現地時間22日、2019年の全米野球記者協会(BBWAA)選出の野球殿堂入り投票結果が発表された。マリアーノ・リベラが史上初の満票での殿堂入りとなったのはご存知の通りだ。他にも、今回が資格最終年だったエドガー・マルティネス、リベラ同様に初年度のロイ・ハラディ、6年目のマイク・ムッシーナがクーパーズタウンへの切符を手にした。

基本的には全てが順当だったと言えなくもないが、ここではハラディの選出に関し私見を述べたい。彼は、一昨年11月に飛行機事故で死去している。彼が殿堂入りしたこと自体には異論はない。しかし、引退後5年を経た資格初年度に選出されるのは特別なことだ。そこまでの選手であったかどうかは大いに疑問が残る。誤解を恐れずに述べるなら、非業の死に対する同情票効果の印象は拭えない。

ハラディの通算勝利数は203だ。「殿堂入りのパスポートは投手なら300勝」と言われた一昔前なら、これで足切りだったろう。しかし、今は価値観が多様化している。彼の場合は、通算勝利のような積み上げた記録だけでなく、2度のサイ・ヤング受賞、8度の球宴選出、完全試合、ポストシーズンでのノーヒッターなどその球歴に特筆すべきハイライトが多い。また、新しい価値観からの観点では、WARは64.3とこの点でも殿堂入りの資格は十分にあると言って良いだろう。

お知らせ

プロ野球開幕を待ちきれない野球ファンに春季キャンプ情報を一早くお届け!春季キャンプ初日2月1日(金)は午前9時30分から放送時間を拡大し、連日午前11時から3時間以上生中継。



J SPORTSオンデマンドでの視聴はこちらから

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ