1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


May 11, 2017 10:03 AM /

ラグビーワールドカップ2019組分け決まる

ラグビーワールドカップ2019組分け抽選会(RWC2019 POOL DRAW)が、5月10日、京都迎賓館で行われた。結果は以下の通り。日本はこれまで抽選には恵まれないことが多かったが、今回は、決勝トーナメント進出への期待を抱かせる組になったことは確か(各プール上位2チームが決勝Tへ)。しかし、それはニュージーランド(オールブラックス)、イングランド、オーストラリアに比べれば可能性があるのではないか、という期待。過去のRWCではアイルランド、スコットランドには負けているし、アイルランドは、昨年はオールブラックス、今年はイングランドに勝っており、楽観視できるプールではない。前大会同様、周到な準備で臨まなければ、悲願である決勝トーナメント進出は達成できない。

ヨーロッパ地域1は、ルーマニアになる可能性もあり、6月のルーマニア、アイルランドの来日が俄然注目を集めることになった。ただ、これも難しいのはアイルランドがブリティッシュ&アイリッシュライオンズのニュージーランド遠征で多くの主力を欠いているため、日本側にとって得られる情報量が少なくなる、ということ。アイルランド側のほうが、日本の環境、選手の情報も含めて得られるものが多い気がする。

いよいよ、RWC2019への強化が本格化する。2019年に向かっての情報戦も始まることになるわけだ。

<ラグビーワールドカップ2019 組分け>
【プールA】
アイルランド、スコットランド、日本、ヨーロッパ地域1、ヨーロッパ・オセアニア地域プレーオフ勝者
【プールB】
ニュージーランド、南アフリカ、イタリア、アフリカ地域1、敗者復活予選優勝チーム
【プールC】
イングランド、フランス、アルゼンチン、アメリカ地域1、オセアニア地域2
【プールD】
オーストラリア、ウェールズ、ジョージア、オセアニア地域1、アメリカ地域2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.