アーセナルはレンヌとのヨーロッパリーグ・ラウンド16第一戦(アウェー)で1−3の敗北を喫し、中二日で本拠エミレーツにマンチェスター・ユナイテッドを迎える。

流れが悪い──。

レンヌとの一戦はソクラティス・パパスタスプーロスが軽率なプレーで退場になったり、終了2分前に痛すぎる3失点目を喫したり、すべてがチグハグだった。GKペトル・ツェフの好守がなければ、あと1〜2点は奪われていたかもしれず、ベスト8進出に向けて暗雲が立ち込めたことは間違いない。

このタイミングでユナイテッド戦だ。オレ・グンナー・スールシャール監督就任以降、公式戦は14勝2分1敗。現地時間の6日に行われたパリ・サンジェルマンとのチャンピオンズリーグ・ラウンド16第二戦(アウェー)でも3−1の勝利を収め、0−2で敗れたホームの借りを返している。

しかも、マーカス・ラシュフォードが後半の追加タイムに貴重なPKを決め、プレミアリーグ29節のサウサンプトン戦ではロメル・ルカクが89分に決勝ゴール。土壇場でドラマを起こす、かつての強さが戻ってきた。負傷者の続出によって戦力は限られているものの、精神的な充実はサー・アレックス・ファーガソンが率いていた当時のユナイテッドを彷彿とさせる。エミレーツにも意気揚々と乗り込んでくるに違いない。アーセナルにとって、この上ない強敵だ。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ