優勝へのマジックを「2」にしたカープは、9月23日(日)からマツダスタジアムで、4位ベイスターズを迎えての3連戦。

J SPORTS 1では、この試合を完全生中継。また、カープの優勝が決定した当日には、優勝特別番組が、J SPORTSとJ SPORTSオンデマンドで生放送&LIVE配信されます。

球団史上初となるカープの3連覇が目前となり、このベイスターズ3連戦で決まる可能性が濃厚になりました。

早ければ23日の初戦、14時試合開始のドラゴンズ戦でスワローズが負け、18時試合開始のベイスターズ戦でカープが勝利すれば、3年連続9度目となるカープのセ・リーグ優勝が決まります。

カープはこの試合前に、23日の胴上げになるかどうかが分かりますが、気になるドラゴンズvs.スワローズの試合は、J SPORTS 2で生中継されます。

目前に迫った27年ぶりの地元広島での胴上げ、マツダスタジアムでは10年目の節目にして初めてのカープ優勝。マツダスタジアムの駐車場で行われるビールかけ会場では、準備を万端にしてその日を待っています。

ベイスターズ3連戦初戦の予告先発投手は、カープがハーラートップ、15勝のエース大瀬良大地投手。ベイスターズが8月15日以来の先発となる左腕石田健大投手と発表されています。

大瀬良投手は、ベイスターズ戦での前回8月18日先発で、1失点の好投を見せて勝ち投手になっています。ここ2試合は続けての6失点で連敗していますが、地元優勝がかかったカード初戦の先発で、エースとして気概のある投球を見せてくれるはず。期待しましょう。

カープは現在、マツダスタジアムで9連戦、東京ドームで2連戦の計11連戦の真っ只中ですが、前カードのタイガース3連戦は、初戦と2戦目が土砂降りの雨の中で強行され、非常に難しい試合となりました。

特に初戦は、試合開始が1時間9分遅れたほか、2回を終った時点でまた長い中断となり、21時の時点でまだ3回という状況で、試合が終わったのは日付が変わった午前0時3分というまさに死闘。ケガ人が出なかったのが本当に幸いでした。

最悪なグラウンドコンディションの中で強行されたこの試合は4-5で敗戦しましたが、4番鈴木誠也選手が5回裏に2ランホームランを打って、自身初めての30号本塁打に到達。今季のカープでは、現在36本塁打の丸選手に続く2人目の30本塁打の大台です。

23時45分を回った9回表のスタンドはガラガラになり、常に超満員のマツダスタジアムとしては珍しい光景になりました。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ