MLBポストシーズンたけなわだが、ここで取り上げるのはその初っ端のワイルドカードゲームでヤンキースに敗れ去ったアスレチックスだ。

昨季まで3年連続ア・リーグ西地区最下位のA’sは、今季開幕時の年俸総額が30球団中最低で、開幕後も6月15日時点では借金2で地区4位に低迷していた。しかし、そこから快進撃が始まり、最終的には前年から22勝増しの97勝。見事にワイルドカード2位の座を確保した。今季最大のシンデレラチームといえよう。また、その過程でも、先発投手の故障者続出という事態を、ビリー・ビーン副社長やデビッド・フォーストGMは他球団でお払い箱のロートル達を駆使し乗り切った。自慢のデータ分析で投球パターンを変更させるなどの対処で、彼らをそれなりに再生したのだ。人々はこれらを「四球重視」などの新理論で野球観に革命を起こした21世紀初頭の躍進に擬え「マネーボール2」と呼んだ。

しかし、ワイルドカードゲームでは一敗地にまみれた。これでプレーオフは、2000年以降の9度の出場で8度勝ち進みなし、だ。かつては、「マネーボールはポストシーズンでは通用しない」という説がまことしやかに流れた。マネーボールは効率戦術なので、ペナントレースのような長丁場ならともかく、ランダム性が高い一発勝負では成果を発揮し難い、というのだ。しかし、その短期決戦もサンプル数が9回ともなれば、そろそろ結果が出ても良い頃ではないか。

しかし、今回のワイルドカードゲーム単体で考えれば、敗退も致し方なし、とも思える。
何せ、先発投手がリアム・ヘンドリクスだ。彼は6月には一旦戦力外となり、メジャー登録の40人枠から外れている。その後マイナー契約から出直し、何とかメジャー復帰を果たしたが、主力級ではない。アスレチックスは今季レイズなどが採用し注目を集めた「オープナー」(救援投手を先発させ、1イニングのみ投げさせること)として、彼を9月に8度先発で起用した(8先発で計8.2イニングスだ)。それを大事なワイルドカードゲームで踏襲したのだが、いきなりアーロン・ジャッジに特大の一発を浴びてしまった。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ