1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


July 15, 2017 6:45 PM /

サンウルブズ、最終戦で今季2勝目

歴史的勝利は突然やって来る。その言葉をかみしめた。スーパーラグビー参戦2年目のサンウルブズにとっての今季最終戦。酷暑の中、秩父宮ラグビー場に集った観客は、12,543人。負けが続くたび、少しずつ空席が目立っていったのだが、辛抱強く応援を続けたファンの皆さんにとって最高のノーサイドとなった。試合のレポートはラグマガなどに書くので簡単に触れたい。

JSPORTSで、実況の矢野武さん、宗像サニックスブルースの藤井雄一郎監督と解説をさせてもらった。試合前はここにサニックスのコーチの元オールブラックス、カーロス・スペンサーさん(英語放送の解説)も加わっての試合前トークもあり、楽しい時間を過ごした。そのトークの最後、矢野さんが「最後は勝利の雄叫びを上げましょう!」と言ったのだが、まさかそれが現実になるとは思っていなかった。

序盤はアンラッキーな形で3トライを奪われたが、前半の最後に内田啓介がトライをして14-21で折り返せたのが大きかった気がする。後半はサンウルブズペースとなり、18分、ゴール前のラインアウトからモールを組んで猛プッシュ。その瞬間、矢野さんが「ウルフ・パック!」と叫んだ。BKの選手も参加し、ゴールラインに迫るとブルーズがたまらずモールを崩す反則でペナルティートライ。これで、サンウルブズは26-21と逆転。以降は今季のこれまでの苦戦がウソのように、サンウルブズが攻勢に出て4トライを追加。48-21という快勝だった。矢野さんの「ウルフ・パック」にはしびれた。サンウルブズのファンクラブは「サンウルフパック」。まさに、ファンも一緒になって押し込んだ逆転トライだった。

サンウルブズのCTBティモシー・ラファエレは、「大学生のとき以来」という3トライをあげたほか、攻守に大車輪の活躍。交代出場の茂野海人、山中亮平の思い切りの良いプレーも印象的だった。スクラム、ラインアウトも安定し、組織ディフェンスも乱れず、気持ちの良い今季2勝目となった。コーチや選手からは応援し続けてくれたファンの皆さんへ感謝の言葉が相次いだ。「最高に嬉しいです。応援し続けてくれるファンの皆さんのためにも、勝てて良かったです」(前半38分にトライをあげて、内田啓介)。フィロ・ティアティアヘッドコーチは、「世界一のサポーターの皆さんに感謝します。ディフェンスでプレッシャーをかけたところからのトライが多かったのは良かった。我々に運が傾いたシーンもありましたが、プランがあるからこそ運も傾くのです」と、いい仕事をしたコーチ、選手を称えた。サンウルブズを運営するジャパン・エスアールの渡瀬CEOは、「昨年に比べて間違いなく底上げができていると感じていましたが、結果が欲しかった。ニュージーランドのチームに勝ったことは自信になりますし、来季に向けての財産になります」と嬉しそうに語った。

20170715-1.jpg

記者会見では、12:05キックオフという過酷な条件で試合をしなければならなかったことについても質問があった。渡瀬CEOは説明した。「スーパーラグビーはすべての試合の時間をずらして行います。選択肢は昼間かナイターか、でした。ただ、秩父宮ラグビー場のナイター照明の明るさはスーパーラグビーの基準に達しておらず、会場を変えるか秩父宮ラグビー場で昼にやるかしかありませんでした」と苦肉の策であったことを説明。「お客さんにとっても大変な環境での観戦になったと思いますので、今後、(夏の試合について)ナイターを活用するなど配慮していきたいです」と話した。

■試合結果
◇秩父宮ラグビー場 12:05キックオフ
サンウルブズ○48-21●ブルーズ(前半14-21)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.