ロシア・ワールドカップの準決勝に残った4チーム・計92選手のうち、実に43%にも達する40名が、2017−18シーズンのプレミアリーグでプレーしていた。なかでもトッテナムは9人、マンチェスターの両巨頭は7人ずつを送り込み、一大勢力となっている。ただ、プレミアリーグの新シーズンは8月10日(現地時間)のユナイテッド対レスター戦で開幕する。ワールドカップ終了後のインターバルは、1か月弱しかない。心身を再起動する時間としては、あまりに短すぎる。

当然、序盤戦のパフォーマンスにも影響してくるだろう。ケイン、アリ、ローズ、トリッピア、ダイアー(いずれもイングランド代表)、アルデルヴァイレルト、フェルトンゲン、デンベレ(いずれもベルギー代表)、そしてフランス代表のロリスと、トッテナムは大半の主力が疲労を引きずる。シティはウォーカーとストーンズ(イングランド代表)、そしてコンパニ(ベルギー代表)がコンディションに不安を抱えながら新シーズンを迎える。3人ともDFラインの基本メンバーだ。また、ユナイテッドはヤング不在も覚悟しなければならない。33歳のDFはイングランドのために精魂を尽くした。「開幕に間に合わせるように」とは、さしものモウリーニョ監督も厳命できないはずだ。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ