1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


March 21, 2017 1:10 PM /

フットボールコーチングセミナー28

きょうの雨、催花雨(さいかう)って言うらしい。アイルランドに遠征中の高校日本代表は、U19コノート代表に勝利。ジュニアジャパンのサモアA、トンガAからの勝利に続き、この世代の選手が自信を持って戦っているのは頼もしい。

昨日は、神戸でSCIX主催の「フットボールコーチングセミナー28」のスポーツフォーラム『2019ラグビーW杯神戸開催を成功に導くために、トップコーチからの提言』の進行役をさせていただいた。パネリストは、元木由記雄さん(京都産業大学ラグビー部ヘッドコーチ)、鳥内秀晃さん(関西学院大学アメリカンフットボール部監督)、菊池彰人さん(ヴィッセル神戸強化部スカウト)という、三種類のフットボールのコーチの皆さん。

元木さんはラグビーワールドカップの4度参加した経験から、その「真剣勝負の凄味」について語った。鳥内さんは「ラグビーのW杯を機に、生のスポーツを観戦の面白さが広がれば」と期待を寄せた。「阪神ファンがヴィッセル神戸の応援に行っていますか?」という問いかけは、日本ではひとつのスポーツだけを見る人が多いので、いろんなスポーツを観戦するようになってほしいという願いが込められていた。「(ラグビーW杯の開催期間は)他のスポーツが全部日程をずらして観戦に行けばいい」という思い切った提言も。

菊池さんは、2002年に日韓共催で行われたサッカーのワールドカップの影響についてさまざまに解説。2001年には75万人だった日本のサッカー競技人口が、2003年に12万人増えたという。12万人は、現在の日本のラグビー人口よりも多い数字だ。また、レガシーとしてスポーツの国際化が進んだとも。これらは、日本代表が決勝トーナメントに勝ち上がったからこそだと話されていた。

質問コーナーでは勝つチームの共通する条件や、試合中のコミュニケーションの重要性、スポーツ普及策などが、それぞれの立場で語られた。ラグビー場に若い女性が少なくなったという意見には、元木さんが、「昔は明治大学のラグビー部の試合には、学生がたくさん見に来てくれたが、娯楽が多様化して今はラグビーを見に来なくなっている」と話すと、鳥内さんも「アメリカンフットボールも同じですね」と続けた。サッカー会場には若い女性が多い。誰もが楽しめる快適なスタジアムをどう作っていくか。他のスポーツに学ぶところは多い。

他競技の人と話すと刺激を受ける。楽しい時間だった。ラグビーフットボール、アメリカンフットボール、アソシエーションフットボール(サッカー)。フットボールの仲間として、協力し合って、それぞれの競技を発展させていかなくては。そんな思いを新たにした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.