宮田莉朋

デジタルが生活に入り込んで、久しいですよね。 今や、アナログの方が少数派かな…。ボクが仕事を始めた頃は、ラップタイムを表示してくれるモニターなど存在ししなかった。 順位&タイム表示以外にもモータースポーツはデジタル無くして成り立たなくなっています。 デジタルは、便利。だけど非情。

ツインリンクもてぎで先週末に行われた全日本F3選手権、第10、11、12戦。スーパーフォーミュラと同時期開催。サポートイベントとして行われるので、予選は早朝。決勝も最後の第12戦は、最終プログラム。チームやドライバーも大変なのは分かっています。でもね、取材する我々も結構辛い。

今シーズンも、チームトムスの若きドライバーの牙城を誰が崩すかというシリーズ展開がやっと後半戦に入ったところ。

ふっくらとした頬。ちょっと口を尖らせながら、実に言葉を選びながらコメントする19歳、宮田莉朋選手。レーシングカートで多くのチャンピオンを獲得、2015年から4輪レースにも参戦。2016、2017年とFI-F4選手権を連覇。F3は、今年2年目。第6戦富士、第7戦岡山で勝っている。

お知らせ

【【モータースポーツが見放題!】】
J SPORTSオンデマンドなら
アンテナ不要!チューナー不要!

SUPER GT、WRC、スーパーバイク、
世界耐久選手権(WEC)など充実のラインアップ!
PC、スマホ、タブレットでご覧いただけます。

モータースポーツパック:月額1,800円(税抜)
※25歳以下の方は、U25割:月額900円(税抜)

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ