25節終了時点で9位は微妙だ。完全に出遅れた5位マンチェスター・ユナイテッドとも15ポイントもの開きがある。ビッグ6との対戦でも1分(チェルシー戦)5敗。トッテナム戦の2−6が響き、得点4・失点14という惨憺たる有り様だ。

今シーズンのエヴァートンは期待を裏切っている。ビッグ6に次ぐ選手層を有しながら、優勝争いをかきまわすでもなく、降格圏に落ち込むこともない。ヨーロッパリーグの出場権獲得も難しくなりつつあるいま、どのようにすればモチベーションを維持できるのだろうか。

また、トランスファーリクエストが拒否され、パリ・サンジェルマン移籍の道が絶たれたイドリサ・ゲイエは上層部に不信感を抱いているという。彼の心、エヴァートンにあらず──。ゲイエを欠いた前節のウォルバーハンプトン戦は攻守のバランスが崩れ、ホームにもかかわらず1−3の敗北を喫した。ミッドウィークのマンチェスター・シティ戦で中盤の要を欠いたとしたら、大量失点も覚悟しなければならない。ゲイエのメンタルは整っているのだろうか。GKジョーダン・ピックフォードは凡ミスも少なくない。CBはだれが出てきても単調だ。今シーズンはセットプレーの対応が杜撰で、カップ戦も含めると11回もゴールを許している。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ