1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


お薦めマッチ記事一覧

マッチは、アイドル時代の衣装が今も着られるらしい。ファンのみなさんに対する責任だという。そういう責任のない僕は、どんどん体型が崩れている。しかし、この夏までに雪崩現象を止めることを決意した。がんばる。

さて、今週末は海外で注目のカードが。ヨーロッパNO1クラブを決めるハイネケンカップ決勝は、 J sports Plusで生中継。
5月24日(土)24:55〜マンスター 対 トゥールーズ

フランスのトゥールーズはハイネケンカップ優勝3回準優勝1回、アイルランドのマンスターは優勝1回準優勝2回の強豪である。フランス代表選手が軸のトゥールーズが勝てば3年ぶり、アイルランド代表選手が軸のマンスターが勝てば2年ぶりの栄誉となる。マンスターには、クラシックオールブラックスで来日予定のWTBダグ・ハウレットもいる。絶好調だから、間違いなく活躍するだろう。

2008年スーパー14も準決勝を迎えた。J sports Plusにて、以下の時間で放送される。過去6度、スーパーラグビーを制しているクルセイダーズは、ホームのクライストチャーチで、ハリケーンズと戦う。シドニーでは、ワラタスが南アフリカのシャークスを迎え撃つ。

5月24日(土)22:00〜 クルセイダーズ対ハリケーンズ
5月25日(日)6:00〜 ワラタス対シャークス

もう一つ、お知らせしたいのは、ゴールデンウィークのサニックス2008ワールドラグビーユース交流大会のハイライトを2番組に分けての放送。予選から順位決定トーナメントまで、順を追って紹介している。数年後には、スーパーラグビーで活躍しそうな選手もいるので、視聴可能の人はぜひ。

5月24日(土) 23:00 #1 J sports 1
5月25日(日) 23:00 #2 J sports 1

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

February 14, 2008 5:21 PM /

お薦めマッチ_0214

国内ラグビーはいよいよクライマックスだが、世界はこれから夏にかけて次々に面白い試合がある。15日の金曜日は、2008年のスーパー14が開幕する。

開幕カードは、NZのクルセイダーズと、オーストラリアのブランビーズの対戦。クルセイダーズは、スーパー14後にオーストラリア代表監督として動き出すロビー・ディーンズ監督が最後の指揮をとる。15日は、キャプテンのFLリッチー・マコウ、SOダニエル・カーター、FBレオン・マクドナルドらのビッグネームに、ブルースから移籍のLOアリ・ウィリアムスも出てくる。クリス・ジャックが海外移籍したと思ったら、アリ・ウィリアムスだから、ほとんど戦力ダウンは無しである。

ブランビーズは、グレーガン、ラーカムのHB団が抜けたが、期待の大型SHジョッシュ・ホームズ、SOには、スーパー14デビューとなるクリスチャン・リアリーファノが出てくる。7人制オーストラリア代表選手だが、さてどんなプレーを見せてくれるか。キャプテンは、オープンサイドFLジョージ・スミス。弟のタイロンもリザーブ入りだ。

最大の注目点は試験的ルールの採用である。詳しくはJSPORTSで解説しながら話していきたいのだけど、気になるのはスクラムのオフサイドラインが今より5m下げられること。そして、これまでペナルティキック(PK)になっていた、ノットロールアウェイ、ノットリリースザボール、オーバーザトップなどがフリーキック(FK)になること。つまり、PKからタッチを蹴って再度ラインアウト、という攻め方ができにくくなる。タックル後、すぐにオフサイドラインが発生するのも、攻めるスペースを大きくするだろう。これらは試験的なものなので日本ですぐに採用されるものではないが、今後の改正を見据えて準備は怠らない方がいいだろう。とにかく、運動量アップは間違いないので選手のフィットネスもさらに高いものが求められるはずだ。楽しみ。

2008 スーパー14 開幕戦
2月15日 (金) 15:25〜 J sports 1 ※生中継
クルセイダーズ対ブランビーズ
※その他の試合など、詳しくはJSPORTSのHPをご覧ください。

◎愛好的観劇日記【二人の約束】観ました。渋谷PARCO劇場にて。作・演出=福島三郎、出演=中井貴一、段田安則、りょう。30年前に交わした約束をめぐって中年男2人と幼馴染みの女が巻き起こす笑いと涙の物語。というわけで実は先週観たのだが、作者の狙い通り、僕は笑って泣いた。僕の好きな人ばかり出ていたから見たい芝居だった。中井、段田コンビは安心して見ていられる。それに面白い。子供の頃の約束をずっと忘れない人って、きっと実在すると思うけど、いいな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

February 8, 2008 4:46 PM /

お薦めマッチ_0209

最近、新曲のプロモーションでマッチをテレビでよく見る。アイドル時代からまったく体型が変わっていないマッチの話を聞きながら、腕立て伏せだけで、すっかりデブマッチョと化している自分を猛省する。でも、どうしたって元には戻らない(涙)。ってなことを、徳永英明のVOCALISTを聞きながら書いている。

明日は雪になりそう。試合が開催できる程度であることを祈るばかり。今週末は、お薦めマッチだらけである。

秩父宮ラグビー場、土曜日の昼間はトップリーグ4強をめぐる戦い。三洋電機ワイルドナイツ対NECグリーンロケッツ、サントリーサンゴリアス対トヨタ自動車ヴェルブリッツの試合。NECがトップ4に残るためには、三洋電機から4トライ以上を奪った上、34点差以上をつけなくてはならない。過去にも信じられない奇跡を起こしてきたNECがどこまでやれるか。サントリーとトヨタ自動車は、どちらが勝とうとプレーオフでもう一度当たる可能性が高い。2週連続の試合をどう戦うか。互いの駆け引きも見モノだ。トヨタは、怪我の正面に代えて若い黒宮をSOに起用する。でも、この選手、面白い動きをするから楽しみだ。

夜は、シックスネイションズのウエールズ対スコットランド戦、スコットランドは初戦は控えに回っていた正確無比なプレースキッカー、クリス・パターソンをFBに起用する。フランス対アイルランドも楽しみな一戦。フランスが攻撃的なラグビースタイルを取り戻しつつある。好調のFLデュソトワールは楽しみだが、初戦で先発して活躍したSOトランデュック、WTBクレールは控えに回る。出てくるだろうけど。10日夜に、イタリアと戦うイングランドは、キャプテンのPRフィル・ヴィッカリーが練習で右ふくらはぎを痛めたらしい。

JSPORTSの放送予定は以下の通り。すべて生中継。
・2月9日(土)
12:00〜J sports 1 NEC対 三洋電機
13:55〜J sports 1 サントリー対トヨタ自動車
22:50〜J sports 1 ウェールズ対スコットランド
24:50〜J sports Plus フランス対アイルランド
・2月10日(日)
23:20〜J sports 1 イタリア対イングランド

※テレビ神奈川でも9日のトップリーグ2試合は録画放送される。
第1試合 19:00〜20:40
第2試合 20:40〜21:50
群馬テレビは2日後に録画放送(2月11日、19:00〜20:40 三洋電機対NEC)

10日の秩父宮ラグビー場は、チャレンジシリーズの大一番。セコムラガッツ対ワールドファイティングブルの戦い。勝った方がトップリーグ11位、日本IBMビッグブルーとの入替戦に進む。すでにトップリーグの昇格を決めている近鉄ライナーズと横河電機の試合は、日本選手権出場を巡る激闘になる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

November 15, 2007 10:31 PM /

お薦めマッチ_1116

木曜日は、JSPORTSのスタジオで、「ワールドカップ総集編」の収録をした。矢野さんをナビゲーターに、僕と深緑郎さんでコメンテーターを務めた。深緑郎さんは、ラグマガの締め切りに追われているらしく、ちょっとお疲れモード。まだ、フランスの時差ボケが直らないらしい。帰国後、まもなく1か月でっせ。「もうあきらめた」と言っていた。まあ、僕もようやく朝7時まで眠れるようになったばかりだけど。ちょっとだけ覚えたフランス語もどんどん忘れてるなぁ。

約1時間半の収録だった。各プールのハイライト、日本代表の戦いぶり、決勝トーナメント、JSPORTSが選ぶベストゲーム、ベストトライ、思い出のシーンなどなど。アルゼンチンのエルナンデス、ピチョットの号泣シーン。ラーカムの涙。カナダをトライを阻んだ箕内のセービング。しびれるシーン満載である。決勝戦翌日のIRBアワードの様子も少し紹介されている。11月18日 (日) 18:00〜19:30、JsportsESPNにて放送。リピートあり。

トップリーグは今週末、第4節目に入る。今節は会場が全国に散らばる。首位を走る神戸製鋼は、まだ勝ち星のないクボタとの対戦。クボタも地力はあるチームなので、そろそろ力を出してもいい頃だ。好ゲームを期待。前節、コカ・コーラに敗れたサントリーは、CTBタラントが怪我から復帰。先発WTBは成田だ。しかし、対戦相手のリコーも、今季加入のLOフィリポ・リヴィが初先発。この試合も面白そう。九州電力がトヨタ自動車とどんな試合をするかも興味深い。日曜日も楽しみなカードが多いが、JSPORTSは宮崎の試合を放送する。コカ・コーラの向井監督、古巣にどんなチャレンジをするかな。

◎トップリーグ第4節予定
・11月17日(土)
14:00KO クボタスピアーズ 対 神戸製鋼コベルコスティーラーズ(新潟県東北電ス)
14:00KO リコーブラックラムズ 対 サントリーサンゴリアス(神奈川県三ツ沢)
14:00KO 九州電力キューデンヴォルテクス 対 トヨタ自動車ヴェルブリッツ(徳島県鳴門大塚)
・11月18日(日)
12:00KO コカ・コーラウエストレッドスパークス 対 東芝ブレイブルーパス(宮崎県生目の杜)
14:00KO  福岡サニックスブルース 対 ヤマハ発動機ジュビロ(宮崎県生目の杜)
13:00KO  三洋電機ワイルドナイツ 対 日本IBMビッグブルー(群馬県太田)
13:00KO  NECグリーンロケッツ 対 三菱重工相模原ダイナボアーズ(千葉県柏の葉)

関西大学Aリーグは、日曜日に京産大対立命大、同大対大体大のという優勝争いの中で重要な2試合がある。京都の西京極で行われるこの2試合も、JSPORTSで放送される。詳細は、JSPORTSのサイトでご確認を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

November 8, 2007 9:22 PM /

お薦めマッチ_1108

疲れがたまっているのか、仕事に勢いがない気がする。なんとかしなければいけないと思って、久しぶりにマッチを聴いた。マッチは元気が出る。「ふられてBANZAI」をちょっと大きめの音量で聴いていたら、部屋の窓から見える道路から、通行人がこっちを見上げていた。ちょっと恥ずかしいかも。あっ、別にふられたわけではありません。

午後、そろそろトップリーグの週末のメンバーが発表になってるかな〜と思って、オフィシャルサイトをのぞいたら、全試合発表になっていた。そっか、すべて土曜日やったんやね。一日で全試合が行われるのは3節だけだ。カードは文末の通り。

前節、神戸製鋼を追い詰めた九州電力は、NECへのチャレンジ。NECは、フィジー代表のFLサウカワ、1年目のCTB櫻谷が今季初出場。好調の三洋電機は、リコーと対戦。盛岡での2試合は、両方ともいい試合になる気がする。

前節はいまひとつのパフォーマンスだったサントリーは、前節クボタを破ったコカ・コーラと対戦。サントリーは、ライアン・ニコラスが手の骨折ということもあって、CTBに北條が入る。コカ・コーラのSO淵上が持ち前のキック力でどうゲームをコントロールするか。サントリーはリザーブに曽我部の名前が。出てくるかな。神戸製鋼は、春はSOで出場することも多かった大石がFBに。よく見ると、このBK若いなぁ。濱島、山本、今村、小笠原、大石、チームに所属して3年に満たない選手ばかりだ。三菱重工相模原のチャレンジを受ける。

瑞穂では、トヨタ自動車と日本IBMが対戦。トヨタSOはベテランの廣瀬佳司。ホルアは今季初出場。ナイターで行われる秩父宮ラグビー場では、クボタとヤマハ、東芝とサニックスが相対する。クボタは、吉田英之をCTBに、伊藤宏明をSOと本来の形に戻した。サニックスは怪我で出遅れていたSO沼田が出てくる。東芝はFL渡邉がももの打撲から1試合休んだだけで復活だ。前節も監督に出場を志願したというから、W杯後も高いモチベーションを保っている。激しいプレーを見せてくれるだろう。

まだ3節目だが、連勝しているのは神戸製鋼、三洋電機、サントリーの3チームのみ。JSPORTSは、花園と秩父宮の試合を放送する。

◎トップリーグ第3節(11月10日)
12:00KO NECグリーンロケッツ 対 九州電力キューデンヴォルテクス(盛岡南)
14:00KO リコーブラックラムズ 対 三洋電機ワイルドナイツ(盛岡南)

12:00KO サントリーサンゴリアス 対 コカ・コーラウエストレッドスパークス(花園)
14:00KO 神戸製鋼コベルコスティーラーズ 対 三菱重工相模原ダイナボアーズ(花園)

14:00KO トヨタ自動車ヴェルブリッツ 対 日本IBMビッグブルー(瑞穂)

17:00KO クボタスピアーズ 対 ヤマハ発動機ジュビロ(秩父宮)
19:00KO 東芝ブレイブルーパス 対 福岡サニックスブルース(秩父宮)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

December 22, 2006 8:19 PM /

お薦めマッチ_1222

台湾・高雄にて行われていた「第11回U19アジア大会」の15人制の部決勝(12月22日)で、U19日本代表がU19中華台北代表を64-3で破り、2年連続6度目の優勝を飾った。全試合で相手をノートライに抑える価値ある優勝だった。おめでとう。日本ラグビーのこの流れの良さは、史上最高じゃないだろうか。

夜、テレビを見ていたらマッチがバラエティ番組に出ていた。そうだ、お薦めマッチやらなきゃ、ってことで週末は国内ラグビーも面白い。

トップリーグ第11節は、全試合が23日に行われる。東芝、サントリーが首位争いをしているが、東芝は強敵・トヨタ自動車との対戦。予定メンバーでは、東芝はSO廣瀬、WTB吉田大樹という組み合わせで来た。さて、どう機能するか? 残留争いという意味では、リコーとコカ・コーラの対戦も興味深い。

大学選手権2回戦は、いずれも好ゲームになりそう。注目の早大対慶大では、早大が切り札のWTB首藤が復帰。慶大WTB山田との直接対決の結末は? 関東学大は東海大の渾身のチャレンジを退けられるのか。

23日には「 RUGBY PLANET 2006年末スペシャル」(17:00〜18:00 JSPORTS ESPN)も放送される。矢野武さんと僕で進行しつつ、ゲストの吉田明さんと楽しく語ってます。こちらもお楽しみに。

◆トップリーグ第11節試合予定
12月23日(土)
・12:00KO サントリーサンゴリアス対ワールドファイティングブル(秩父宮 11:50〜JSPORTS1 生放送)
・14:00KO 三洋電機ワイルドナイツ対NECグリーンロケッツ(秩父宮 13:50〜JSPORTS1 生放送)
・12:00KO クボタスピアーズ対福岡サニックスブルース(熊谷)
・14:00KO 日本IBMビッグブルー対神戸製鋼コベルコスティーラーズ(熊谷)
・12:00KO コカ・コーラウエストレッドスパークス対リコーブラックラムズ(花園 11:50〜JSPORTS2 生放送)
・14:00KO 東芝ブレイブルーパス対トヨタ自動車ヴェルブリッツ(花園 13:50〜JSPORTS2 生放送)
・14:00KO ヤマハ発動機ジュビロ対セコムラガッツ(ヤマハ)

◆大学選手権2回戦予定
12月24日(日) JSPORTSすべて生放送
・12:00KO 東海大学対関東学院大学(秩父宮 11:50〜J sports 1)
・14:00KO 早稲田大学対慶應義塾大学(秩父宮 13:50〜J sports 1)
・12:00KO 京都産業大学対法政大学(花園 11:50〜J sports 2 )
・14:00KO 大阪体育大学対明治大学(花園 13:50〜J sports 2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

October 20, 2006 12:30 AM /

お薦めマッチ_1020

知人にメールを書き、名前を入力して変換したら「村上好位置」になった。なるほど、同じ読みだ。馬ちゃうからね、僕は。

きのうの日記に書いた、FBがメンバー表の最初に書かれる件、FBは背番号1番だった時代がある。NZでもそうだったし、1930年の日本代表FB寺村さんにジャージーを見せてもらったことがあるけど、それも1番だった。理由はまた改めて。

19日もセコムラガッツのプレスリリースあり。積極的な普及策に頭が下がります。10月22日、三ツ沢で「SHALALAラガッツ放送局」が復活。というわけで、対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦で、ラガッツ応援者向けの場内ミニFMサービス「SHALALAラガッツ放送局」を実施する。2004年トップイーストリーグ11(当時10)で誕生し、人気を集めていた企画で、わかりやすいルール解説や、選手の裏話も聞ける。中継内で発表されるキーワードを覚えて応募すれば、ラガッツのメンバーしか手にできないレアなアイテムが抽選で手に入るチャンスも。

実施日時 : 10月22(日) 13:50〜(試合終了時まで)
周波数: FMラジオ 87.9〜88.5MHzのいずれか(当日、セコムの受付ブースで案内)
放送席 :実況 (MC)セコム株式会社荒川泰氏(セコムラグビー部元監督)
放送席 :解説 セコムラガッツ都出清士郎サポートスタッフ
※ゲストで現役選手も登場予定

さて、トップリーグ前半戦の最後となる第7節である。花園では、現在、13位のコカ・コーラと14位のワールドが対戦。残留争いという意味では重い試合だ。ワールドは調子をあげている。僅差勝負になりそう。同じく花園で行われる東芝対ヤマハ戦はトップ4争いで崖っぷちに立つヤマハがどこまで力を出し切れるか。秩父宮では、日本IBMとサニックスの対戦。先週、コカ・コーラを破ったサニックスは、NO8ミュア、CTBフィフィタが好調。IBMはSO加瀬が戻ってきた。こちらも面白い試合になりそう。サントリーはリコーの挑戦を受ける。順調に勝ち点を積み重ねられるかどうか。太田では三洋電機と神戸製鋼の注目の一戦。ともにトップ4争いの上で負けられない試合。三洋は特にここで負けると苦しくなる。22日の三ツ沢では、順調に勝ち点をあげつつ、どこか乗り切れないNECとクボタが対戦。接戦になる気がする。トヨタ自動車は、ここ2節のスロースターターぶりを、セコム相手に払拭できるか。

◆トップリーグ第7節試合予定
・10月21日(土)
12:00KO 日本IBMビッグブルー対福岡サニックスブルース(秩父宮)
14:00KO サントリーサンゴリアス対リコーブラックラムズ(秩父宮)
12:00KO ワールドファイティングブル対コカ・コーラウエストレッドスパークス(花園 11:50〜 Jsports 2  ※生中継)
14:00KO 東芝ブレイブルーパス対ヤマハ発動機ジュビロ(花園 13:50〜 Jsports 2 ※生中継)
13:00KO 三洋電機ワイルドナイツ対神戸製鋼コベルコスティーラーズ(太田12:50〜 Jsports ESPN   ※生中継)

・10月22日(日)
12:00KO NECグリーンロケッツ対クボタスピアーズ(三ツ沢)
14:00KO トヨタ自動車ヴェルブリッツ対セコムラガッツ(三ツ沢)

◆大学ラグビーの放送もあり
関東大学対抗戦 2006 Jsports 2 ※生中継
10月22日(日)11:50 早稲田大学 対 日本体育大学
関東大学リーグ戦 2006 Jsports 2 ※生中継
10月22日(日)13:50 関東学院大学 対 流通経済大学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

October 14, 2006 12:36 AM /

お薦めマッチ_1014

知人から【マッチベスト】のCDをもらった。17曲収録されているのだが、最初に流れる『ケジメなさい』を、いい歌だ〜、と再評価。正月に買った【マッチ箱】以来、しばらくマッチを聴いていなかったのだが、またハマって、口ずさんでいる。だから…、そういうコーナーじゃないっつうの。なんて、たまにはマッチネタも。

というわけで、今週末はトップリーグ第6節である。予定メンバーの表を眺めつつ、あれこれ考える。土曜日の秩父宮は、日本IBM対リコー、クボタ対東芝の2試合。現在9位の日本IBMと13位リコーとの対戦は、下位チームの順位争いの上で重要な試合。僅差になりそう。クボタは東芝へのチャレンジ。東芝は大野がWTBで登場。俊足ぶりを発揮できるか。花園では神戸製鋼がセコムの挑戦を受ける。神戸は怪我をしていたジョエル・ウィルソンがリザーブで復帰。立正大から加入のマパカイトロがNO8で出てくる。セコムは、前節FBで登場して好プレーを見せたジェームズ・リチャーズをSOで起用。このアイディアがどうでるか。

日曜日の瑞穂は2試合。いまだ勝ち点のないワールドが地力のあるNECと戦う。NECはFB武井が怪我から復帰。だとすると、前節ディフェンス時にFBに入っていたヤコ・ファンデルヴェストハイゼンはSO固定か。トヨタ自動車とヤマハ発動機は注目の対決。ヤマハはここで勝てば、再びトップ4入りの有力候補に浮上できる。そして、前橋では三洋電機対サントリーという今節もっとも注目される大一番。サントリーは開幕節で手を骨折したWTB藤原が復帰。有賀、小野澤と強力なバックスリーを形成する。三洋の三宅、北川、吉田も負けていない。トライ合戦を期待。もうひとつ、博多でのサニックス対コカ・コーラ戦も見逃せない。「サニックスには10年間勝っていないみたいなので、ぜひ勝ちたい」(ニールソン武蓮傳)。コカ・コーラは、キャプテンのNO8山口を怪我で失ったが、オーモンドがNO8に入り必勝を期す。

◆トップリーグ第6節試合予定
・10月14日
12:00KO 日本IBMビッグブルー対リコーブラックラムズ(秩父宮 11:50〜 Jsports2  ※生中継)
14:00KO クボタスピアーズ対東芝ブレイブルーパス(秩父宮 13:50〜 Jsports2  ※生中継)
13:00KO 神戸製鋼コベルコスティーラーズ対セコムラガッツ(花園)
・10月15日
12:00KO ワールドファイティングブル対NECグリーンロケッツ(瑞穂 11:50〜 Jsports1 ※生中継)
14:00KO トヨタ自動車ヴェルブリッツ対ヤマハ発動機ジュビロ(瑞穂 13:50〜 Jsports 1  ※生中継)
13:00KO 三洋電機ワイルドナイツ対サントリーサンゴリアス(前橋 12:50〜 Jsports ESPN ※生中継)
14:00KO 福岡サニックスブルース対コカ・コーラウエストレッドスパークス(博多 13:50〜 Jsports Plus ※生中継)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

September 29, 2006 12:30 PM /

お薦めマッチ_0929

先週はお休みだったトップリーグ再開である。第3節を終えて、全勝は東芝とトヨタのみ。この2チームが勝ち点「14」で1位、2位にならび、これをサントリー、NECが勝ち点「11」で追っている。第4節は、順位の離れたチーム同士の戦いが多いのだが、3節でヤマハを下して初勝利をあげたコカ・コーラがトヨタに対しても波乱を起こせるか、地力をつけてきたセコムが東芝にどんな戦いを挑むのか、いろんなみどころがあるのだが、今節の予定メンバーを見ると、怪我からの復帰選手が多く、それが試合にどんな影響を与えるのか興味津々である。

新潟でクボタと戦うサントリーは、注目のFB有賀剛が初先発。夏合宿のトレーニング中に膝を痛めたのだが万全の態勢での復帰。あの独特のステップワークがトップリーグでも見られるか。LO大久保直弥、SH田中澄憲も今季初先発。経験豊富な選手が入ることで、ゲーム運びにも落ち着きが出てくるかもしれない。東芝では、大野均がようやく膝の怪我が癒えてリザーブ入り。メンバーは各ポジション不動の選手が多く、スキは見あたらないが、さて。三洋は、昨季の快進撃をリードしたSOトニー・ブラウン、CTB山内智一が復帰し、好調のCTB霜村誠一とフロントスリーを形成する。ブラウンは、ゲームキャプテンも務めるようだ。この他、ワールドではNO8真羽闘力、サニックスではN08ディオン・ミュアなど、各チームの主力選手が復帰を果たす。

昨季は毎節、サプライズがあった。今年はそれ以上に実力が拮抗しているので、また何か波乱が起きるのかもしれない。

◆トップリーグ第4節
・9月30日(土)
NECグリーンロケッツ対リコーブラックラムズ(13:00KO 秩父宮 JSPORTS PLUS 12:50〜14:50 生中継)
セコムラガッツ対東芝ブレイブルーパス(15:00KO 秩父宮 JSPORTS PLUS 14:50〜17:00 生中継)
ヤマハ発動機ジュビロ対日本IBMビッグブルー(13:00KO 花園 JSPORTS1 17:00〜19:00)
神戸製鋼コベルコスティーラーズ対福岡サニックスブルース(15:00KO 花園 JSPORTS2 19:00〜21:00)
クボタスピアーズ対サントリーサンゴリアス(13:00KO 新潟スタジアム)
三洋電機ワイルドナイツ対ワールドファイティングブル(15:00KO 新潟スタジアム)

・10月1日(日)
トヨタ自動車ヴェルブリッツ対コカ・コーラウエストレッドスパークス(14:00KO 長良川 )

今週末は、大学ラグビーも多数行われる。神奈川県・海老名では関東大学リーグ戦グループの流通経済大対東海大、関東大学対抗戦グループの明治大対筑波大戦が行われるなど、注目カードも多い。詳細は、各地域協会(関東、関西、九州)のHPなどで確認していただきたいのだが、この中で、関西大学リーグの花園第1グラウンドでの試合がJSPORTSで生中継される。

◆関西大学Aリーグ開幕戦 
・10月1日(日)花園Ⅰ 
12:15KO 大阪体育大対関西学院大 
14:00KO 同志社大対立命館大(2試合をJSPORTS1にて、12:05〜16:00生中継)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

September 16, 2006 11:07 AM /

お薦めマッチ_0916

土曜日の朝である。東京は快晴です。トップリーグ第3節が始まる。まずは、秩父宮ラグビー場でサントリーサンゴリアスと日本IBMビッグブルーが対戦する(午後3時キックオフ)。サントリーはSO菅藤が先発。野村がCTBに入る。控えのジャック・タラントのランニングスキルは必見。IBMとしては、一対一で果敢に勝負してくるサントリーの各選手をいかに前進させないかが課題。FB高忠伸は充実している。NO8カスプロウィックスは、元豪州7人制代表。注目です。

昨日も紹介したヤマハ発動機ジュビロは、木曽キャプテンが「この試合が大事だと思っています。昨年も3節で負けた。ここでいい試合をすることで、4節、5節につながっていく」と話していた。ヤマハスタジアムにて午後6時キックオフ。相手はコカ・コーラウエストレッドスパークス。CTBマーク・ランビー、WTB築城昌拓など新戦力も好選手揃い。

長野県の松本平では、午後4時からセコムラガッツとNECグリーンロケッツが対戦。セコムのリチャード・アパヌイ、NECのヤコ・ファンデルヴェストハイゼンのSO対決は興味深い。カウチとマーシュのジャッカル合戦も見もの。午後6時からは、クボタスピアーズ対三洋電機ワイルドナイツ。昨年のこの対戦は、新潟で行われ、クボタのFWが三洋FWに圧力をかけて好ゲームになった。面白い試合になりそう。三洋WTB北川は、速いよ〜。

17日(日曜日)は西京極で神戸製鋼コベルコスティーラーズとリコーブラックラムズが対戦(午後5時キックオフ)。神戸のCTB高倉は、2節までの個人タックル数1位。両チームともFWに外国人選手を2人先発させる。神戸NO8クリッブ、好調のようだ。第2試合は、ワールドファイティングブル対東芝ブレイブルーパス。東芝SO吉田大樹は今回も先発。FB立川もそろそろブレイクか? ワールドは先週サニックスに敗れたが、巻き返しを期す。京都の2試合は、JSPORTSで放送あり。瑞穂で6時キックオフは、トヨタ自動車ヴェルブリッツ対福岡サニックスブルース。 トヨタはパワフルランナーWTB遠藤が出てくる。FB正面のやわらかなランニングスキルとあいまって、より効果的にBKが機能するかも。サニックスもFWはパワフル。激しい肉弾戦になるかな。

また、日曜日は、日英大学ラグビー対抗戦の最終戦。早稲田大学対オックスフォード大学が秩父宮ラグビー場で行われる(午後2時キックオフ)。

◎愛好的観劇日記【敦atushi 山月記・名人伝】観ました。世田谷パブリックシアターにて。原作=中島敦、構成・演出=野村萬斎、出演=野村萬斎、野村万作、野村万之介、石田幸雄ほか。太鼓=亀井広忠、尺八=藤原道山。山月記は能のように、名人伝は狂言のように作られていた。野村萬斎さんによる、分かりやすい見せ方に感銘を受けた。名人伝、かなり笑える。萬斎さんは姿がいい。背筋がぴんと伸びて威厳がある。あれ? 年下やんかと、妙に感心した。「人生は何事をも為さぬにはあまりに長いが、何事かを為すには余りに短い」。中島敦の世界にしみじみ。僕はなんのために生まれてきたんだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

September 9, 2006 9:40 AM /

お薦めマッチ_0909

ラグビーのことを大事に思ってくれる人達がたくさんいて嬉しいです。ご意見ありがとうございました。しかと受け止めて取材にあたりたいと思います。きのうのアクセス件数はこの愛好日記を始めて最多でした。それだけ関心が高かったということですね。僕は雑誌で書いたり、テレビで解説する場が他にもあるので、この日記はずっとほのぼの系でいきたかったけど、きのうばかりは無理でした。

いま、土曜日の朝だ。きょうも明日もトップリーグは行われるし、オックスフォード大学の来日試合もある。ラグビー界は動いている。各チームの頑張りや試合の様子も伝えていきたい。金曜日のプレスリリースで、「セコムラガッツが公式モバイルサイト開設」のお知らせが流れてきた。携帯電話から試合会場などで選手のプロフィールなどがチェックできるほか、会場へのアクセスなども調べられる。僕もさっそく見てみたが、これ、便利だ。写真名鑑のところのプロップY選手の顔は、公式ファンブックのあの顔とは違〜う! トップリーグのLIVE速報もスタートするという。http://rugguts.jp/ 一部機種では画面が上手く表示できない場合もあるとのこと。

土曜日のトップリーグは全部で6試合。北海道の月寒でリコーブラックラムズ対トヨタ自動車ヴェルブリッツ戦、群馬の太田で三洋電機ワイルドナイツ対セコムラガッツ戦、博多の森で福岡サニックスブルース対ワールドファイティングブル、コカ・コーラウエストレッドスパークス対東芝ブレイブルーパスなど、全国各地で行われる。向井監督が古巣の東芝と対決。冨岡キャプテンを東芝の誘ったのは向井さんだった。お互いにとって特別な試合になる。京都の2試合はJSPORTSで放送される。サントリーサンゴリアス対ヤマハ発動機ジュビロは注目の一戦。日本IBMビッグブルー対NECグリーンロケッツ戦では、NECのヤコ・ファンデルヴェストハイゼンがSOで先発する。放送予定の詳細は、JSPORTSのHPにて。そして、10日の日曜日は、神戸ウイングスタジアムで神戸製鋼コベルコスティーラーズ対クボタスピアーズ戦だ。この試合は村上解説です。

金曜日は僕としては珍しく冷静さを失い、土曜日にトライネイションズがあることをすっかり忘れていた。ごめんなさい。すでにNZ代表オールブラックスが優勝を決めているが、最終戦が、土曜日、ジョハネスバーグのエリスパークで行われる。放送予定は以下の通り。

◆9月9日(土)21:45〜 南アフリカ代表スプリングボクス対オーストラリア代表ワラビーズ J sports Plus ※生中継

先週、オールブラックスを破る原動力となった南アSOプレトリアスが、2週連続で高いパフォーマンスを発揮できるのか。オーストラリアのベテランSOラーカムがこれにどう対処するか。初キャップの南ア代表FBピーターセン、オーストラリアのPRロビンソンはどんなプレーを見せてくれるか。トライネイションズ2006の最後、視聴可能の方はぜひ。

それでは、京都に行ってきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

August 25, 2006 11:56 AM /

お薦めマッチ_0825

金曜日の朝、僕の家のあたりは大雨が降り、その音で目覚めたほどだった。新聞受けに行くと、新聞がべったり濡れていた。去年の夏までは毎年のように門柱に蝉の抜け殻を発見したのだが、ことしはまだ見ていない。どうした、蝉。以前書いた、日焼けさせる財布は着々と変色している。僕の日焼けはついに皮がむけてきて、ほんとうにタコ焼きみたいになってきた。

菅平の夏合宿では、慶大が京産大を35-17と破り、関東学大が明大に勝ち、法大も流通経済大に勝利とのこと。きのうは、大体大が東海大を破っている。夏合宿では、選手の疲れもあるし、メンバー編成も模索中だから結果だけでは力関係が計れないのだが、大学ラグビーの各チームもいよいよ最終準備段階。明日(26日)は、菅平で午後1時半から早大対慶大の注目の一戦がある。

南半球のトライネイションズは、先週、オールブラックスが3年連続8度目の優勝を決めたが、まだ3試合が残されている。しかも、すべて南アフリカで行われるので、ここからは南アも力を出してくるはず。彼らはホームでは強いので。なかなかメンバーの定まらないオールブラックスは、ワラビーズ戦から大幅にメンバー変更。FBマクドナルド、WTBギア、シヴィバトゥとバックスリーを総入れ替え。FW第三列も、マコウ、ソーンの両FLにマソイがNO8に入る。どうやらヘンリー監督は、今回のトライネイションズでは固定メンバーを組む気はなく、秋の遠征から固めていく気のようだ。

一方の南アフリカは、FLで先発予定だったジュアン・スミスの怪我で、ファンニーケルクが復帰。南ア最高のBKと言われるCTBジャン・デヴィリアスも6月のスコットランド戦で怪我をして以来の復帰。これは南アにとって心強い。デヴィリアスとフーリーの両CTBでオールブラックスの防御を崩したいところ。

放送予定は下記の通り。

■放送予定
8月26日(土)南アフリカ代表スプリングボクス対NZ代表オールブラックス(21:45〜 J sports ESPN  ※生中継)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

July 21, 2006 10:49 PM /

お薦めマッチ_0721

うわ〜、盛り上がってますね。みなさん、たくさんのコメントありがとうございます。フランカーというポジションが人気があるのかもしれませんが、やはりそれぞれ好みの選手はいるし、それぞれの思い出がありますからね。ちなみに僕が最初に好きになったフランカーは、フランス代表のジャンピエール・リヴでした。長くのばした金髪を血に染めながら戦っているところが強烈に印象に残っています。小柄なフランカーが僕は好きです。またいずれ、別のポジションでも思い出を書きますね。どのポジションも盛り上がりそうなので、小出しにしま〜す。

さて、土曜日はトライネイションズ第3戦、NZ代表オールブラックス対南アフリカ代表スプリングボクスの試合が、ウエリントンにて行われる。スプリングボクスは、先週ワラビーズに0-49という歴史的大敗を喫して、すでにメディアから「ホワイト監督退陣要求」まで出ているようだけど、もしまた大敗ならホワイト監督いよいよ危うしである。

オールブラックスは、ベテランFLソーンが先発。オープンサイドFLはマコウで決まりだけど、ブラインドサイドFLは定まっていない。元オールブラックスのキャプテンとはいえ、今はチャンスを与えられた一人の選手だ。ソーンもここでいいパフォーマンスを見せれば、来年のワールドカップに向けて正FLの座をつかむきっかけになる。南アフリカのFLは、ソリー・チビリカとジュアン・スミス。チビリカも走るからねぇ。この日記もフランカーの話題で盛り上がったので、いつも以上に両チームのFLに注目して見てみよう。スプリングボクスとしては、NO8に入る予定のジャック・クロニエらの激しいコンタクトプレーでプレッシャーをかけ続けたい。

◆放送予定
7月22日 (土) NZ代表対南アフリカ代表(16:20 - 18:30 JSPORTS PLUS 生放送)

◎愛好的観劇日記の追記
きのうの日記に【あわれ彼女は娼婦】のことを書いた。僕は芝居を観るとほぼ間違いなくパンフレットを買う。自分が本の編集の仕事をしていることもあって、デザインに興味があるし、芝居の背景をもっと知りたいと思うからだ。【あわれ彼女は娼婦】のパンフの内容はとっても面白かった。宗教や時代の背景もよく分かるし、役者さん達の気持ちも素直に綴られている。特に興味深かったのは、演出家の蜷川さんと「書評屋」と自ら名乗る豊﨑由美さんの対談だった。いくつも印象に残る言葉があったけど、舌鋒鋭い豊﨑さんが「そのジャンルに対して、すごく深い愛情がなかったら、批評なんかしちゃいけない」と言っていた。共感したというか、そうありたいなぁって思った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

July 14, 2006 6:11 PM /

お薦めマッチ0714

ただいま深緑郎さんと東京を離れ、国内某所に遠征中です。共通の知人のお祝い事があるので、またまた2人旅となった。さて、明日はトライネイションズ(南半球3か国対抗)の第2節、オーストラリア代表ワラビーズ対南アフリカ代表スプリングボクス戦がブリスベンのサンコープスタジアムで行われる。

スプリングボクスは、21歳以下南ア代表のピエール・スピースがNO8でテストマッチ・デビューする。この選手はWTBもできる俊足だが、いきなりのテストマッチで活躍できるか? また、WTBでラッセルに代えてンドゥンガネ、CTBバリーからフーリーなど、数名のメンバーを第1戦から変更している。

ワラビーズも、NO8にファイヴァを起用。先週N08のエルソムはFLに。そして、インサイドCTBを、マット・ロジャースから、ギタウにチェンジ。僕は、ファイヴァの責任感あるプレーが大好きだ。さあ、どうなるか。横に深緑郎さんがいるので、みどころを聞いてみよう。

「まずスクラムでしょう。ワラビーズが南アフリカの強いスクラムに耐えられるかどうか。ワラビーズの攻撃が先週、セットプレーから仕掛けることができなかったので、そこも注目です」

というわけで、みなさんお楽しみに。

なお、レフリーのポール・ホニス氏が、テストマッチ38試合目となり、NZの先輩レフリー、パディ・オブライエン氏の37テストを抜くことになった。NZのレフリーとしては最多となる。

◆放送予定
7月15日 (土)  オーストラリア対南アフリカ 22:00〜 24:00  JSPORTS PLUS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

海外ラグビーファンには嬉しい夏である。いよいよトライネイションズ2006が始まる。南半球三強国にによって、1996年から始まったこの大会は、今年初めてそれぞれが3試合行う拡大バージョンとなる。第一戦は、IRB(国際ラグビーボード)の世界ランキング1位のニュージーランド代表オールブラックスと、4位のオーストラリア代表ワラビーズが激突する。3位の南アフリカ代表スプリングボクスは、来週(7月15日)、ブリスベンでのワラビーズ戦がスタートだ。

4位とはいえ、ワラビーズは、6月にアイルランド、イングランドを破り、実力を見せつけている。オールブラックスのほうは、39名のスコッドをすべて出場させながら、アイルランド、アルゼンチンと戦い、トライネイションズのメンバーを選んできた。来年のワールドカップの前哨戦としてもこの大会は見逃せない。

メンバーも豪華である。僕が注目するのは、ゲームをコントロールするHB団対決。ワラビーズのSHグレーガン、SOラーカム、オールブラックスのSHケラハー、SOカーター。カーターとラーカムはテストマッチで初SO対決となる。2004年に2人が対決したときは、スペンサーがSOでカーターはCTBだったんだな。これ、興味深いなぁ。ケラハーとグレーガンも、ガツガツと絶対やりあうね。メンバーをながめると、ワラビーズのほうが力強い。オールブラックスはスピードで勝負だ。

今回、僕は解説ではないので、楽しんで見たいと思います。海外ラグビーにはこれまで興味がなかった人も、ぜひ一度見てみてください。好き嫌いあるかもしれないけど、一見の価値はありますよ。

◆トライネイションズ2006第一戦放送予定
7月8日 (土) オールブラックス対オーストラリア (16:20〜18:30 JSPORTS1にて生放送)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.