GT500は4チームに、GT300は6チームに、絞られたチャンピオン候補

GT500

SUPER GTは早いもので、もう最終戦を迎えることとなった。舞台はツインリンクもてぎで、レース距離は通常より短い250km。そして何よりこのレースのポイントは、ノーハンデの戦いとなることだ(全戦出場の車両に限り)。結果を残せば残すほどに積み重ねられていく足かせ、いや名誉の勲章から解放されて、本来の実力で戦い合うことができるのである。

そして、もうひとつの焦点がタイトル争いだ。GT500は4チームが候補ながら、うち2チームが同ポイントで並ぶという前代未聞の状態となっている。そしてGT300は6チームが候補。いずれもトップの持つマージンは大きいものの、何が起こるか分からないのが勝負の世界の常とあって、必ずしもすんなりいくとは限らない。

RAYBRIG NSX-GTとKeePer TOM’S LC500が並んだ!

KeePer TOM’S LC500

前回のオートポリスで優勝をKeePer TOM’S LC500の平川亮/ニック・キャシディ組が、RAYBRIG NSX-GTの山本尚貴/ジェンソン・バトン組に、67ポイントで並び立つこととなった。同ポイントの場合、優勝回数次いで上位入賞回数が優先されるため、実際のトップはRAYBRIG NSX-GTになるのだが、それはさておいて……。

3位はau TOM’S LC500の関口雄飛で12ポイント差、ARTA NSX-GTの野尻智紀/伊沢拓也組が17ポイント差で続いている。事実上は中嶋一貴にも20ポイント差で一応の権利は残されているが、WEC出場のため欠場したレースがあり、なおかつチームメイトは関口。上回ることはできないため、権利は喪失している。

仮にポール・トゥ・ウィンを、au TOM’S LC500に許したとしたら3位以上、ARTA NSX-GTに許したとしても6位以上で、なおかつRAYBRIG NSX-GTとKeePer TOM’S LC500のいずれか、先にゴールした方がチャンピオンとなるわけだ。しかし、そんなにすんなり行くだろうか?

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ