フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!

今回のゲストは、2017年全日本選手権2位、2018年四大陸選手権10位、グランプリシリーズNHK杯8位、グランプリシリーズロステレコム杯8位の、アイスダンス 小松原美里&ティム・コレト選手が登場!

KENJIとの関係性

小松原:シングルの時に振り付けしていただいたことがあって、今はアイスダンスで(KENJIの)元パートナーの有川(梨絵)先生に教えていただいています。

コレト:初めて会ったのは2年前かな。いつもフレンドリーで温かく迎えてくれます。僕も長年シングルの世界にいたから、アイスダンスへの転向は彼の影響を受けています。

小松原:(KENJIの印象は)「おしゃれだな〜」って思いますし、いつもすごくアーティスティックで格好いいって思っています。

コレト:クールだと思いました。彼のファッションが好きです。格好いいと思いました。

小松原:(KENJIには)アイスダンスの振り付けをしてみたいか訊きたいですね。

コレト:僕はいつも海外で練習する人の話を聞くのが楽しみです。フランスで練習したことがないので、有川先生と練習した時の話を聞いてみたいです。

ティムは日本語がわかる!?

——ようこそおいでくださいまして、ありがとうございます。いやほんま、美男美女やんね。今日の2人のファッションは、2人で決めたの?

小松原:そうですね。これ(コレト選手が着ている花柄のシャツ)とかは、一緒に買いに行ったり。

——ZARA?

小松原:そう(笑)。

コレト:ZARAだと思う。

——これ(小松原選手の服)は?

小松原:スカートがZARAです。

——ZARAなんや。2人で決めて?私服もこんな感じ?

小松原:今日はちょっとドレスアップした感じで。

——あ、そうなんや。普段はどんな格好してるの?

小松原:もうちょっとカジュアル?

コレト:うん。

——めっちゃ日本語しゃべれるやん!

コレト:ちょっとゆっくりお願いしま〜す(笑)。

——ゆっくりなら全然大丈夫なの?

コレト:大丈夫。

お知らせ

12月に町田樹のエピソードを放送!オンデマンド配信も!

【町田樹 前編】12月11日(火)午後10:00 -
【町田樹 後編】12月18日(火)午後10:00 -

フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋
フィギュアスケートを”文化”にまで昇華したいと真摯に語る町田さんは、宮本さんからの「フィギュアスケーターにとって最も必要な素質は?」という質問に対して、「技術を磨き続けることのできる職人気質、あくなき探求心とともに、表現力を磨くための知的感性、そして一発勝負に臨む勝負師としての心構え」と答え、宮本さんと熱いフィギュアスケート論を交わします。

詳しくはこちら
スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ