フランスの20年ぶり2度目の優勝か、それとも人口400万の小国・クロアチアの初戴冠か。その行方が世界中で注目された15日の2018ロシアワールドカップ決勝。モスクワのルジニキスタジアムに7万8000人超の大観衆を集めて行われた大一番は両軍合計6ゴールが入る乱戦となった。

戦前から優勢と見られていたフランスは前半18分、キックの名手、アントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ)の直接FKがクロアチアのエースFWマリオ・マンジュキッチ(ユベントス)に当たって入るというワールドカップ史上初のオウンゴールで先制。10分後にイバン・ペリシッチ(インテル)に同点弾を決められたが、前半34分に勝負の明暗を分ける場面が訪れる。グリーズマンが右CKを蹴った瞬間、ペナルティエリア内でブレーズ・マテュイディ(ユベントス)とペリシッチが交錯。ボールは2人の手に当たったように見えたが、レフリーはVAR判定を選択。結局、PKが認められ、グリーズマンが決める形でフランスに大きな2点目が転がり込む。むしろ前半はクロアチアがゲームを支配していただけに、この2点目は彼らに大きなダメージを与えた。

2−1で迎えた後半。フランスの勝利を決定づけたのが、開始14分のポール・ポグバ(マンチェスターU)の3点目だった。ポグバ自身が攻めの起点となり、右へ展開。史上3人目の10代ファイナル出場者となったキリアン・ムバッペ(PSG)が右サイドを凄まじいスピードで切り裂き、中央へ折り返し、グリーズマンがキープ。後ろに落としたところに飛び込んだのがポグバだった。彼の右足シュートはいったん相手DFに弾かれたものの、こぼれ球を左足インサイドで一閃。値千金の3点目を叩き出す。ここでついた2点差には、粘り強さとタフさでファイナルまで勝ち上がってきたクロアチアにとってもダメージが大きすぎた。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ