめるでしょう。

それにしても苫小牧寒かった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます。
2017年になりましたが、すぐに試合が始まります。
年が変わって祝っているほどの余裕は、今の僕にはありません。
特に2017年は、オリンピックの代表が決まる大事な年です。
また気を引き締めて、新しい年に臨んでいきます。

今年もよろしくお願いいたします。

1.JPG

2.JPG

3JPG

4.JPG

5.JPG

6.JPG

7.JPG

※カメラマンがヘタクソなのではありません。
モデルがジッとしていないだけです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS 2週間お試し無料体験!

プロフィール

プロフィール写真【田村岳斗】
1979年5月28日生まれ。プロスケーター&コーチとして活躍する男子フィギュアスケーターの第一人者。高校3年時(1998年)に長野五輪出場。全日本選手権優勝2度の実績を持つ。現在は、関西を拠点に、未来のメダリスト育成に務める。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
select month...


視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.