日本男子初の金メダルとなった桃田賢斗

日本男子初の金メダルとなった桃田賢斗

優勝候補筆頭に名が挙がっていたとはいえ、誰がこれほどの完勝劇を予想しただろうか。バドミントンの世界選手権(中国、南京市)は5日に最終日を迎え、男子シングルス決勝は、桃田賢斗(NTT東日本)がストレート(21−11、21−13)で石宇奇(シー・ユーチー、中国)を破り、初優勝を飾った。世界選手権における、日本男子初の金メダルとなった。

信じられない強さだった。石宇奇は、4月の初対戦で敗れた桃田に雪辱しようと、序盤から持ち味の強打を放った。しかし、桃田は冷徹なほど正確なコントロールでネット前に返し続けた。ポイントを積み重ねるにつれて、2万人が収容可能な南京市ユースオリンピック公園アリーナを埋めた中国の大観衆は、桃田のレシーブにため息をつくようになっていった。第1ゲームの折り返しとなる11点目を桃田が取った場面、石宇奇が素晴らしい強打を放ったが返され、いよいよ場内はざわめき始めた。「またか、これもか、どれも決まらないじゃないか」と言いたげな様子だった。桃田は「相手のウインニングショットを取ったことで、相手にプレッシャーがかかったと思う」と戦略通りに進めていた手ごたえを話した。

第1ゲームを11−21で落とした石宇奇は、困惑していた。決め球を返され、ラリーで不利に陥った。相手コート奥に山なりのクリアを打って桃田を遠ざけることで、手前のスペースを狙うような試合展開を見せたが、クリアがコートを外れ、次々に点数を失った。石宇奇は「(強打をすぐに打たず)長いラリーをしても得点できず、チャンスが見つからなかった。(強打の)ショットは悪くなかったが、決まらなかった。桃田選手の方が細かいところまで対応ができていて、ミスが少なかった」と完敗を認めた。12−7と桃田がリードした場面、石宇奇はクロスへのカットで桃田を崩し、返球をクロスへスマッシュ。さすがに、これなら決まるだろうというショットだったが、桃田のレシーブはストレートに飛んで相手コートに落ちた。相手の心を折るような一発だった。最後は、桃田のドライブがネットインで決まり、21−13。相手を寄せ付けない完勝劇だった。

完ぺきな勝利だったが、現地入りしてから腹筋を痛めていたこともあり、見た目より苦しい場面もあったようだ。桃田は「最後の方はきつくて、シャトルを追うのを止めた方が楽だなとか、1点くらい大丈夫かなと思ってしまうところもあったけど、自分を奮い立たせてくれたのが感謝の気持ち。2ゲーム目の20点目を取ったとき、相手がラリーを嫌がってラウンドからのクロススマッシュを打ってアウトにしたと思うけど、そのラリーは、本当にいっぱいいっぱいできつかった」と、付け入る隙を与えないように注意していたことを明かした。2016年4月に違法賭博店の利用が発覚して出場停止処分を受け、その間に感謝の気持ちの大切さを学んだ。気分に左右されず、1点に集中して臨むことで、相手に好機を与えない試合運びができた。

桃田は「以前のレベルに戻って来たというより、以前の自分を超えて進化している最中。もっとレベルアップできる。この優勝に満足せず頑張りたい」と話した。3年ぶりの出場で前回の銅メダルを超えて、世界制覇。恐るべき進化の現状を、全世界が目撃した決勝戦だった。

photo

平野 貴也
1979年生まれ。東京都出身。
スポーツ総合サイト「スポーツナビ」の編集・記者を経て、2009年に独立。サッカーをメーンに各競技を取材している。取材現場でよく雨が降ることは内緒。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ