BATEボリソフとのヨーロッパリーグ・ラウンド32第一レグでも、メスト・エジルはベラルーシに帯同されなかった。アーセナルを率いるウナイ・エメリ監督は、「風邪が治ったばかりなので」と欠場の理由を語ったが、トレーニング風景を見るかぎり、動きは軽やかで、表情も明るい。コンディションはよさそうだ。

しかし、フットボール・ダイレクターのラウル・サンジェイが、エジルの起用に難色を示しているという噂もある。エジルの練習態度が悪いとの情報も飛び交いはじめた。ともに発信源は《上の方》だ。

戦力外に等しい扱いだ。エジルをボリゾフ戦に帯同しなかった理由が体調不良だとしても、ある試合で数多くのサイドバックをサブに入れたり、またある試合でジョー・ウィロックやエディ・ヌケティアといった20歳前後の若手を登録したり、エメリの人選は説得力に欠ける。エジルの課題としてプレー強度を挙げているが、攻撃が手詰まりになったとき、サイドバックが解決してくれただろうか。ウィロックやヌケティアが期待に応えただろうか。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ