週給や移籍金が合意に至らず、二度三度と交渉決裂が伝えられるケースは多々ある。マンチェスター・シティとリヤド・マフレズ(レスター)も同様だ。ことし1月も「公式発表間近」といわれながら、いつのまにかトーンダウンしていった。しかし今度こそ、ついに、ようやく、マフレズのシティ移籍が実現しそうだ。早ければ6日の夕方(現地時間)に記者会見、との情報まで飛び交いはじめている。

「高いレベルで切磋琢磨したい」と常日ごろから語っていたマフレズは、シティ移籍に胸を躍らせているはずだ。レスターと異なり、定位置確保は難しい。当面は二〜三番手であり、ひょっとするとベンチにすら入れないかもしれない。ただ、ジョゼップ・グアルディオラ監督のもとで近代フットボールを学び、秘めたる力が覚醒する可能性は十分すぎるほどある。2017/18シーズンのマフレズは、いやがうえでも注目選手のひとりだ。

さて、一昨シーズンはエンゴロ・カンテが、昨シーズンはダニー・ドリンクウォーターがともにチェルシーに新天地を求め、クリスティアン・フックスは18/19シーズンを最後に退団する。ロベルト・フートもチームを去り、ウェズ・モーガンの去就も微妙だ。より多くの出場機会を求め、岡崎慎司が重大な決断を下すことも考えられる。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ