トッテナム vs. マンチェスター・シティ

昨シーズン、トッテナムはマンチェスター・シティにダブルを喫した。アウェーで1−4、ホームでも1−3。叩きのめされた、と表現して差し支えないだろう。さらにトッテナムは、ダニー・ローズとヤン・フェルトンゲンが負傷のために出場できない。ローテーションが難しくなりつつある。ハムストリングを痛めているデレ・アリも、復帰のめどはたっていない。試合終了間際の87分に失点し、グループシテージ突破に黄信号が灯ったPSVアイントホーフェン戦(チャンピオンズリーグ第3節)のダメージも小さくはないはずだ。マイナス材料がやけに目立つ。

一方、シティは好調だ。10節終了時点で26ゴール。昨シーズンの35ゴールを下まわっているとはいえ、1試合平均2・6というハイペースである(ちなみにマンチェスター・ユナイテッドは1・5)。この調子を維持できれば、今シーズンも100ゴールは十分に可能だろう。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ