フィギュアスケート2018−19シーズンに向けて、J SPORTSでおなじみ田村岳斗コーチにインタビュー。4年後の2022年北京オリンピックに向けた最初のシーズン。コーチとしての意気込みやルール改正のポイントや盒饗臺總手の競技復活までお伺いしました。


Q いよいよ2018−19シーズンが始まります。今シーズンは、オリンピック後1年目のシーズンとなりますが、4年後も見据えた上で、コーチとしてどのような気持ちで臨みますか?

オリンピックは目標の一つですが、そこだけを見ているわけではありません。選手は試合ごとに戦いがあり、出る試合ひとつひとつをしっかりと戦っていくのみです。

選手たちは近畿ブロック、中四国九州ブロック、西日本、全日本ノービス、全日本ジュニア、全日本選手権といった大会を目指していますし、代表レベルの選手なら、世界選手権や世界ジュニア、四大陸選手権、グランプリシリーズ、グランプリファイナル、チャレンジシリーズもあります。日本のフィギュアスケートのレベルは高いので、ちょっとでも気を抜いたら順位があっという間に下がります。

代表になるどころか、各カテゴリーの全日本まで進むだけでも大変です。4年間あるからといって、気を抜くことはできません。


Q 今シーズンからルールが変更になりました。多くの変更点がありましたが、どんな印象を持ちましたか?

大きな変更点としては、男子のフリーの演技時間が4分30秒から30秒短くなって4分になったことと、8つのジャンプが1つ減って7つになったことです。選手が楽になると普通なら考えるかもしれませんが、僕は逆にきつくなるのかなという印象です。ジャンプが1本減ったら、結局削るジャンプはいちばん得点の低い簡単なジャンプになると思います。これまでの1/8が1/7になった分、失敗してはいけないというプレッシャーも増えるでしょう。ジャンプ1本跳ぶのに30秒もかからないので、つなぎの部分で体力を回復する時間も減るうえに、プログラムはより高いクオリティを求められることになると思います。密度の高いプログラムを観られますが、選手はかなり大変です。

また、一つのエレメンツの出来栄え評価(GOE)の加点減点がこれまでプラス・マイナス3の7段階評価だったのが、プラス·マイナス5の11段階になりました。7段階のときだとプラス3が並ぶとすごいという感覚でしたが、今シーズンはその感覚を捨て、意識を切り替えて評価の内容を見ていかなければいけません。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ