1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


2019年のラグビーワールドカップの開催地であり、公認チームキャンプ地にも立候補している神戸市での、ラグビートークライブ開催のお知らせです。今回は、神戸製鋼コベルコスティーラーズから、スクラム最前列で体を張る山下裕史選手と沢居寛也選手がゲストです。山下選手にはワールドカップのこと、昨年、スーパーラグビーのチーフスに参加して感じたことなどを、沢居選手はラグビー普及活動に積極的に取り組んでいるということで、そのあたりを中心に伺えればと思います。もちろん、神戸製鋼のこともたっぷりと。楽しいトークになりそうです。トークの後は懇親会になります。

▼開催日:平成29年3月27日(月)
▼場所:神戸・三宮のスポーツカフェバー SPORTEREA(スポルテリア)
〒650-0012
神戸市中央区北長挟通2-7-1 PMPTビル1F
℡ 078-391-6633
http://www.sporterea.com/index.php
▼時間:受付 18:30から
トークイベントスタート 19:00から(約50分)
懇親会スタート 19:50から(約50分)
▼進行:村上晃一
▼ゲスト:神戸製鋼コベルコスティーラーズより
山下裕史選手・沢居寛也選手
▼募集人数:50人
▼参加費:4,000円/人
飲み放題、料理はビュッフェスタイル
※飲み物、料理は懇親会スタートより

▼申込み方法:先着で50名
SPORTEREAへ直接電話にて受付
078-391-6633
[受付時間 11:00~24:00]

追記◎1月25日に行われた天理市でのラグビートークライブの後半ハイライトが紹介されています。ご興味のある方、ぜひどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=sAu6nWrP2S0&feature=youtu.be&app=desktop

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サンウルブズの2年目のスーパーラグビー開幕が迫った。2月25日、秩父宮ラグビー場で昨年の王者ハリケーンズを迎え撃つのだが、そのハリケーンズの来日メンバーがハリケーンズの公式HPで明らかになった。25名のツアースコッドが以下の通り。

2016年の世界最優秀選手のSOボーデン・バリットほか、HOデイン・コールズ、PRジェフリー・トゥーマガアレン、FLアーディー・サヴェア、WTBジュリアン・サヴェア、SH TJ・ペレナラ、WTBコーリー・ジェーンと、オールブラックスがずらり。思い切ってチャレンジし甲斐のあるチームだ。ネヘ・ミルナースカッダーは怪我のためスコッドに入っていない。

◎The Hurricanes 25-man touring squad for Japan is:
Ardie Savea, Beauden Barrett, Ben May, Blade Thomson, Brad Shields, Callum Gibbins, Chris Eves, Chris Smylie, Cory Jane, Dane Coles, James Blackwell, Jeffery Toomaga-Allen, Jordie Barrett, Julian Savea, James O'Reilly, Matt Proctor, Michael Fatialofa, Mike Kainga, Wes Goosen, Ngani Laumape, Otere Black, Reed Prinsep, Ricky Riccitelli, TJ Perenara, Vince Aso.

サンウルブズは、LO谷田部洸太郎(パナソニック ワイルドナイツ)、CTB山中亮平(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)が追加招集されたが、怪我の出ているポジションもあり、まだ変動があるだろう。

追記◎2月18日の北九州での試合でも販売されて話題になった、広島東洋カープとサンウルブズのコラボ商品「オオカミってる坊や」グッズが、2月25日の秩父宮ラグビー場でも数量限定販売される。

◆SUNWOLVES×CARP オオカミってる坊や ハンドタオル 1,500円 (税込)
◆SUNWOLVES×CARP オオカミってる坊や マグカップ 2,000円 (税込)
◆SUNWOLVES×CARP オオカミってる坊や クリアファイル 500円 (税込)
◆SUNWOLVES×CARP オオカミってる坊や 缶バッジセット 800円 (税込)
【販売場所】 : 秩父宮ラグビー場内2か所 サンウルブズ公式グッズ販売ブース
(正面広場内/バックスタンドコンコース11ゲート付近)
【販売開始時間】 : 正面広場は午前10:15~開始予定(※バック側は開場時間以降)

もう一つ追記◎1月25日に行われた天理市でのラグビートークライブの後半ハイライトが紹介されています。ご興味のある方、ぜひどうぞ。
https://www.youtube.com/watch?v=sAu6nWrP2S0&feature=youtu.be&app=desktop

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月19日は、滋賀県大津市に行ってきた。自宅のある京都からほど近く、京都マラソンで盛り上がる京都を背に京阪電車で向かった。滋賀県県民交流センター ピアザホールで「第1回大津市ラグビーフォーラム 大津市にラグビーのレガシーを」に参加するためだ。大津市は、2019年のラグビーワールドカップ(RWC)の公認チームキャンプ地に立候補している。

この日は、第一部で元日本代表・廣瀬俊朗さんの基調講演がり、第二部で大津市出身の元日本代表選手・仙波智裕さん(八幡工業→同志社大学→東芝)、福岡幸治さん(八幡工業→大東文化大学→ワールド)、大津市の越直美市長が参加し、僕が進行役を務めてのトークライブが行われた。廣瀬さんの基調講演は、自身のラグビー人生、2015年大会の南アフリカ戦勝利の要因からパラリンピックの話まで多岐にわたった。パワーポイントを使っての滑らかな話に、約400人の聴衆の皆さんも聞き入っていた。廣瀬さんの話はラグビーだけにとどまらず、自分たちの人生をどう豊かにしていくかというところまで及ぶので、多くの人が共感できるのだと思う。

トークライブでは、大津市のラグビー事情やラグビーの魅力、キャンプ地として大津市は何ができるのか、残すべきレガシーについて語った。越市長は「大津市を世界の人々に知ってもらい、キャンプに来て下さった国と交流を続けて行きたい」と話された。福岡さんは「長旅でやってきた選手はリカバリーが必要。琵琶湖を望むロケーションは選手も喜ぶはず」と話し、海に入るのが好きなラグビー選手に触れ、「海水だと後でベタベタするじゃないですか。琵琶湖は淡水だからさらっと流せますよ」と、思わぬ淡水アピールで会場を笑わせた。

ラグビーの魅力について語ったときには、「僕はラグビーがいいのはタックルがあることだと思います。やるか、やらないか、その決断力が、社会に出て役に立つ」と福岡さんが熱弁。八幡工業の後輩にあたる仙波さんが聞き入り、僕が話を振ったらポカンとして言葉が出ず、会場爆笑という場面も。その仙波さんは「こうしたフォーラムが大津市で開かれたこと自体がレガシー」とも話し、ラグビーが盛んとは言えないこの地にラグビーを広めるために協力を誓っていた。

20170220.jpg

トークライブ終了後は、2024年の滋賀国体を目指して活動中のガールズラグビーアカデミー「ブリーズ」の選手達から花束の贈呈もあった。第1回のフォーラム開催とあって、関係者のみなさんには大変なご苦労があったようだが、これを機に、一段と大津市でのラグビー熱が盛り上がってほしい。

琵琶湖を眺めながら、ふと、前日のミクニワールドスタジアム北九州のことが浮かんだ。湖畔にラグビー場作ってほしいなぁ。駅の近い場所に作ってくれたら、お客さん、集まりそうだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

February 18, 2017 6:16 PM /

ドリームマッチ・ノーサイド

2月18日は、ミクニワールドスタジアム北九州のオープニングマッチとなった「ラグビートップリーグオールスターFOR ALLチャリティーマッチ」のJSPORTSピッチレポーターを務めた。キックオフ直後は予想していたより暖かかったのだが、試合の後半は冷えて来て、最後は凍えそうになった。でも、試合のほうは見ていて楽しかったなぁ。この試合のレポートをラグビーマガジンに書かせてもらうので、このブログでは感想だけ。

ヒト・コミュニーションズ サンウルブズとしては、2月25日のスーパーラグビー開幕戦(対ハリケーンズ)に向けて、いい準備になっただろう。トップリーグオールスターズは、ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチが率い、サンウルブズの強化のため、プレッシャーをかけていた。また、トップリーグオールスターズにも、庭井祐輔、内田啓介、田村煕らサンウルブズの選手が入って活躍したこともあり、スコッド全体の強化にもなっていた。なにより、各選手が思い切りの良いプレーを見せて観客席を沸かせていて、楽しませたのも良かった気がする。

地元のスターである山田章仁選手の活躍も目を見張るものがあった。ファーストトライに、トライセービングタックル。魅せる男である。好きな番号を選べる制度だったので、山田選手は「39」を選んでいた。MVPの表彰を受けて、みんなに「サンキュー」と言うこと想定していたようにしか思えない。お見事な活躍だった。途中からでもいいから、サンウルブズに合流してほしいなぁ。

◆試合結果
サンウルブズ○24-12●トップリーグオールスターズ(前半17-12)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

February 17, 2017 5:09 PM /

ドリームマッチ前日練習

6月の日本代表戦「リポビタンDチャレンジカップ2017」のキックオフ時間が発表になった。皆さん、ご予定を。

6月10日(土)14:40 対ルーマニア代表@熊本・えがお健康スタジアム
6月17日(土)14:00 対アイルランド代表@静岡・エコパスタジアム
6月24日(土)14:40 対アイルランド代表@東京・味の素スタジアム

20170217-1.jpg

さて、きょうは「ミクニワールドスタジアム北九州」で、トップリーグオールスターとサンウルブズの前日練習の取材。写真の通り、真新しいスタジアムは、ゴールポスト裏の高い席が新鮮。サッカーだと当たり前かもしれないが、日本のラグビー場ではゴール裏の高い席がないので、この角度からの観戦は新鮮だろう。芝生は最高の仕上がり。トップリーグオールスターのジェイミー・ジョセフヘッドコーチも、「エクセレント」と喜び、「明日はアタッキングのマインドセットで攻め続けたい」と話した。

キャプテンの山田章仁選手は「北九州にこんなに(ラグビーの)メディアの皆さんが来てくれる機会はないですから、楽しみです。僕の生まれ育ったところなので(オールスターの)選手にはこっちがホームのつもりで戦ってもらいたいです」と話していた。報道陣からファーストトライを狙いますか?と問われると、「狙いません。タッチキックでボールを海に出したい」と、初の「海ポチャ」を狙っているようだった。

2017021703.jpg

トップリーグオールスターは午後1時から、サンウルブズは午後3時から練習した。サンウルブズは最初の15分だけ報道陣に公開。キャプテンのエドワード・カーク選手は、スタジアムがかなり気に入った様子。「これまで数多くのスタジアムでプレーしてきましたが、最も良いスタジアムです。芝生もよく、速く走れそう。明日は、皆さんが楽しめるような、素早くて面白いラグビーをします」とコメント。トップリーグMVPの中鶴隆彰選手は、「サンウルブズのプライドと熱い気持ちを持ってプレーしたいです」と意気込みを語った。

明日の試合は、14:00キックオフ! 観戦される方は、寒くなりそうなので暖かくしてお出かけください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.