ニューカッスルのラファエル・ベニテス監督は、研究熱心なことで知られている──。

前節のチェルシー戦も自陣で5−4−1を形成。ラインの上げ下げ、ボールホルダーへの寄せなど、守備のプランに怠りはなかった。残念ながら1−2で敗れたものの、チェルシーを細部まで研究したベニテスの戦略・戦術は、99%的中したといっていいだろう。ニューカッスルの戦力を踏まえると、ビッグ6との対戦ではディフェンシブにならざるをえない。

週末のマンチェスター・シティ戦(アウェー)も同様だ。いや、チェルシー戦よりも耐える時間が長くなる。一瞬の油断が大きな綻びにつながり、気がつくと大量失点を喫している……。よくあるパターンだ。少なくとも1ポイントを持ち帰るためには、戦略・戦術を徹底しなければならない。

したがってこの一戦のポイントは、ニューカッスルが採用する公算大の5−4−1を、シティがどのようにして攻略するか、である。

ボールを保持する時間が極点に短くなるニューカッスルは、前線のサロモン・ロンドンにボールが渡っても、リスクを冒す確率は低い。運動量豊富なマット・リッチーがフォローするだろうが、基本的には自陣に籠城する。慎重居士のベニテスが、シティにスペースを与えるような愚策を授けるとは思えない。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ