スカイブランコ

観覧車にメリーゴーラウンド、今年からはロンドンバスにイーグルブリッジ(地上20mの橋の上で鳴らす「勝利の鐘」と飛び出した「スカイブランコ」)と、スタジアムの“ボールパーク”化を進めてきた楽天イーグルス。

駆け回る子どもから、それを見守るおじいちゃん、おばあちゃんまでが足を運ぶ「楽天生命パーク宮城」には、幅広い世代のファンを楽しませ、多様なニーズに応える工夫が凝らされている。

老若男女が集うスタジアムをぐるりと彩るのは、目移りするほど種類が豊富な飲食店の数々。大ブームのオリジナルクラフトビールから、それにぴったりなご当地グルメや選手プロデュースメニューまで。

今年も一層メニューが充実した楽天生命パークで、その変革を主導してきた、ボールパークエンターテインメント部コンセッショングループのマネージャーを務める門田卓哉さんに話を伺った。

門田卓哉さん

◆オリジナルクラフトビールがびっくりするほど美味しかった件

常々感じているのは、楽天生命パークのグルメは球界ナンバーワンではないかということ。

年々充実していく店舗数と選択肢の多さは目を見張るほど。プロ野球のホームグラウンドとしては、最北の屋外球場だけに暑い日も寒い日も訪れるので、冷たいものから温かいものまで種類は実に豊富だ。シーズンを通じて、食べたいメニューは尽きない。

なかでも最近、私が驚かされたのが、オリジナルクラフトビールの「EAGLES BEER」。東北のブルワリーと共同開発した6種が揃い、どれも個性抜群なのだ。正直、日本のクラフトビールの多くは、北米や欧州のものと比べて、飲みやすいけれどインパクトには欠けると思っていたが、一変した。

EAGLES BEER

そう明かして門田さんに勧められたのが、「ボールパークIPA」。手にした瞬間からホップの強い香りが鼻をくすぐる。飲めば、しっかりとした苦味が利いているのに、鼻孔を抜ける香りはフルーティーで爽やか。インパクト抜群で「クラフトビール好きに人気」というのがよくわかる。

また、「ホワイトエール」は、「ベルジャン系の甘みや香りがすごく出ていて、女性人気が高いですね」と門田さん。淡いゴールドの液体は、軽やかなフルーティーさが、真夏にも合う。

逆に、香ばしさや豊かな味わいが好みの人には、黒褐色の「ダークラガー」、赤褐色のチームカラーが美しい「クリムゾンレッドエール」が良さそう。

さらに、キレと旨味のバランスが抜群の「ゴールデンラガー」、アメリカンホップ3種で作られた香りがうんと豊かな「ゴールデンエール」、どれもその時の気分やツマミに合わせて楽しめる。

なお、6種類とも「アルコール度数は4から高くても6%に押さえてもらっています。野球が見られなくなったら困りますから」と門田さん。安心して(?)おかわりしたい。

ソフトドリンクもオリジナルものがいい。生レモンが入ったレモンスカッシュやレモネード(肌寒い日はホットレモネードで)、炭酸飲料は、球団オリジナルの「イーグルスサイダー」(塩コーラ味、ゴールデンサイダー味)が、暑い日にはたまらない。

お知らせ

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ