1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


April 13, 2017 2:16 PM /

クボタスピアーズ、国際10人制ラグビー大会出場

トップリーグのクボタスピアーズが、6月17日(土)、18日(日)にモーリシャス共和国にて開催される10人制ラグビー大会『The Beachcomber World Club 10s(ビーチコンバー・ワールドクラブ10s)』に招待され、参戦することが発表された。2月にパナソニックワイルドナイツがオーストラリアで開催されたブリスベン・テンズに出場したのに続き、トップリーガーたちが世界のトップ選手達と戦う機会を得るのは、日本ラグビー全体のレベルアップにつながる朗報だ。

◎大会参加チーム
日本:クボタスピアーズ(TL)
南アフリカ:ブルズ(SR)、チーターズ(SR)
オーストラリア:ウェスタンフォース(SR)
イングランド:ハリクインズ(PS)、サラセンズ(PS)
その他:アフリカ・パシフィック・ドラゴンズ(特別枠)
※TL=トップリーグ、SA=スーパーラグビー、PS=プレミアシップ
(2017年4月13日時点)

≪フラン・ルディケ ヘッドコーチ コメント≫
この度、The Beachcomber World Club 10s(ビーチコンバー・ワールドクラブ10s)の大会に日本から初の招待チームとして、クボタスピアーズが選ばれたことを光栄に思います。我々にとってこの大会への参戦は、2017‐2018ジャパンラグビートップリーグへの準備として素晴らしい機会だと考えています。 世界各国においてトップレベルのビッククラブと対戦することで、クボタスピアーズの選手たちが一つ上のレベルにステップアップするための、またとないチャンスです。この大会で自分たちのアタックシステムをテストし、シーズンに向けた準備を完璧に行っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.