第89回都市対抗野球大会は7月22日(日)が大会10日目。準々決勝3試合が行われ、ベスト4が出揃った。

第1試合はJR対決となり、JR東日本(東京都)がJR西日本(広島市)を7-3で下した。

JR東日本は2回裏2死から、7番・長谷川拓真のソロ本塁打で1点を先制。先発・太田龍は四死球などで走者こそ出したが、5回途中まで無失点に抑える。2番手・板東湧梧も無失点投球を続け、JR東日本の1点リードで試合は最後の3イニングに入った。

試合が大きく動いたのは7回裏、JR東日本は相手の守備の乱れを突き、1死1・2塁のチャンス。JR西日本の先発・加賀美希昇をマウンドから降ろす。

JR東日本は1番・小室湧未がライトオーバーのタイムリーツーベースを放つと、2番・東條航もセンター前にタイムリー安打。3-0として2番手の齋藤祐太も打ち崩した。

トドメは二死満塁から5番・渡辺和哉がレフト中断に運んだ満塁本塁打。JR東日本はこの回だけで6点を挙げ、7-0とリードを広げて試合を決めた。

9回には3番手として登板した、明治安田生命からの補強選手・玉熊将一が3失点。チームとして今大会初の失点を喫したが、大勢には影響しなかった。

JR西日本も7回途中から4番手として登板した三菱重工広島からの補強選手・杉山一樹が衝撃の都市対抗デビュー。192センチ・90キロ、高卒3年目の大型右腕が150キロ台の速球を連発し、最速153キロを記録している。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ