近年の都市対抗野球はプロ野球経験者の活躍が目立っている。

例えば、トヨタ自動車が2016年の第87回大会を制したとき、正捕手を務めた“新入社員”がセ・パ2球団で7年のプレー経験を持つ細山田武史だった。

純粋な戦力として、若手選手にお手本を示す“選手兼コーチ”として、様々な人材が社会人球界に招かれている。

かつてプロ野球と社会人野球の間には、人材の復帰を禁じる“壁”があった。1961年から30年以上に渡って、関係が断絶していた。

しかし、1999年からは元プロ選手の社会人野球チーム入りが、1チーム2選手までを条件として認められている。シダックスを指揮した野村克也氏など、指導者としても元プロの人材が社会人野球に関わってきた。

昨年に続いてベスト8入りを果たしているJR西日本は、特に元プロの活躍が目立った。

JR西日本で投手陣の「柱」を任されているのが元・横浜DeNAの加賀美希昇。29才、187センチ・92キロの大型右腕だ。

1回戦のJR北海道硬式野球クラブ戦は、先発として9回途中まで自責点1と好投し。2回戦の東芝戦もリリーフとして3イニングを締めた。

また、同チームは元中日の藤沢拓斗も3番・3塁で起用され、勝負強い打撃で既に3打点を記録している。

1回戦でそのJR西日本に敗れた、JR北海道硬式野球クラブも、元・オリックスの佐藤峻一、元・東北楽天の武藤好貴が初戦で登板していた。

新日鐵住金鹿島は20日の2回戦で敗れたが、伊藤拓郎(元・横浜DeNA)、玉置隆(元・阪神)の継投で強豪・JR東日本を1点に抑えた。

伊藤は帝京高校1年夏の甲子園で衝撃的なデビューを飾ったものの、そこからフォームを崩していた苦労人の右腕。そんな彼が独立リーグを経て脱皮し、好投を見せている姿は感慨深かった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ