得失点差113。2000年以降のパ・リーグ勝率1位チームが刻んできた数字の平均値だ。

得点を増やしながら失点を抑える戦いができれば、勝利が近付くのは言うまでもない。言い換えれば、得失点差を高めるほどリーグ優勝への視界が開けてくる。

極端な打高投低と投高打低時代が含まれていることもあり、1得点ごとの価値は年度ごとで異なるかもしれないが、この値をクリアしながら勝率2位以下となったのは4チームのみだ(最終戦までリーグ優勝を争った2014年のバファローズも含む)。

他球団に先んじてペナントレースのゴールテープを切るための、一つの目安になる数字だろう。

今季のパ・リーグは、前半戦終了時点で首位を行くライオンズがリーグベストの得失点差74をマークした。2位のファイターズが42、同率3位のバファローズが±0、ホークスが-1で続く。

単純に計算すると、バファローズがシーズンで得失点差113を上回るためには、後半63試合で平均2得点近くも相手チームを超える必要がある。これは現実的なラインとは思えないので、ハードルを下げて考えてみよう。

2003年のホークスが得失点差234をマークしたのを筆頭に、150以上を記録している、いわば「勝つべきチーム」が平均値を挙げてはいるが、18チーム中9チームが3ケタを割っているのがミソだ。

バファローズが残り試合で平均1得点ずつを上乗せする戦いが展開できれば、得失点差63が記録されることになる。

この数字を下回ってリーグ勝率トップに輝いたチームも5例あり、猛牛軍団大逆転劇のシナリオはこのあたりで描けてくるのではないだろうか。もちろん、少ない得失点差ながらリーグ最高勝率を記録したチームにも裏付けがある。

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ