昌平高校 No.7 石垣優衣選手

昌平高校 No.7 石垣優衣選手

強い相手を自分の手で破りたかった。小さなエースは、意地を張っていた。ウインターカップ2018第71回全国高校バスケットボール選手権大会は24日に第2日を行い、女子の昌平(埼玉)は68-72で長崎女子(長崎)に敗れた。最終ピリオドだけで12点差から1点差に追い上げたが、最後は届かなかった。加藤祐介監督は「追いつくまでに時間がかかり過ぎた。その前の時間に少し焦ってミスが出てしまったのが、もったいなかった」と悔しがった。

苦戦の要因は、まず177センチの長身を誇る長崎女子のエース大村早和(3年)を止められなかったことだ。大村のパワフルなアタックに守備網を破られ、リバウンドも取られた。平均身長の低い昌平は、彼女を止められなかった。攻撃も対策に苦しんだ。相手のベンチからは「7番(石垣優衣・3年)と9番(菅野奈月・3年)だ」と声が飛び、得点源となる2人を厳しくマークをされた。

その中で、闘志を燃やしていたのが、石垣だった。相手ベンチ側のコートでボールを持つと「ドライブしかないよ」という声が聞こえて来たが、エースが引くわけにはいかない。石垣は何度もトライした。試合中に左足首を痛めたが、しばらくするとコートに戻って、再びドライブ勝負を挑み続けた。

お知らせ

Bリーグ見るならスカパー !のBリーグセット

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ