第23節、ホームの名古屋ダイヤモンドドルフィンズが富山グラウジーズを迎えて戦う。

名古屋は、20勝16敗で西地区2位。開幕より好調を維持するが、ここ数節が勝負所と言って良いだろう。怪我人の影響もあってか、首位を独走していた琉球ゴールデンキングスの勝ち星のペースが落ちている為だ。新加入の#5ヒルトン・アームストロング も前節では18得点14リバウンドと期待通りの働き。ディフェンスリバウンドで計算できることが大きな強み、琉球との4差を詰め、3位京都の突き上げを凌ぎ、上位戦線を勝ち上がりたい。

富山グラウジーズは、5連敗と苦しんでいる。ここ数試合、5連敗と大いに苦しみ、同地区の新潟アルビレックス、川崎ブレイブサンダースら上位グループとは拡がり、シーホース三河の猛追を許し、ついに順位も入れ替わる事態に。これ以上の負けは許されない状況だ。

とはいえ、富山が今シーズンにステップアップを遂げた注目チームである事は間違いない。昨季、入れ替え戦で薄氷を踏むような勝利から、#11宇都直輝、#24大塚裕土、#9水戸健史と昨季からの日本人選手主力を軸に、#7阿部友和、#34ジョシュア・スミス、#0レオ・ライオンズが加入。束ねるのは、ドイツ、日本の男女トップリーグで実績も豊富なドナルド・ベック氏。#34スミスの圧倒的なパワーを活かした戦術で開幕から好調で白星を重ねた。オフコートでも、日本代表戦、B.LEAGUE ALL−STARと、バスケットボールのイベントが続き、大きな盛り上がりを見せているだけに、地区2位以上、CS出場へ向けて勝ち星を掴み取りたい。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

バスケットボールパック発売中

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ