2018年ロシアワールドカップが終わって半月。いよいよ欧州各国は新シーズン開幕モードに突入している。イングランド・プレミアリーグの18−19シーズンも8月10日夜(日本時間11日未明)のマンチェスター・ユナイテッド対レスター戦から幕を開けることになる。岡崎慎司が所属するチームがオープニングマッチを戦うということで、日本でも関心は大いに高まるだろう。

その両者の間で激しい綱引きが行われているのが、イングランド代表DFハリー・マグワイアである。ちょうど1年前の2017年夏にハル・シティからレスターへ移籍した93年生まれの若きセンターバックは194僂猟洪箸鮴犬した競り合いの強さとマークの激しさを武器に急成長。昨季はリーグ38試合出場2得点という目覚ましい実績を残した。

レスターの最終ラインは奇跡のプレミア制覇を成し遂げた15−16シーズンからウェズ・モーガンとロベルト・フートの両センターバックが軸を担ってきた。が、フートがシーズン開幕時に足首のケガで長期離脱を強いられ離脱。そのスキを突くようにマグワイアがチャンスをつかみ、一気に大黒柱へとジャンプアップした。そのパフォーマンスを高く評価したイングランド代表のガレス・サウスゲート監督も昨年8月のロシアワールドカップ欧州予選・マルタ戦で代表初招集に踏み切り、10月の同リトアニア戦で初キャップの機会を与えた。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ