◆アメリカンリーグ チャンピオンシップ第1戦
10月14日(日)午前9:00 レッドソックス vs. アストロズ J SPORTS 1

現地13日(土)(日本時間14日)に開幕するア・リーグのチャンピオンシップシリーズは、“順当に”リーグの上位2チームが勝ち上がった。

今季メジャー最多で球団史上最多のシーズン108勝をあげたレッドソックスと、続くメジャー2位の103勝で昨季覇者のアストロズが対戦する。

昨季ワールドチャンピオンのメンバーがほぼ居並ぶアストロズは、ディビジョンシリーズでインディアンスに3連勝して、あっさりと勝ち抜け。

レッドソックスも、第2戦こそヤンキースの田中将大の好投などで1敗を喫するも、ホームで先勝した後はヤンキースタジアムで2連勝(第3戦は16-1の圧勝)。力の差をみせつけての3勝1敗で、リーグチャンピオンシップシリーズ進出を決めた。

宿敵レッドソックスがヤンキースタジアムでシャンパンファイトを行った夜、SNSには多くのヤンキースファンが、アーロン・ブーン監督に引責辞任を求めたり、最も高年俸で打棒が振るわなかったジャンカルロ・スタントンを責めたりする声で溢れた。

アストロズとレッドソックスは、昨年のポストシーズンでも対戦。その時はディビジョンシリーズで、アストロズがレッドソックスを3勝1敗で下している。

今回のリーグチャンピオンシップも、昨季の実績からもアストロズ有利の声が多い。アストロズが連覇へとコマを進めるのか、レッドソックスが雪辱の勝利となるのか。

◆攻撃の多彩さがウリのレッドソックス。カギはプレーオフが苦手のプライス?

ヤンキースを下したレッドソックスの強さの要因の一つは、オフェンスの総合力にある。メジャートップのチーム本塁打数(267本)を誇るヤンキースが、その一発攻勢に頼ったのとは対照的に、レッドソックスは多彩な攻撃で得点を重ねた。

レギュラーシーズンも、チーム本塁打数こそリーグ6位(208本)だが、チームの打率、打点、得点でいずれもメジャートップ。

ここぞの場面での盗塁(メジャー3位)も見せ、80.1%の成功率(156企図して125盗塁)を誇る。先のヤンキースとのディビジョンシリーズでは、5盗塁してすべて成功。

また、球団資料によると、10選手が1打点以上をあげているだけでなく、12選手がヒットを1本以上放ち、11選手が複数安打を記録。どこからでも、ヒットが出て、得点につなげている。

懸念が残るのはディフェンス面で、なかでも第2戦に先発するデイビッド・プライスの起用が吉と出るか、凶とでるかに注目が集まっている。

サイ・ヤング投手で今季16勝とチームを牽引したプライスだが、プレーオフでは活躍できておらず、これまで先発した試合は0勝9敗。先のヤンキース戦でも、田中と投げ合って、2回を持たずして降板している。

ただし、今季もヤンキース戦は苦手にしたが、アストロズ戦では好投した。2016年以降で見ても、レギュラーシーズンで3勝無敗、防御率2.43と得意にしている。

昨季はアストロズでベンチコーチだったアレックス・コーラ監督も、昨季プレーオフでのプライスが「アストロズ戦で好投していた」と、マウンドを託すことにゆるぎはない(MLB公式より)。プライスは、監督の信頼に応えることができるだろうか。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ