先週末の全日本F3選手権菅生ラウンドでトムスチームの坪井 翔選手が最終ラウンドの富士を待たずして2018年ドライバーチャンピオンに輝きました。おめでとうございます。

今シーズン2回目の菅生、今回は第15、16、17戦にプラスして順延を繰り返していた第9戦が行われ、本邦初の1イベント4レースが挙行されました。土曜日の予選は早朝8時から行われて、同日に決勝2レース、そして翌日に決勝2レースが行われるというスケジュールでした。チャンピオンを獲得し、4戦ともポールtoフィニッシュした坪井選手が全てのスケジュールを終えて、本音をポロリ。「予選もそうですけれど、決勝前に4回集中して緊張するのには精神的にかなり辛かったです」と。

レースに参加するドライバー、そしてチームスタッフの皆さんも4連戦は大変だったと思います。ご苦労様でした。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ