またひとつ、ダルビッシュ有に関する明るい話題が入ってきた。先週はオープン戦で好投した後、「キャリアで最高の状態にある」と述べたダルビッシュ。

現地8日はピオリアで行われたマリナーズとのオープン戦ではなく、カブスのキャンプ地で行われたマイナーリーグのチームとの練習試合に登板し、4回を投げて被安打1、与四球1、3奪三振と、上々のパフォーマンスを見せた。

『MLB.com』は同日付で掲載した“新生ユウ”と題した記事の中で、「速球は鋭く、制球できていた。スライダーも良かった。今日はとても良かったね」という降板後のダルビッシュのコメントを伝えつつ、彼のユーモアセンスについて言及した。以下、同記事の抜粋である。

「アメリカメディアに対するインタビューを英語でこなしている彼は、現在の自身の状態の良さを表現しているだけでなく、メディアにとっては記事のコピーにお誂え向きな、お宝とも言える気の効いた言い回しを織り交ぜているのである」。

「すなわち、ウィットに重点を置いているのである」。

リグレー・フィールドの熱狂的なファンの前でのバウンスバックを期すにあたり、「もう“ブー!”(ブーイング)は聞きたくない。“ユー”と言って欲しいね」と答えた。

かと思うと、グローブ・ライト・パークでのシーズン開幕シリーズで古巣レンジャーズの元チームメイトたち対戦することについて、「2人当てたい奴がいる。(ジョーイ)ギャロと(ルーグネット)オドーアだ」と述べたりする。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ