フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!

今シーズン最初のゲストは、昨シーズン、大きなけがを乗り越えて復帰した山本草太選手が登場!今回のエピソード2でも、前回に続き山本選手の素顔が明らかに。大ケガの記憶についても語ってくれています。

番組からの質問コーナー!!(続き)

山本:「生まれ変わったら、なってみたい職業は?」ずっと思っているのは、まだなっていないから言えることですけど、スケートの先生にはなりたいなって。ぱって出てくるのはそのくらいです。

——そうなの?でも、他のスポーツとかさ、何かない?

山本:野球は、下手ですけど遊びとかでするのは好きなので、そういうのもいいかなって。

——野球選手?そうなんや。じゃ、次

山本:「10年後は何をしていると思う?」10年後って何歳や?28?うーん、スケート好きだし、負担がない限り続けたいなって思っているので。23歳より上の歳の方も続けていたりするから、僕もそのぐらいの歳でもできるならやりたいなあって、今は思っています。

——現役で?

山本: そうですね、選手として。今のところですけどね。

——でも素晴らしいね。28歳まで、いやもっと30歳ぐらいまでやりたい、みたいな?

山本:まあできたら。

——すごいね、選手を続けたいんやね。素晴らしいと思うよ

山本:「一日だけ入れ替わってみたい有名人は?」うーん、あんまりテレビとかは見ないので。まあなんか、忙しそうな有名人にはなりたいなと思いますけど。

——え?誰?忙しそうな有名人?有名人やからみんな忙しいよね(笑)

山本:そうですね(笑)。ぱっと出てきたのは、大谷翔平さんとか。有名人ですよね?

——そうでしょうね(笑)。投げてみたい?

山本:最近特に注目されてるじゃないですか。海外に行ったりとか。

——入れ替わって何すんの?

山本: みなさんに「かっこいい」って言われているので、そんなかっこいい人になってみたいって思って(笑)。

——もてたいんや!

山本:いや、違います(笑)。もてたいというか、うーん。

——かっこええやん、自分も

山本:ええ〜?いえいえ全然、KENJI先生のほうがかっこいいです。

——じゃ、次、はい(笑)

お知らせ

9月4日(火)から、2014年11月に放送したエピソードにプラスして先日の現役復帰会見の模様を加えた 「〜特別編〜 盒饗臺總手エピソード1〜4 」を再放送します。
4年前ソチシーズンを終えて“人生で初めて進路に迷ってる”と本音を語った盒饗臺紊函4年の歳月を経て競技会復帰の決意を語った盒饗臺紂宗宗N松賁未箸發房身の想いを率直な言葉で存分に語ります。

放送予定はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ