敗れた立川・府中アスレティックFCの谷本俊介監督が言葉を絞り出した。

「残酷な結果になってしまった」と。

日本のフットサルのトップリーグ、Fリーグのプレーオフ準決勝第1戦。リーグ戦3位の立川・府中は、2位のシュライカー大阪になんと4対11という大敗を喫したのである。

12チームで争われるFリーグ・ディビジョン1。3回戦総当たりで各チーム33試合を終了して、早々とリーグ戦1位を決めたのが“絶対王者”の名古屋オーシャンズでなんと28勝5引き分け無敗(勝点89)という圧倒的な成績だった。そして、2位に付けたのがシュライカー大阪で勝点は66。そして、3位の立川・府中は勝点65という大接戦だったのだ。その2位大阪と3位立川・府中がプレーオフ準決勝を戦い、勝者が決勝で名古屋に挑戦して2018−19シーズンのFリーグの王者を決める。

僅差の2位と3位のチームの対戦である。当然、大接戦が予想された。しかも、2試合制で行われる準決勝なのでファーストレグは両チームとも慎重に戦うはず。ロースコア・ゲームになるのだろうと僕は思っていた。

それが、11対4とは!

お知らせ

【フットサル Fリーグ 18/19】
J SPORTSでは、セントラル開催・6クラブ共同開催などの18/19シーズンFリーグを放送&J SPORTSオンデマンドでも配信!
詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ