レスターは様変わりしようとしている──。

3シーズン前のリーグ優勝を知る主力は、カスパー・シュマイケル、マルク・オルブライトン、ジェイミー・ヴァーディーの3人だけだ。ウェズ・モーガンはジョニー・エヴァンズに、クリスティアン・フクスはベン・チルウェルにとって代わられつつある。しかも今節のサウサンプトン戦では、頼みのヴァーディーが起用できない。前節のウォルヴァーハンプトン戦で一発レッド。3試合の出場停止処分が下されている。

代わって前線はケレチ・イヘアナチョ……いやいや、岡崎慎司の先発が濃厚だ。ワールドカップ終了後、マッチフィットネスを整えるまでに時間を要したが、クロード・ピュエル監督が「岡崎の起用を明言した」との報道も増えつつある。ヴァーディー不在のいまこそ、岡崎はその価値を証明する絶好のチャンスだ。

さて、ヴァーディーを欠くレスターだが、開幕のマンチェスター・ユナイテッド戦も似たようなシチュエーションだった。マッチフィットネスに一抹の不安があったため、唯一無二のエースはスタメンから外れていたのである。それでもレスターはアドリエン・シウバ、デマライ・グレイ、ジェームズ・マディソンンなどが素早い潰しでユナイテッドに応戦。1−2で敗れはしたものの、試合内容では決して劣っていなかった。ピュエル監督も「受け入れがたい敗北」と語りつつ、ある程度の手ごたえをつかみとっていたようだ。

お知らせ

世界最高峰リーグ イングランド プレミアリーグ!

J SPORTSでは18/19シーズンも注目試合を毎節5試合お届けします。
試合中継から関連番組までJ SPORTSでお楽しみください。


»特集ページはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ