フィギュアスケートファンの“もっと選手の素顔を知りたい!”という熱い想いに応えるべくスタートした、「フィギュアスケーターのオアシス♪ KENJIの部屋」2018/2019シーズン!日本選手はもちろん、海外選手のプログラムも多数手掛ける振付師・宮本賢二さん(KENJI)が、ゲストを迎えて、楽しく、真剣にトークを繰り広げます!

今シーズン最初のゲストは、昨シーズン、大きなけがを乗り越えて復帰した山本草太選手が登場!番組からの質問コーナーでは、山本選手の素敵な人となりが伝わる回答が連発です!「透明人間になったら何をする?」

ケガから復帰した昨シーズンを振り返って

——草太くんの私服見るの、俺初めてよね、たぶん。さわやか極まりないな(笑)

山本:ほんとですか?ま、色だけ(笑)。

——今回のゲストは山本草太選手です。去年すごいいろんなことがあって大変やったね

山本:そうですね。

——二回骨折して、三回手術したの?そんなにしたんか。すごいな

山本:はい、すごいですね(笑)。

——で、昨シーズンに復帰。復帰戦は中部選手権が最初やったの?そのときはどうやった?

山本:いや〜、全然練習もできてなくて、気持ちもまだあんまりよくなくて。ジャンプがシングルジャンプで、もうほんとに出るのが恥ずかしいって思って。出たくなかったんですけど、そのときは。

——そうなんや

山本:周りの人に「出たほうがいいの?」とかすごい聞いて(笑)、まあ何とか出れたっていうか。そんな感じです。

——でも、ファンとかすごかったでしょ?歓声とかさ

山本:そうですね。ありがたい気持ちでいっぱいでした。

——「わ〜」って言われたとき「ああ俺戻ってきた」とかいう感じはしなかったの?まだちょっと微妙な感じだった?

山本:はい。「ジャンプもシングルだし、これで戻ってきたって言っていいのかな」とか思っていました。

“草太”という名前の由来

——草太くんってさ、名前が結構珍しいよね。草に太いって書いて草太。「草」の漢字使う人少ないよね

山本:確かに、考えてみれば。

——お父さんお母さんは、どういった考えや思いでつけたの?

山本:ひとつだけ聞いたことがあるのは、生まれる前に名前の候補で「そうた」か「りょうた」っていうのがあって。で、生まれてきたときにぱって顔見たら「あ、『そうた』の顔やな」って(笑)。「『りょうた』ではないな」って言ってたんですけど。

——でも、人に覚えられやすいでしょ?気に入ってる?

山本:確かに珍しいんで、結構気に入ってます。

——僕、今日「草ちゃん」って呼んで大丈夫?いつも「草ちゃん」やし

山本:はい(笑)。

お知らせ

9月4日(火)から、2014年11月に放送したエピソードにプラスして先日の現役復帰会見の模様を加えた 「〜特別編〜 盒饗臺總手エピソード1〜4 」を再放送します。
4年前ソチシーズンを終えて“人生で初めて進路に迷ってる”と本音を語った盒饗臺紊函4年の歳月を経て競技会復帰の決意を語った盒饗臺紂宗宗N松賁未箸發房身の想いを率直な言葉で存分に語ります。

放送予定はこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ