メジャーリーグはかくもビジネス的で、分かり易い。

クリスマス直前になって、レッズとドジャースとの間で計7選手が移籍する大きなトレードが成立した。

レッズ:ヤシエル・プイーグとマット・ケンプ両外野手、左腕アレックス・ウッド投手、カイル・ファーマー捕手/内野手(マイナー)+700万ドル

ドジャース:ホーマー・ベイリー投手、ジーター・ダウンズとジョサイア・グレイ両投手(マイナー)

各種SNSの反応を見る限り、ドジャース・ファンの中には、この取引に疑問を呈す人もいたようだ。

ベイリーはノーヒッターを2度達成しながらも、その後は故障や不調に苦しんでいる投手であり、それは今季の成績にも反映されている(20試合で1勝14敗、防御率6.09)。

そんな投手の交換要員として今年のポストシーズンで活躍した強打者で、愛嬌ある仕草でファンから愛されている人気者のプイーグやケンプ、ウッドの三人を一気に放出するなんて! と思って当然だろう。

お知らせ

\J SPORTSオンデマンドで!/
ガンバレ日本プロ野球!? リターンズ 18/19を先行配信! NPBプロ野球12球団ジュニアトーナメントも先行LIVE配信!


●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。

≫詳しくはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ