2017年のプロ野球ドラフト会議では社会人球界から、田嶋大樹(JR東日本→オリックス)と鈴木博志(ヤマハ→中日ドラゴンズ)の2人が1位指名を受けた。彼らは1年目から一軍に定着し、チームの中でも欠かせない活躍を見せている。

社会人の選手がドラフト会議で指名の権利を得るのは、高卒なら在籍3年目、大卒は2年目から。田嶋、鈴木はいずれも最短となる「高卒3年目」のプロ入りだった。

球団、スカウトは当然ながら実力と将来性の両面を重視する。高卒3年目ならば「大卒2年目」より3才若く、将来性も含めて評価が高くなる。2016年のドラフトでも、山岡泰輔(東京ガス)がオリックスの1位指名を受けた。

近年は「高卒の逸材が社会人に進む」ケースをよく見る。昭和の社会人野球で一般的だった「高卒叩き上げ」の良さが、平成も終わりを迎える今になって見直された印象もある。

JR東日本や東京ガス、トヨタ、東芝、JX-ENEOSといった有力チームも高卒選手の採用に動いている。

田嶋や山岡は高校時代に甲子園で活躍し、プロからも評価されていた。ただ、社会人野球で成長し、結果も残して、さらに評価を上げた。社会人はそれだけレベルが高く、指導の密度も濃い。

職場も含めて「大人」と生活することにより、人間的にも成長できる。2018年夏の第89回都市対抗野球大会でも、「高卒」「20歳以下」の逸材が目立った。JR東日本(東京都)の8強入りに貢献したのが太田龍西田洸太の高卒2年目コンビだ。

お知らせ

J SPORTSオンデマンドでは、
都市対抗野球大会を全試合LIVE配信!

●野球パック:月額1,800円(税抜)
●25歳以下の方は、U25割で月額900円(税抜)
※総合パックでもご視聴いただけます。
★詳しくはこちら

★都市対抗野球特集ページはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ