今シーズン開幕前、比江島慎がシーホース三河を退団する事は大きな驚きを与えた。その後、栃木ブレックスへの加入意思を表明後、豪NBLのBrisbane Bulletsへ挑戦をする。

結果として、出場機会には恵まれず、比江島は契約期間の途中で帰国の道を選び、栃木ブレックスへと正式に加入し、現在に至る。慣れ親しんだチームや日本を離れ、新しい環境に挑戦をした一連の意思決定の背景には、さらなる成長を希求する思いが作用したようだ。

結果、その真価はワールドカップ予選でも発揮された。特に、アウェーの大一番、イラン戦では24得点、6アシスト、eFG%で76%を記録。圧巻のパフォーマンスでチームを勝利に導いた。また、結果として、アジア予選の全試合を通じたFG%ではランキング1位に輝く。アジア屈指のプレーメーカーである事を印象付けた。

今節に対戦するシーホース三河にとっても、比江島への対策はゲームの命運を左右する大事な要素の一つ。#4ジェフ・ギブス、#22ライアン・ロシターら献身的でオフェンスのオプションが多い両外国籍選手、及び、#10竹内公輔とを絡めたピック&ロールは的を絞りにくいが、少しでも確立を下げたいところ。在籍選手の得手不得手を活かし、チームとしての最適解を徹底的に遂行する事は、三河が伝統的に得意としているスタイルでもある。三河・鈴木貴美一HC、コーチ陣の対策、それを遂行する選手が誰になるかに注目したい。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

バスケットボールパック発売中

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ