第89回都市対抗野球大会は7月21日(金)が大会8日目。2回戦の3試合が行われ、ベスト8進出チームが決まった。

ホームランが多く、打者の目立っていた今大会だが、この日は3試合とも投手陣の奮闘が目立った。第1試合はJR東日本(東京都)が、新日鐵住金鹿島(鹿嶋市)を1-0で下している。

JR東日本は高卒5年目の板東湧梧が先発。今年のエースとして期待されていた本格派右腕だが、東京2次予選では4試合に登板して、防御率3.97と期待外れに終わった。

しかし、板東は今大会で真価を見せている。4回3分の1を零封した1回戦に続き、2回戦も素晴らしい投球だった。

新日鐵住金鹿島の先発・伊藤拓郎も良かった。彼は185センチ・91キロの大型右腕で、帝京高校1年の夏に鮮烈な甲子園デビューを飾り、横浜DeNAベイスターズで3年プレーした25才だ。

伊藤は独立リーグの群馬ダイヤモンドペガサスを経て、今季から新日鐵住金鹿島に加入した苦労人である。

JR東日本は2回表2死1・3塁から、普段は守備で貢献する9番・嘉数駿のセンター前タイムリー安打で先制。その後は両投手の好投により膠着した展開が続く。

JR東日本の板東は7回2死1・3塁の場面で降板。2番手の西田洸汰がこの場面を封じると、5者連続奪三振など抜群の内容で締めた。新日鐵住金鹿島は、現社名で最後の都市対抗を終えた。

板東は6回3分2を被安打4の無四球で封じ、9奪三振も記録。伊藤も6回で被安打2、四死球3、5奪三振という好内容だった。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ