先日、2019年の全米野球記者協会(BBWAA)選出の野球殿堂入り候補者35人(前回からの継続15人、新規ノミネート20人)が発表された。投票結果は12月31日に締め切られ、その結果は1月22日に公表される。選出された者は、7月21日のニューヨーク州クーパーズタウンでの記念式典に招かれる。今回の投票の見どころは多数あるが、その中でいくつかピックアップしてみよう。

まず、BBWAA経由での殿堂入り投票にの仕組みついて解説したい。対象はメジャーに10年以上在籍し引退後5年を経過した元選手で、BBWAAの6人のメンバーによるスクリーニング委員会で2名以上の委員からの推薦があれば新規にノミネートされる。投票はBBWAAに10年以上在籍の記者による10名連記式で、75%以上の記者からの票を得ると殿堂入りとなる。(他には、BBWAA経由での資格を失った選手や、監督、審判、経営者などを対象とする「Eras Committee 歴史委員会」による選出がある)。

「10年在籍」は1試合でも出場したシーズンは「1年」となり、マイナーリーグやNPBなどの外国リーグでの出場はカウントされない。「引退後5年」においても定義は同様だ。資格を保持できるのはかつては最長15年だったが、2014年から10年に短縮された(ただし、その時点ですでに10年以上が経過していた候補者には引き続き15年が適用された)。また、途中で得票率が5%を下回ると翌年以降の資格を喪失する。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ