イングランドはゲームの〈たたみ方〉に失敗した──。

1−0で迎えた後半追加タイム、ジェリー・ミナにヘディングシュートを許す。ラヒム・スターリングとデレ・アリをベンチに下げ、守備固めを図ったにもかかわらずの失点。CKの競り合いに、空中戦の強さには定評のあるバリー・マクガイアも完全に競り負けていた。

土壇場で追いついたコロンビアは、延長戦でさらに勢いを増した。人とボールの動きがスムーズになり、完全に主導権を握る。イングランドは失点を恐れてDFラインを上げられず、FWと二列目はゴール欲しさに前線に張り付く。こうして全体が間延びし、各ライン間をコロンビアに利用されはじめた。耐え忍ぶだけの時間が長く続くイングランドは、足が止まってきた。カイル・ウォーカーは右足がつり、マーカス・ラシュフォードとの交代を余儀なくされている。

ダウン寸前まで追い込まれた延長戦が終わり、コロンビアとの決着はPK戦に委ねられた。過去のワールドカップでは3戦全敗。イングランドは苦手にしている。さらに、今大会のチームは経験不足だ。ワールドカップのPK戦という、極めて特殊なケースを勝ち抜く精神力は備わっていないと思われたのだが……。

ハリー・ケインとラシュフォードが強烈なキックを決める。ジョーダン・ヘンダーソンは失敗したものの、キーラン・トリッピアもパワフルな一撃を叩き込む。プレッシャーを感じていないのだろうか。

お知らせ

フットサル Fリーグ18/19配信中!

J SPORTSではセントラル開催、及び一部6クラブ共同開催試合を放送します!


»詳しくはこちら
»お申し込みはこちら

スカパー!×J SPORTS J SPORTS オンラインショップ