1. ヘッダーへジャンプ
  2. サイト内メニューへジャンプ
  3. コンテンツへジャンプ
  4. フッターへジャンプ
-->
  • ジャンル
  • フリーワード
  • サイト内検索


J SPORTSサイトメニュー
  1. 野球
  2. サッカー・フットサル
  3. ラグビー
  4. サイクルロードレース
  5. モータースポーツ
  6. 格闘技
  7. バスケットボール
  8. スキー
  9. フィギュアスケート
  10. 卓球
  11. バドミントン
  12. 20周年
  13. その他

ラグビー愛好日記


女子ラグビーワールドカップ2017 アイルランド大会に参加中の女子日本代表(サクラフィフティーン)は、現地時間の817日午後5時より女子オーストラリア代表と対戦、15-29で敗れた。プール戦で3連敗となった女子日本代表は、勝ち点で出場12 チーム中11 位となり、9 位〜12 位順位決定トーナメントに回ることになった。
トーナメント初戦の相手は女子イタリア代表。キックオフ時間は、現地時間8月22日(火)12時(日本時間8 月22 日(火)20 時)となる。

第2戦のアイルランド相手に健闘した日本は、オーストラリアに対しても、粘り強くタックルを繰り返し、攻めても、ターンオーバーからCTB黒木理帆が独走するなど3トライをあげた。後半26分にトライを追加されるまで、15-19と接戦に持ち込んだが、その後、運動量が落ちたこともあって突き放された。

優勝争いも注目。準決勝の対戦カードは次のようになった。ニュージーランド対アメリカ、イングランド対フランス。

■有水 剛志 ヘッドコーチ
「予選の目標としていた8 位以内に入ることができなかったのは私の責任。前半は硬さがあって自分たちのスタイルでプレーすることができなかった。オーストラリア代表に勝てば8 位以内に入れたのに、ブレイクスルーさせることができなかった。明日、明後日でリセットして、次のトーナメント最高位の9 位を目指す」

■齊藤 聖奈 キャプテン
「覚悟を決めて臨んだ試合だったが、勝てなかったのが今の私たちの実力。それを真摯に受け止めて、次のトーナメントでは勝ち続けて9 位になる。接点のところでブレイクされてゲインされたので、もう一度タックルラインの攻防を見直し、1 対1 のタックルを一人ひとりが責任を持ってできるように修正したい」

■津久井 萌 選手
「悔しい。ゲームの入りが悪くて、相手に最初のトライを許してしまった。タックルが甘くゲインされて、流れが相手
にいってしまった。オーストラリアのフィジカルは強いと分かっていたが、想像していた以上だった。勝ちたい気持ち
が強すぎて、その気持ちが焦りに繋がり、サクラフィフティーンの流れに持ち込めなかった」

■黒木 理帆 選手
「絶対に勝つという気持ちで挑んだ試合だったが、負けてしまって悔しい。相手が近場での攻撃を繰り返してきた
ため、受け身に回り、相手のトライに繋がってしまった。全員でボールを繋ぎ、私がトライできたことは素直に嬉し
い。次戦に向けてはボールキャリアのボディコントロールを修正したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月18日(金曜日)、ジャパンラグビートップリーグ2017-2018が開幕する。すでに、18日の試合メンバーが発表になっているが、オーストラリア代表116キャップのアダム・アシュリークーパー(神戸製鋼コベルコスティーラーズ)はリザーブ、オーストラリア代表103キャップのマット・ギタウ(サントリーサンゴリアス)は12番で先発、南アフリカ代表70キャップのジュアン・スミスは8番で先発と、ビッグネームも開幕戦から登場してくる。ヤマハ発動機ジュビロに復帰した五郎丸歩も15番で先発。注目度の高い試合が続く。

気の早い話だが、8月25日(金曜)、秩父宮ラグビー場のNTTコミュニケーションズと東芝ブレイブルーパスの試合で、日本ラグビー協会公認女子A級の高橋真弓レフリーが、アシスタントレフリー(AR=線審)を務めることになっている。女性のレフリーがトップリーグでARを務めるのは、トップリーグ初(※追記=選手交代を担当する第3ARは、過去に関西協会の大倉さや香さんが務めている)。サッカーのJリーグの線審でもいないようだ。

高橋真弓レフリー(30歳)は、府中ジュニアラグビースクールで10歳からラグビーを始め、世田谷レディース、日本体育大学女子ラグビー部でプレー。15人制、セブンズともに日本代表経験がある。2006年香港セブンズ、2009年ワールドカップ・セブンズ、2007年の15人制アジア大会、2009年の15人制ラグビーワールドカップ・アジア予選などに出場。2012年から本格的にレフリーとして活動し、2014年にはニュージーランドで研修を受け、2015年にはニュージーランド女子トップレフリーキャンプに参加。2015年USAナショナルセブンズなど海外の大会にも多数参加し、2017年アジア女子15人制大会の日本代表対香港代表のレフリーも務めている。2016年に日本ラグビー協会女子A級を取得した。

男性では元ラグビー日本代表選手がトップレフリーになったことはない。また、他のスポーツでも、男性のトップレベルの試合で女性が審判を務めることは珍しい。他のスポーツに先駆けて高橋レフリーがトップリーグのアシスタントレフリーを務めるわけだ。選手が安全、公平、快適にプレーできれば、性別は関係ないのだが、後進の励みになることは確か。高橋レフリーの活躍にも注目していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女子ラグビーワールドカップ2017に参加している女子日本代表(サクラフィフティーン)は、現地時間8月13日17時15分(日本時間8月14日1時15分)アイルランド共和国のダブリンで、女子アイルランド代表と対戦。前半を14-0とリードするなど健闘したが、最終的には14-24で敗れた。

立ち上がりの日本はHO齊藤聖奈キャプテン、PR南早紀がダブルタックルで相手を押し戻すなど、ディフェンスラインをよく押し上げてプレッシャーをかけた。スクラムでも押し込んで反則を誘うなど、総合的にアイルランドを圧倒。SH津久井、SO山本を軸にしたキック戦略も功を奏し、アイルランドのミスを誘って攻め込み、前半26分には、ゴール前のスクラムを押し込んでペナルティートライを奪った。前半終了間際にも、FB清水麻有がタックルをかいくぐってインゴールに持ち込んでトライ。前半を14-0とリードする。

後半に入ると、アイルランドは、第1戦(対オーストラリア代表)で活躍した選手達を次々に投入して流れを変え始める。開始2分、CTBフィッツヘンリーがハイタックルでシンビン(※チームとしてのハイタックルの繰り返し)となりながらも、5分、WTBミラーが左中間にトライ。スクラムも安定し、日本の選手が孤立したところでターンオーバーを連発。23分には、ラインアウトからモールを押し込み、交代出場のLOフィッツパトリックがトライ。ゴールも決まって同点とした。

その後、1PGを追加したアイルランドは、FWのサイドアタックを軸に猛攻。日本も低いタックルで懸命に守ったが、終了間際、34フェイズにも及ぶ連続攻撃でついにゴールラインを明け渡してしまった。ここで試合終了。地元アイルランドのファンにとれば最高に盛り上がる幕切れだが、サクラフィフティーンにとっては、得点機にミスもあり、後半は自陣で何度もキックをチャージされるなど、もったいないシーンの多い試合だった。

LO三村、SH津久井、HO鈴木実沙紀らが負傷退場していたのは気になるところ。同日行われた同プールのフランス対オーストラリアは、48-0でフランスが勝っており、次のオーストリア戦は互いに初勝利をかけての試合になる。JSPORTSでの放送は、8月17日(木)深夜00:45~深夜03:15。

■試合結果
プールC第2戦
女子日本代表●14-24○女子アイルランド代表(前半14-0)

▼ヘッドコーチ、選手のコメント
有水 剛志 ヘッドコーチ
「選手は本気で勝つ気で戦ったので、結果については残念に思う。前半の入りは、選手全員が覚悟を持ってプレーでき、自分たちのテンポでゲームを進めることができた。ただ、ワールドカップで勝つには、"ギリギリ"の状態で、80 分間向き合う覚悟があるかどうか。相手に通じるプレーはいくつもあったが、80 分間を通してできるかどうかが重要なので、次のオーストラリア代表戦、順位決定戦に向けては、選手個人は勿論、チームとしても、もう一度自分たちのスタイルを求めたい」

齊藤 聖奈 キャプテン
「勝つことの難しさを改めて感じた。勝てなかった要因は、ボールキャリーのところでペナルティをとられて、試合中にそう何度も来ないチャンスを物にすることができなかったこと。試合の入りが良かっただけに、後半はペナルティの数が多く、セットピースも崩れ出してしまい、その部分は特に悔しく思う。次戦に向けては、後半の入りも意識して、前後半通してしっかりと自分たちのラグビーをやりきりたい」

清水麻有 バックスリーダー
「勝てる試合を落としてしまったのでとても悔しい。バックスのミスが多く、あと少しでトライを取れるところで、ノットリリースザボールなどのミスをしてしまい、トライを取りきることができなかった。チームのレベルは以前より上がっていると思うので、次のオーストラリア代表戦では、最後までトライを取りきり、勝ちにこだわりたい」

南早紀 スクラムリーダー
「前半はスクラムで優位に立てて、そこでトライが取れたので良かった。後半は、フォワードでトライが取れる場面で、取りきることができなかったので、次戦以降は少ないチャンスを確実にものにできるように修正したい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月26日、トップリーグの試合後に、神戸でアフターマッチ・トークを開催します。

神戸製鋼コベルコスティーラーズの山下裕史選手がメインゲストです。
神戸・西神オリエンタルホテルからの告知は以下の通り。


淡路ワールドパークONOKORO 協賛
「アフターマッチ・トークライブ@神戸 西神オリエンタルホテル」

先ほどまでハードな試合に出場していた神戸製鋼コベルコスティーラーズの選手をゲストに迎え、ラグビージャーナリスト村上晃一さんの進行によるトークライブ&懇親会を開催いたします。試合の興奮が冷め止まないラグビーファンのみなさんと、先ほどまでグラウンドで熱いプレーをしていた選手が交流できると言う、またとないイベントです。ぜひ、みなさんご参加いただき、試合直後の選手と楽しく熱い時間を共有して下さい。

日程:8月26日(土)
時間:20:00〜22:00
※受付開始 19:30〜 4Fロビーにて
場所:4F 翔雲の間
参加費:4,500円/人
※飲み放題、軽食付
※大人と同行の小学生未満のお子様は無料でご参加いただけます。
M C:ラグビージャーナリスト 村上晃一さん
ゲスト:神戸製鋼コベルコスティーラーズ 山下裕史選手、その他数名
※アクシデント等により、山下裕史選手が参加出来ない場合があります。ご了承下さい。
参加方法:メールまたはお電話でのお申込みになります。
●メールでのお申込み
お名前、連絡先(電話番号)、参加人数を下記メールアドレスにお送りください。
メールアドレス info@seishin-oh.co.jp
●電話でのお申込み
電話番号 078-992-8111(ホテル代表)

http://www.seishin-oh.co.jp/dev/banquet_conference/plan/201708_talklive/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月9日、1991年の第1回大会から8回目となる女子ラグビーワールドカップが開幕した。日本代表(サクラフィスティーン)は、日本時間の8月10日、午前3時45分よりフランス代表と対戦し、14-72で敗れた。

フランス代表は、2016年の女子シックスネーションズで優勝し、今年もイングランド、アイルランドには僅差で敗れたものの3勝2敗で3位と、女子15人制では安定した力を誇っている。日本代表に対しては、試合開始のキックオフで日本のバックス陣が待ち受ける位置に蹴り込み、そこにサイズのあるFWを走り込ませて先制トライを奪うなど試合巧者ぶりを発揮。日本も、17歳のSH津久井を軸に素早くボールを動かし、前半25分、PKからの速攻でNO8マテイトンガ・ボギドゥラウマイナダヴェ(愛称ライテ)がトライ。体格の劣勢をものともせず、粘り強くタックルを繰り返したが、パワーでチーム随一のライテが負傷退場。後半終盤には、再三好タックルを見せていたCTB冨田真紀子がハイタックルでレッドカードを受けてしまう。意図的なものには見えず、素早く間合いを詰めるタックルだったのだが、相手が少し低くなったこともあって、腕が相手のアゴに入ってしまうものだった。

体格差は分かっていたことだが、15人制の経験値の違いを感じる試合内容ではあった。最後は、14人になってしまったが、途中出場のSH野田夢乃が2トライ目を挙げ、意地は見せた。先発SHの津久井は素早いパスワークだけではなく、152㎝、53㎏という感じさせないタックルの強さも見せ、能力の高さを示した。日本が所属するプールCのもう1試合は、地元アイルランドがオーストラリアに19-17で競り勝っている。日本は現地時間13日にアイルランドと対戦する。

◎対女子フランス代表戦 試合後コメント
■有水剛志ヘッドコーチ
「フランス代表戦に持っていきたい状態までチーム力を高めることはできたが、課題にしていた最初の20分間でそれを出せる状態まで持っていくことができなかった。ワールドカップ本番では、80分間、"ギリギリ"の部分を出し続けられないと勝負にならない。
次戦に向けてはもう一度リセットして、これまでやってきたフェーズアタック、チームディフェンス、セットピースを、"ギリギリ"の場面で出せるようにしていきたい」
■齊藤聖奈キャプテン
「試合の入りにこだわってきたが、最初のキックオフで自分たちの予想していなかった方向に蹴られた事に対処できず、相手のトライにつながってしまった。フランス代表は一人ひとりのスピードが速くて、自分たちが強みにしているセットピースのスクラムも上手く組むことができず、チームディフェンスも切り裂かれてしまった。みんな初めて(出場する)ラグビーワールドカップで良い緊張感を持っていると言っていたが、それなりに緊張していたと思う。フランスはワールドカップの常連国で、そこに経験値の差が出た。ただ、フランス代表から2トライ獲れたことは自信になったので、中3日で良い準備と修正を行い、次戦に臨みたい」
■野田夢乃
「ディフェンスの寄りの速さなど課題を見つけられたことは収穫になった。アタックについてはハイテンポで攻めれば通用するという手応えがあったので、あとはそれを継続することができれば、格上のチーム相手にも通用すると感じた。トライを獲れたのはフォワードが前に行き、スペースを作ってくれたお陰。初戦の収穫を活かして、次のアイルランド代表戦では勝ちにいきたい」
■津久井萌
「フランス代表は想像以上にスピードが速く、自分がカバーに回らなければいけない場面で追いつくことができなかった。ただ、こちらも早く球出しをすれば相手も追いつかないことがあったので、次戦は強みを活かして勝ちたい」
■江渕まこと
「前半は最初にトライを獲られてしまったものの、その後、タックルも前に入ることができ、勝つ気持ちでプレーできたと思うが、後半で崩れてしまい、精神的にも少しやられてしまった。試合の流れが変わる局面でも強気でいかないと、同プールのアイルランド代表、オーストラリア代表には勝てない。タックルについては、マークした相手に狙って入っていくことができた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



J SPORTS オンデマンド

J SPORTS

プロフィール

プロフィール写真【村上晃一】
京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。1986年度西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。ラグビーマガジン、ナンバー(文藝春秋)などにラグビーについて寄稿。J SPORTSのラグビー解説も98年より継続中。1999年から2015年の5回のラグビーワールドカップで現地よりコメンテーターを務めた。著書に「ラグビー愛好日記トークライブ集」(ベースボール・マガジン社)3巻、「仲間を信じて」(岩波ジュニア新書)、「空飛ぶウイング」(洋泉社)などがある。

このブログのRSSを購読する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近のエントリー


カテゴリー


アーカイブ

カレンダー
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
select month...

お知らせ

当サイトのセキュリティ強化の為、ブログコメント欄を閉鎖する事となりました。
ご不便をおかけして大変申し訳ございません。



視聴方法

視聴方法
J SPORTSは、スカパー!、全国のケーブルテレビなどでご覧頂けます。

詳しい視聴方法はこちら






本サイトで使用している文章・画像等の無断での複製・転載を禁止します。
Copyright© 2003 - 2017 J SPORTS Corporation All Rights Reserved. No reproduction or republication without written permission.