これが元F1王者の実力! 山本尚貴とともにジェンソン・バトンがチャンピオンに輝く

ついに迎えたSUPER GTの最終戦。ツインリンクもてぎが舞台のレースには、誰が勝つかもさることながら、激戦に激戦を重ねたタイトルの行方も注目された。GT500はRAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組に、KeePer TOM’S LC500の平川亮/ニック・キャシディ組が同ポイントで並べば、GT300はARTA BMW M6 GT3がライバルに12ポイント差という対照的な状況となっていた。さぁ、運命の扉はどう開かれるのか?

ARTA NSX-GTが2戦連続、今季3度目のポールポジションを奪う

4月に始まったシリーズも、早いものであっという間に最終戦をツインリンクもてぎで迎えることになった。まずは予選から。レースウィークのスタートとなった公式練習こそ、始まりはウェットコンディションだったものの、すでに雨はやんでいたことから、やがて全車がドライタイヤで走れるように。予選は完全にドライコンディションとなっていた。

GT500のQ1はRAYBRIG NSX-GTのバトンがトップで、2番手がEpson Modulo NSX-GTの松浦孝亮、そしてARTA NSX-GTの伊沢拓也という順。続くQ2はトップ6がレコードタイム更新という、まさにレコードラッシュといった状況の中、ポールポジションを獲得したのはARTA NSX-GTの野尻智紀で、2戦連続となった。

「朝の公式練習では、それほどフィーリングは良くなくて、予選に向けて不安もなかったわけではなかったんですが、チームがしっかり修正してくれて、特に僕の走りにマッチしたセットにしてくれたおかげで、この結果が残せたんだと思います。今はすごくいい方向であるので、最後のレースをいい形で締めたいと思います」と野尻。 2番手につけたのは、何としてもJBと一緒にタイトルを獲りたい」と語るRAYBRIG NSX-GTの山本。バトンは「いろんなことがあるだろうし、タフなレースになるのは間違いない。でも、ナオキと一緒に栄光をつかみ取りたいね!」と語っていた。3番手はEpson Modulo NSX-GTのベルトラン・バゲットが獲得。一方、KeePer TOM’S LC500の平川は6番手。ちなみに、ARTA NSX-GTの優勝を許そうとも、RAYBRIG NSX-GTはポジションをキープすれば、チャンピオンを獲得できるが、そこにどうKeePer TOM’S LC500が迫ってくるか注目された。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ