甲子園を沸かせた高校球児たちが「侍ジャパン U-18代表」で挑んだ「U18アジア野球選手権大会」。日本は初戦の香港戦で26-0、続くスリランカ戦でも15-0と連勝スタート。

しかし、第3戦の韓国戦で1-3と敗れ、グループAは2位通過。そしてスーパーラウンドでもチャイニーズ・タイペイに1-3と敗れ、連覇の夢はここで絶たれた。

この大会、日本は木製バットと左腕に苦しむ展開となった。1ヶ月前の甲子園までは、芯を少し外しても飛ぶ金属バットを使っていた打者にとって、木製バットへの対応は難しく、凡打となって首をひねる選手も多かった。

また、日本の打線は中川卓也、藤原恭大、根尾昂(ともに大阪桐蔭)、小園海斗(報徳学園)、野尻幸輝(木更津総合)、蛭間拓哉(浦和学院)と中心の6人が左バッター。韓国やチャイニーズ・タイペイの左腕を打ちあぐねたことが敗因の1つとなった。

日本は9月10日(月)、3位までに与えられる「U18ワールドカップ」の出場権を賭け、3位決定戦で中国と「KIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎」で対戦した。

◆侍ジャパン U-18代表 中国戦スタメン
1(遊)小園海斗(報徳学園)
2(二)奈良間大己(常葉大菊川)
3(三)中川卓也(大阪桐蔭)
4(中)藤原恭大(大阪桐蔭)
5(右)根尾昂(大阪桐蔭)
6(一)野尻幸輝(木更津総合)
7(捕)小泉航平(大阪桐蔭)
8(左)蛭間拓哉(浦和学院)
9(指)日置航(日大三)

1回表、中国の攻撃。日本の先発は板川佳矢(横浜)だったが、2本のヒットで1死1・2塁のピンチを迎えると、続く4番にタイムリー2ベースを浴び、先制を許す。

ワールドカップ出場に向け、負けられない日本は、ここで早くも柿木蓮(大阪桐蔭)にスイッチ。柿木は後続を抑え、最少失点でしのいだ。

中国も先発は左腕のサン・ヤンをぶつけてきた。1回裏、日本は1番の小園がフォアボールで出塁すると盗塁に成功。その後、バントのフィルダースチョイスで3塁に進み、ダブルプレーの間に同点に追いついた。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
U-18アジア野球選手権の侍ジャパン戦を配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
★詳しくはこちら
※総合パックでもご視聴いただけます。
★侍ジャパン特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ