1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


July 27, 2017 1:01 PM /

神戸にて木津選手・渡邉選手トークライブ&お知らせ

7月26日の夜は、神戸・三宮のスポーツカフェバーSPORTEREA(スポルテリア)で、ラグビートークライブだった(淡路ワールドパークONOKORO協賛)。ゲストは木津武士選手、渡邉隆之選手の日本代表コンビ。トークの技が冴える木津選手に、ルーキーらしく初々しい渡邉選手という対照的な2人が、日本代表のこと、神戸製鋼のことなど、さまざま語ってくれた。お客さんは女性が多かった。お2人の人気もあると思うけど、フロントローのモテ期なのかな。

20170726-1.jpg

木津選手はこの日、神戸製鋼のチームメイト数名と、チームのオフィシャルサプライヤーである「MARIO VALENTINO(マリオ・ヴァレンティーノ)」のポスターなどの撮影だったという。「きょうはモデルをしてきました。3年連続でセンターを務めています」(笑)。木津選手は4月のサンウルブズでの負傷が長引いていたのだが、ようやくチームの練習に合流できるとのこと。渡邉選手は、2015年の日本代表に参加した際、神戸製鋼のフロントローの強さを目の当たりにして、神戸製鋼入りを志望するようになったという。

20170726-2.jpg

その渡邉選手が興味深いことを言った。「ジェイミー・ジャパンより、エディー・ジャパンのほうが自由度は高かったと思います」。それを聞いた木津選手「頭どうかしたんちゃうか?」。渡邉選手が言っているのは、グラウンド内でのことだった。つまり、試合中の動きはエディー・ジョーンズHCのほうが自由で、ジェイミー・ジョセフHCのほうが選手の役割分担がはっきりしている、ということだ。スクラムもしかり。ダルマゾコーチのほうが根性論で、今の長谷川慎コーチのほうが細かくて理論的だという。どちらが良いかは選手によって違うようだ。2人とも、2019年の日本代表を狙うと言う。「今年のトップリーグのパフォーマンスがそれにつながる」という考えは同じだった。

20170726-3.jpg

笑える話もたくさんあった。2人とも、スクラムよりも、ボールキャリーが好きなほうで、そんな話をしているうち、僕が木津選手に「アイランダーの選手っぽいですよね(サモアとかトンガの選手に近い体つきという意味)」と言うと、「僕、実はハーフなんです」と木津選手。えっ? どこの? 「ゴリラと人間です」(客席、微笑)。「ややウケでしたね。これ、鉄板ネタなんやけどなぁ」。僕が知る木津選手の鉄板ネタは、「顔、傷が多いですね?」、「キズだけに?」なんだけど。いずれにしても、「ややウケ」くらいのネタですな。

最後は、協賛の淡路ワールドパークONOKOROさんから、そしてゲストの2人からのプレゼント大会で大いに盛り上がった。参加者の皆さん、ありがとうございました。

お知らせ◎7月29日、天理市の天理高校グラウンドと、天理駅前広場でクボタスピアーズのPRイベントがある。
日時:7月29日(土)
内容:AM= 奈良県内ラグビースクール対象のクリニック
PM= 天理駅前広場にてPRイベント(15:30~)&トークショー(16:30~)
MC:村上 晃一
参加予定選手:伊藤有司、立川直道、立川理道、井上大介、白井竜馬、谷口和洋(クボタスピアーズ)、友情出演:島直良、山口知貴(近鉄ライナーズ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.